1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. ゲスト
  4. 結婚式・披露宴の挨拶・スピーチ!忌み言葉など気を付ける基本マナー

結婚式・披露宴の挨拶・スピーチ!忌み言葉など気を付ける基本マナー

2019.12.10

普段から人前で話すのは得意という人でも、結婚式には独特のマナーがあるので、ちょっと注意が必要です。
新郎新婦にはなむけの言葉を贈るには、どういった点に注意するとよいのでしょうか。

そこで今回のは、結婚式のスピーチで気をつけることをご紹介します。


1.忌み言葉に気を付ける

お祝いの席では、「切れる」、「割れる」、「別れる」など、その場にふさわしくない表現を「忌(い)み言葉」と呼び、使わないのがマナーです。

事前に頼まれたならばなおのこと、突然の指名でスピーチをする場合でも、気をつけましょう。
こちらでは、忌み言葉や知らず知らずに使ってしまうNGワードをいくつかご紹介します。

使ってはいけない忌み言葉
→「帰る」、「戻る」、「捨てる」、「逃げる」、「病む」、「くれぐれも」、「ふたたび」など

気づかぬうちに言ってしまうNGワード
→「キモい」、「ウザい」、「ぶっちゃけ」、「やばい」、「チクる」など

体験談:スピーチを書き出してチェック!

■スピーチ内容を一度書き出して、ハレの席に相応しくない言葉(切れる、終わる等)がないかどうかをチェックします。テーブルスピーチでそれほど長くない文章でも、意外と引っかかります。(30代後半女性)

体験談:長くならないように気をつける!

■「割れる」「避ける」「切れる」など、様々なNGワードに気を付け、長くならないように気を付けた。(30代前半女性)


2.「ウケ」にこだわらない

話術に自信がある人は、会場をなごませようと「ウケ」をねらった内容を話す場合があるようです。

ところが、結婚式では要注意。
笑いをとろうとするあまり、新郎新婦の失敗談や、内輪ウケのする話はひかえるのがマナーです。

体験談:失敗談はネタにしない!

■忌み言葉を使わないこと、盛り上げるための本人たちの失敗談などをネタにすることはしないように気を付けた。実際は盛り上げるほうを意識しすぎ、これでよかったのか…と顧みたことはある。(20代後半女性)

体験談:楽しいエピソードを披露!

■まじめすぎたり、くだらなすぎたり、くだけすぎたりしないように、世代を問わずにこやかになって頂けるような、楽しいエピソードを披露した。(30代前半女性)


3. 新郎新婦の親族に配慮する

新郎新婦のご両親はじめ、親族ゲストが多数出席していることでしょう。

「何でこんな人にスピーチさせたんだろう?」と、新郎新婦の評判を落とすことのないように、それぞれの親族に向かってお祝いの言葉を述べるなど、「礼儀」には最大限注意をはらいましょう。

体験談:わかっているけど、忘れやすい!

■新郎新婦、両家の親族など、それぞれに話しかけるときにそちらの方へ視線を向けること。言葉づかいなど、親しく呼び合う仲でも「○○さん」と話しかける。くだけた話し方では不快に思う方もいるかもしれないのである程度かしこまったスピーチをするよう心掛けている。(20代後半女性)


スピーチは長すぎないことが、会場のゲストを惹きつけるコツです。

いつもはアドリブでも大丈夫!という人でも、内容を書き出して長すぎないスピーチをまとめておきましょう。
決して「暗記」にこだわることなく、心配な場合は読み上げても大丈夫です。

新郎新婦のよい記念になるように、工夫してみてくださいね。


<スピーチ・挨拶関連まとめ記事>

結婚式披露宴のスピーチ&挨拶<祝辞・謝辞>文例や禁句のマナー

<ゲスト向け祝辞・スピーチ関連記事>

結婚式披露宴の友人スピーチ動画集<おもしろ・感動・お手本編>

結婚式でのスピーチ・会話でも注意!言ってはいけない「忌み言葉」のマナー

結婚式や披露宴<乾杯の挨拶>スピーチ文例&実例まとめ

結婚式スピーチ成功のコツ! 乾杯・祝辞や友人挨拶の文例&禁句

結婚式の友人代表スピーチ、祝辞の文例や禁句、挨拶のマナーまで

<新郎新婦向け謝辞・挨拶関連記事>

結婚式・披露宴の新郎挨拶<謝辞>スピーチ文例とポイント

結婚式・披露宴<新郎のウェルカムスピーチ>動画まとめ

結婚式のスピーチ<新郎新婦の父親>挨拶動画まとめ

結婚式の花嫁から感謝の手紙<書き方・文例集>まとめ

新郎挨拶にそのまま使える! 結婚式ウェルカムスピーチ文例

【結婚式】受付や主賓などゲストに渡すお礼やお車代の金額相場

※ 2016年3月 時点の情報を元に構成しています