1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式BGM
  4. 写真写りを良くするコツ5パターン

写真写りを良くするコツ5パターン

2020.01.17

お友達に写真を見せたときに「写真写り、悪いよね」と言われたら、悲しくなりますよね。

結婚式場選び口コミサイト「みんなのウェディング」では、写真写りに悩む相談が寄せられました。


結婚式の日が近づいてきているのですが、私は良く友達に写真写りが悪いねと言われます。
結婚式には、プロの方に撮影してもらうので楽しみなのですが、少しでも写真写りを良くしたいのでアドバイスなどあれば教えてください!(30歳女性)

この相談に対して、みんなのウェディングユーザーから沢山のコメントが寄せられました。

<顔のマッサージ>

表情は口角を上げ目がパッチリする表情筋のトレーニングと耳下腺のリンパマッサージを毎日しています。(33歳女性)

顔のマッサージをすることで、血液の循環が良くなり顔のむくみもとれます。
何より毎日のコツコツケアが大事ですね。


<アゴをひいて、歯を見せる>

顔が少しでも小さく見えるようにして、口も閉じるのではなく見せたほうが可愛く見えると思いますよ。(30 歳女性)

―アゴを少し引くだけで、写真写りは良くなるみたいですね。
ただし、あまりあごを引き過ぎると二重あごになってしまうので、気をつけてくださいね。


<撮られる前に目を閉じる>

撮られる前に一旦目を閉じて、目を開けると大きな瞳になると思います!(28歳女性)

知らないうちに写真を撮られている場合はできませんが、写真を撮る瞬間であれば出来そうですね。


<カラコンで黒目を強調>

アキュビューディファインなどの、瞳を大きくするカラコンをつけてみるのはどうでしょう?
やはり目はパッチリしていたほうがいいですもんね。(29歳女性)

黒目の輪郭がしっかり強調されることで、目の印象が強くなり写真写りが良くなるみたいですね。


<鏡&デジカメを使って研究>

自分の顔をよく鏡などで見て研究すると良いと思います。ただ、鏡だと反対になるのでデジカメで自分撮りをして、どの角度が良く見えるか、あごの引き具合や肩の位置、姿勢など研究すると分かりやすいと思います。
お時間があれば、デジカメで研究してみてくださいね!(26歳女性)

写真写りは人によって変わります。色々な角度から自分を撮影して、どの角度が一番自分をキレイに見せられているか知ることで、自分の魅力を引き出せそうですね。


「写真写りが悪いね」など言われたことがある方は、ぜひ知っておいて損はないので実践してみてください。

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています