1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. ゲスト
  4. 結婚式の祝電で気を付けるべきマナーとは?

結婚式の祝電で気を付けるべきマナーとは?

2020.01.28

結婚式に参加できないゲストでも、結婚式当日に新郎新婦へお祝いの言葉を伝えることができる、祝電・電報。

今回は、結婚式に送る「祝電・電報」に関する注意点やマナーをご紹介します。


祝電・電報を送るときは、言葉遣いに注意

体験談
■句読点は使わないこと、また「忌み言葉」など、不幸やふたりの別れを連想させる言葉を使わないことは知っておくべきでしょう。(35歳女性)

■文章のまとめで「最後に」という切り出し方は使いがちですが、祝電の場合はNGです。(30歳女性)

その他にも「重ね重ね」や「くれぐれ」など、同じ単語を連続して使う言葉は、再婚を連想させるのでNGです。


いただいた祝電へのお返し

■祝電を送る側の心境からすれば、一言お礼があれば十分だと思います。モノを送られたりすると、かえって相手に気を遣われるかもしれません。(26歳女性)

■祝電はぬいぐるみやバルーンなど高そうなのが多かったので、1000円程度のお菓子とお礼の手紙(親戚には+写真)を送りました。(28歳女性)

祝電へのお返しは、感謝の言葉を伝えるだけで良いと言う意見と、モノでお返しするという意見がありました。

自分たちに合ったお返しの方法を選びましょう。


祝電のミスに注意

■祝電披露が歓談中にありましたが、みんなの話し声でほとんど聞こえなかった。数人しか祝電の内容を聞いていないようだったので、祝電披露は乾杯の前に入れた方がいいと思いました。(33歳女性)

■祝電を送ってきた方の名前を間違った読み方で読まれていました。感動的な場面だっただけに、もったいなかったです。(31歳女性)

祝電を読むタイミングが披露宴の印象を左右することもあるそう。

また、意外に多いのが「名前の読み間違い」。祝電を送る側で、自分の名前が読み間違えられやすい方は、あらかじめ名前にふりがなを振っておくと親切かもしれません。


このように祝電にもマナーがあるようです。形で残るものだからこそ、送る側は使う言葉のマナーに気を付けたいものです。

また、祝電をもらった方も、相手に感謝の気持ちを伝えるのを忘れないようにしましょうね。


<関連記事>

【電報・祝電】結婚式向けおすすめデザイン&相手別メッセージ文例

結婚式の電報の文例集:ユニーク祝電で会場を笑いの渦に巻きこめ!!

結婚式で喜ばれる電報は? バルーンタイプやぬいぐるみ付きがおすすめ

心に残る「感動&爆笑」祝電のメッセージ実例集と送る際のポイント

お祝いの想いは残す物?? 祝電の結婚式が終わった後の取扱い

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています