1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 披露宴演出
  4. 愛犬・ペットと一緒に結婚式を挙げたい!人気の演出や気をつけるべきこととは?

愛犬・ペットと一緒に結婚式を挙げたい!人気の演出や気をつけるべきこととは?

2023.01.10

愛犬・愛猫など、ペットと一緒に結婚式を挙げたいと考えているカップル必見!
ペット同伴ウェディングの人気演出を紹介します。会場探しのポイントや結婚式を挙げるうえで注意したいこと、やむを得ない事情でペットウェディングを断念した場合の代替案も必見です。

まずはペットOKの会場探しからスタート!

ペットと一緒に結婚式を挙げる際に、まず最初に決めておきたいのが挙式・披露宴会場。

結婚式のスタイルが多様化している今、ペット同伴OKの会場は増加傾向にあります。一棟貸し切りのゲストハウスやガーデンウェディング、神前式などその種類もさまざまです。

規約やルールは会場によって違うため、事前にしっかりと確認する必要があります。「同伴できるペットの種類や数」「専用の待機場所はあるか」「ペットが入れる場所」など、ペットの性格や結婚式の演出を踏まえたうえで希望に合う会場を探してくださいね*

目次に戻る

ペットと一緒に結婚式を挙げる際、確認したい3つのこと

新郎新婦だけでなく親族やゲスト、そしてペット自身も楽しめる結婚式にするために次のことを確認しておきましょう。

ゲストの中に動物アレルギー・動物が苦手な人がいないか

招待するゲストや親族に、動物アレルギーの人がいないかどうか確認しましょう。また、動物が怖い、もしくは苦手という人もいるかもしれません。招待状を出す前にメールや電話で確認しておくと安心です。

挙式・披露宴中にお世話してくれる人がいるか

挙式から披露宴まで1日中ペットと一緒、というのは現実的に厳しいもの。新郎新婦の代わりに当日面倒を見てくれる人を探しておく必要があります。ペットを安心して任せられる親族・友人に頼むほか、ペットシッターを利用する方法もあります。

ペットの負担になっていないか

大勢のゲストや慣れない会場、演出によってはストレスを感じてしまう子もいるかもしれません。移動距離が少ない会場を選んだり、事前に会場に連れていって場所に慣れさせたりと、結婚式当日にペットが快適に過ごせるような工夫ができるといいですね。

目次に戻る

「リングドッグ」だけじゃない!人気の演出8選

ペットの結婚式参加が決まったら、ぜひ一緒にできる演出を考えてみてください。定番人気の「リングドッグ」「結婚証明書に肉球サイン」ほか、「ペットトス」「ブートニアドッグ」などおすすめのアイデアを紹介します。

受付でお出迎え!【ウェルカムペット】

みんなのウェディングニュース

結婚式に来てくれたゲストを最初にお迎えするウェルカムスペース。ペットの性格がおおらかで人懐っこい場合は、お出迎えをお願いしてはいかがでしょうか。新郎新婦と衣装を合わせたり、小さい生き物の場合はケージを飾り付けてもいいかもしれません。ゲストが一緒に写真を撮れるスペースを作るのも◎。

人前式におすすめ【バージンロード入場】

みんなのウェディングニュース

挙式でバージンロードを歩く際のエスコート役をペットにお願いするのもかわいいですよ♪リードを持って一緒に歩いたり、ペットを抱っこして入場したり。ペットがゲストのもとに寄り道してしまうようなハプニングも含めて楽しい演出になるでしょう。

愛犬に指輪を運んでもらう【リングドッグ】

ワンちゃんが新郎新婦に結婚指輪を届ける「リングドッグ」。首輪に結婚指輪をつけたり、リングピローを背負って運んでもらったりと、その方法はいろいろ。

リングボーイ&リングガールと一緒にペットが登場するほほえましい演出も◎。

新郎へのサプライズにぴったり【ブートニアドッグ】

ブートニア(花飾り)は挙式前に控室でつけておくのが一般的ですが、挙式の演出として使うのもおすすめです。新郎へのサプライズにもぴったり!

シャイな新婦新婦におすすめ【ペットと一緒に誓いのキス】

挙式で行う「誓いのキス」で、新郎新婦がペットをはさんでペットの両頬にキスをする演出もあります。
「人前でキスをするのは恥ずかしい」という新郎新婦は、ぜひ演出のひとつとして検討してみては?

肉球がたまらなくかわいい!【結婚証明書にサイン】

@anymarry_weddingのインスタグラム

ふたりの結婚証明書に、“肉球スタンプ”を押してもらう演出はいかがでしょうか。ペットの足の肉球にインクをつけてポンと押してもらえば、なんともかわいらしい証明書が出来上がります。ペットも一緒に家族になることを誓う素敵な演出です。

幸せのおすそ分けをお手伝い【ペットトス】

みんなのウェディングニュース

一般的には新婦が後ろ向きにブーケを投げて幸せのおすそ分けをする「ブーケトス」ですが、ペットが駆け寄った人が幸せになれる「ペットトス」もとってもかわいい演出です。ゲストにペットの名前を呼んでもらい、ペットが駆け寄った人にプレゼントを贈るなどのやり方があります。

写真映えする【バルーンリリース】

新郎新婦とゲストがバルーンを空へ飛ばす演出「バルーンリリース」。ふたりが飛ばすバルーンをペットに運んでもらう演出はいかがでしょうか。大きな風船をつけてトコトコと歩く姿がとてもかわいく、思わず笑顔になってしまいます。リリースの際にペットを抱きかかえて一緒に写真を撮ってもいいですね。

目次に戻る

ペットウェディングを断念したカップルにおすすめのアイデア

「会場を予約できなかった」「動物アレルギーのゲストがいた」など、やむを得ない事情でペット同伴の結婚式を諦めたカップルも中にはいるはず。そこで、ペットウェディングを断念したカップルにおすすめの代替案を紹介します。

等身大パネルを置く

ペットの等身大実写パネルを置いて、一緒に楽しんでいる雰囲気を出すのはいかが?結婚式らしく蝶ネクタイやブーケでおめかしして、新郎新婦の中座中に高砂に設置しておけばゲストも寂しくないですね♪

ペットのモチーフを取り入れる

ペットのモチーフを結婚式の小物や装飾に取り入れてもいいですね。ペットそっくりの人形をブーケにつけたり、ウェルカムスペースに置いておくだけでも◎。

プチギフトや席次表といった小物にペットの写真・イラストを使うアイデアもおすすめです。ゲストにお披露目するだけでなく、新郎新婦自身も記念にとっておきたいですね。

ロケーションフォトを撮る

@anymarry_weddingのインスタグラム

思い出の場所やお散歩の定番スポットで、ペットと一緒に撮影するのはいかがでしょうか。スタジオで撮影するよりもリラックスでき、自然な表情が撮れるかもしれません。みんなでちょっとおめかしするのもいいですね。

写真のプロに頼むことで、撮影に必要な機材の手配や構図やポーズを考える手間を省くことができます。

エニマリのフォトウェディングではペットと一緒の撮影もOK!スタジオやチャペルなど撮影できるロケーションも多く、エンゲージメントフォトや前撮りなど、様々なニーズに応えるプランが多数用意されています。

目次に戻る

ペットと一緒の結婚式を楽しんで♡

会場選びやペットとの演出を工夫して、ペットと一緒の結婚式を楽しみましょう。かわいらしいペットがいるだけでみんなが笑顔になり、印象深い結婚式になること間違いなし♪ぜひ写真やアイテムでもペットとの思い出を残してみてくださいね。

目次に戻る

ペットウェディングを検討中のあなたに!「みんなのウェディング相談デスク」

みんなのウェディング相談デスクでは、ペットOKな結婚式場選びや、フォト・前撮りの準備、費用明細の見方など、結婚式準備に関するあらゆる困りごとをLINEでサクッと相談できます!

  • ペットOKな結婚式場選び
  • ドレス&タキシード選び
  • 婚約・結婚指輪選び
  • 前撮り・フォトウェディングについて

もちろん相談無料!会員登録も必要ありませんので、お気軽にご相談ください。 みんなのウェディング相談デスク

※ 2022年12月 時点の情報を元に構成しています