1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. ゲスト
  4. 結婚式披露宴で役立つ挨拶・スピーチについて

結婚式披露宴で役立つ挨拶・スピーチについて

2019.12.17

披露宴の最後の挨拶は、みんなの印象に残る部分でもありますよね。

自分の一大イベントのラストシーンは素敵に幕を閉じたいですが、どのように締めていいのか迷ってしまう人もいるようです。

「みんなのウェディング」では、誰に披露宴での締めの挨拶をやってもらうか悩んでいる女性から相談が投稿され、注目を集めています。

相談内容

体験談
■披露宴が終わって、最後に挨拶をするのですが、これは誰がするのが一般的なのでしょうか。私が出席した結婚式では、新郎の父だったり、新郎だったり、新郎新婦二人でするパターンもありました。どれが一番いいのか、とても迷っています。(32歳女性)

この相談に対して、みんなのウェディングユーザーから沢山のコメントが寄せられました。

目次に戻る

回答

新郎父と新郎で

■私が今まで出席した友人の結婚式を考えてみると、新郎父から新郎の順でお開きになっています。新婦は式の中で手紙を読んだり、お色直しできれいなドレスを着たりと、目立つところが多いので、最後はやはり新郎に締めてもらうのが多いのではないでしょうか。(26歳女性)

一般的には、新郎父が親族代表として、新郎が新しい家族を作っていく立場として挨拶をすることが多いようですよ。

結婚式の間は新婦が主役だとしたら、最後の挨拶は男性陣に今後の抱負などをビシッと語ってもらうと、また違った感動が生まれるかもしれません。

新婦も入れて三人で

■私は先月披露宴をしたのですが、新郎父、新婦、新郎の順で挨拶しました。(28歳女性)

最後の挨拶は、その日一日のお礼を伝えられる場にもなりますよね。

締めの挨拶は男性陣に頼んで、新婦は素直な感謝を表現してみてはいかがでしょうか。女性が一緒に前に出ると、かしこまった雰囲気も、和やかな印象に出来そうです。

新郎新婦二人で

■私が行った中では、比較的ラフな雰囲気の場所だと、新郎新婦のみというのもありました。(31歳女性)

新郎新婦の二人で挨拶をするなら、あまり堅くせずに笑顔で感謝の言葉を伝えてみてはいかがでしょうか。
二人からの幸せなメッセージで、招待客にも幸せを分けてあげられそうですね。

しかし、新郎のお父さんに失礼にならないように、事前にどうするかを話し合うのは忘れない方が良さそうです。


締めの言葉は、新郎新婦が未来に向かっていくような特別な感じがしますよね。

最後まで気持ちのこもったプログラムだと、参加者も喜んでくれそうです。

どんなスタイルにしても、みんなにありがとうの気持ちを伝えられると良いですね。 

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています