1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 入籍・婚姻届
  4. 新しい結婚の形!? 「週末婚」のメリットとは

新しい結婚の形!? 「週末婚」のメリットとは

2019.04.03

女性でも、生涯、仕事を続ける人が増えてきたことによって、夫婦生活の様子にも変化が出てきているようです。

「みんなのウェディング」の相談広場では、週末婚をする予定の女性からの相談が注目を集めています。


相談内容

体験談
■来年、結婚することになりました。お互いの勤務先の都合のため、一緒には住めず、週末婚をすることになりました。

私は来年から3年間は勤務先がある土地を離れることができません。相手も、私の勤務先の近辺に転勤できないか申し出ましたが、うまくいきませんでした。

色々悩みましたが、結婚してしばらくは「別居」という形をとることにしましたが、不安です。同じように週末婚をされている方はいらっしゃいますか?(28歳女性)

この相談に対して、みんなのウェディングユーザーから沢山のコメントが寄せられました。

回答

たまに会うことで、新鮮さが続く

■週末婚をしています。ただ、これまで10年間、一緒に住んでいましたので、寂しいというより「家事が楽になるわ」という気持ちの方が強いです。私たちはマンネリ状態だったので、逆に離れることで、たまに会う新鮮さがあるかな、などと気楽に考えています。(38歳女性)

どんなに仲が良い夫婦でも、毎日顔を合わせていれば喧嘩が増えてくるものです。

その分、週末婚は、彼と一緒にいる時間の大切さをいつまでも噛み締めていられますよね。

お互いの仕事を大事にできる

■私の彼は地方に勤務中で、転勤族です。私は、週末婚を選びました。
自分がやりがいを感じている仕事を辞めて、彼について行っても、結局またどこかに転勤になるし、職場をコロコロ変えるのにも抵抗があったからです。

彼と別々に暮らすことは、お金もかかるし、すぐに顔を合わせて話し合いができなかったり、不都合な面も色々ありますが、職場での社会的な責任感も持っていられるし、家庭を持った安心感も感じているし、全て私にはプラスに作用しているなと感じます。
「結婚して相手のために何かを犠牲にする」ということも全くないので、今の生活には満足しています。(30歳女性)

転勤が付いて回る仕事の人も多いのではないでしょうか。その都度、相手に合わせて職場を変えるのはストレスがかかるもの。

もし、今の仕事にお互いがやりがいを感じているのであれば、仕事を思う存分やり切ってから一緒に暮らし始めても良いかもしれませんね。

しかし、週末婚を始める前は何かと不安な人も多いはず。そんな人のために、先輩花嫁から心強いアドバイスが。

ふたりの前向きな気持ちがあれば、大丈夫

■私の友人夫婦は、別居婚をしています。それでも月2回、お互いに行き来して頑張っているそうです。ふたりに、前向きにしっかりやっていこう、という気持ちがあれば、寂しくても何とかなると言っていました。

子どものことは、タイミングもあるので難しいとは言っていましたが、ずっと一緒に暮らしているからといって、すぐに子どもを授かるわけでもありません。別の友人は、排卵日に旦那さんに会うため、電車で4時間かけて通ってました。みごとに双子ちゃんを産んでいましたよ。(33歳女性)

距離は離れていても、ふたりの心が繋がっていれば大丈夫だということなのでしょう。

今は、電話やメールなど連絡手段が豊富なので、始めてみると、思ったより寂しくないかもしれませんよ。


結婚式にも様々なスタイルがあるように、結婚後の生活にも夫婦それぞれの事情に合った形があるようです。

どんな生活様式を選ぶにしても、ふたりの気持ちが通じ合っていれば、うまくやっていけるのかもしれませんね。

みんなのウェディング相談デスク

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています