1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. ゲスト
  4. 友人の結婚式で撮ると喜ばれる写真って?

友人の結婚式で撮ると喜ばれる写真って?

2016.07.27

ゲストとして参加した結婚式で、多くの方が新郎新婦の幸せな瞬間を、写真に撮ってあげたいと思いますよね。

今回は、「みんなのウェディング」に寄せられた口コミの中から、新郎新婦が友人に撮ってもらって嬉しかった写真の例をご紹介いたします。


新郎新婦がこだわった部分

体験談
■私の結婚式はクリスマスの季節だったので、入り口に大きなリース、エントランスに大きなツリーを飾りました。その場所を友人が撮影してくれていたのは、嬉しかったです。(29歳女性)

自分たちが時間をかけて考えた部分を、友人が見てくれていたとわかるのは嬉しいですよね。

本人たちは忙しくて撮り忘れている部分もあるかもしれないので、テーブルフラワーや、ウェルカムボード、フラワーシャワーの花びらなど、新郎新婦のこだわりが見える部分を写真に撮っておくと良さそうです。

式中に新郎新婦が見ることができない場面

■バージンロードを歩いている時は、前を向いていて父の顔を見られないので、父の表情がわかる写真を撮ってくれていると嬉しいです。(27歳女性)

■両親への手紙を読んでいる時は、泣いてしまって親の顔を見られなかったので、親の写真を撮ってくれてたのが良かったです。(31歳女性)

写真を撮る時は、ついつい主役の新郎新婦ばかりを追いたくなるかもしれませんが、本人たちの見せ場を撮るのはプロのカメラマンに任せてもいいでしょう。

少し目線を変えて、新婦のドレスの後ろ姿や新郎が新婦を見つめる横顔などを、撮ってあげてみてはいかがでしょうか。

式中に新郎新婦が見られなかった部分を、後からゆっくり見られることで、喜んでもらえそうです。

プロのカメラマンが見逃しがちなところ

■友人が、参加者の待ち時間中の雰囲気など、式場のカメラマンがなかなか撮らないシーンをたくさん撮ってくれて良かったです。(35歳女性)

■友人が撮ってくれた写真を見せてもらったら、式で出された全部の料理の写真を撮ってくれていて嬉しかったです。(28歳女性)

プロのカメラマンは、大体主役を撮ることで忙しいですよね。

料理を一品ずつ撮ってあげられるのは、式に参加した友人だから出来ることです。

挙式や披露宴が始まる前の会場の写真なども、プロのカメラマンは撮らないことが多いので、式全体の雰囲気が思い出せる写真として喜ばれそうです。


一生の思い出になる結婚式の写真は、いろんなシーンがあると嬉しいですよね。

撮った写真をあげるときは、アルバムにしたり一緒にデータもプレゼントしてあげたりすると、より新郎新婦に喜んでもらえそうですね。

事前にどんな写真が新郎新婦に喜ばれるのかを把握して、撮影にのぞんでみてはいかがでしょうか。

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています