1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 出会い・恋愛
  4. 出会いはどこにある?結婚相手と出会える場所とそれぞれのメリット・デメリットを解説

出会いはどこにある?結婚相手と出会える場所とそれぞれのメリット・デメリットを解説

2022.06.15

恋人や結婚相手を見つけたいけれど、普段の生活で「出会いのチャンスがない…」と悩んでいる人も多いと思います。とくに社会人になると、毎日会社と自宅の往復でそもそも異性と顔を合わせる機会がない…なんて人も。

最近結婚したカップルが実際に結婚相手と出会った場所、それぞれの場所での出会いの特徴やメリット・デメリットを紹介します。

結婚相手との出会いはどこにある?

結婚相手との出会いはどこにある?

みんなのウェディングニュースでは、会員302人にアンケートを行い、実際に結婚相手と出会った場所を調査しました。

生活の身近な場所から婚活の場、ちょっと意外な場所までさまざまな回答が。ぜひ出会い探しの参考にしてください。

目次に戻る

身近な場所での出会い

生活圏内のごく身近な場所で出会った人も多くいました。出会いがないと思っている人も、少し行動範囲を広げるだけで出会いの可能性が高まるかもしれません。それぞれの場所での出会いの特徴を紹介します。

学校の同級生や先輩・後輩

出会い 学校の同級生や先輩・後輩

結婚相手が高校や大学の同級生、あるいは部活やサークルの先輩・後輩だったケース。学校が同じであればほとんど毎日顔を合わせるため、気の合う人と早く仲が深まるでしょう。

また、特別なデートをしなくてもコミュニケーションがとれるメリットがあります。共通の友人が多いと結婚式も盛り上がりそうですよね。

在学中には関係が発展しなかったけれど、卒業後に同窓会や共有の友人の結婚式などがきっかけで交際に発展したというケースも。また、学生時代に交際していて別れてしまった元カレ・元カノと大人になってから復縁するというケースも。

時が経つと学生時代にはわからなかった相手の魅力が見えてくることもあります。チャンスを増やすためにも、同窓会やOB会などには積極的に参加するようにするといいですね。

体験談

■長く付き合っていたので、この人が結婚相手でよいか性格面や生活面で一緒に過ごしていけるかを考えることができた。(20代女性)

友人や知人の紹介

よく知る人からの紹介であれば、初対面でも安心して会えるメリットがあります。また同年代の人や似通った趣味を持つ人を紹介してもらえることが多く、お付き合いにも発展しやすいでしょう。

紹介してもらうには、ストレートに「いい人を紹介してほしい」とお願いしたり、普段からそれとなく「恋人がほしい」と伝えておくといいですね。

もともと日常生活で接点がなかった相手であれば、万が一別れても気まずさはありませんが、紹介してくれた友人・知人に対して申し訳なさはあるかもしれません。

体験談

■婚活をしていること、良い人がいれば紹介してほしいことを周りに打ち明けていました。(30代女性)

習い事・サークルなどの趣味の場

出会い 習い事・サークルなどの趣味の場

社会人になってからも新しい出会いの可能性があるのが習い事やサークルなどの趣味の場です。スポーツジムや英会話教室、スポーツ系のサークルなどはさまざまな年代の男女が集まりやすいでしょう。

同じ趣味を持っている人と出会えるので仲を深めやすいメリットがあります。開催される曜日が決まっていれば定期的に顔を合わせることになり、プライベートの予定も合いやすいでしょう。

メンバーだけでなく先生とお付き合いに発展するパターンもあります。ただし、その場にいる全員が独身とは限らないことを念頭においておきましょう。

体験談

■お世話になっているパーソナルトレーナーが企画したスポーツイベントでいまの夫に出会えたので、世界が広がればある日フラッと現れるものだなと思った。(30代女性)

合コン・お食事会

合コンやお食事会での出会いも少なくありません。異性が少ない学部や職場の人同士で企画して、出会いのチャンスを作りましょう。出会いを求めて参加する人が多いので、自然に連絡先を交換できるメリットがあります。

一方で、合コンに対して「チャラい」「遊びなのでは?」というイメージを持つ人もいます。騒ぐだけの会にならないように幹事が仕切り、話しやすい雰囲気のお店を選ぶのがおすすめです。

会社の同僚や上司・部下

出会い 会社の同僚や上司・部下

会社の同僚や上司・部下との社内恋愛で結婚したという人も。お付き合いをする前から職場で相手を知る機会があり、オンとオフがわかっているので結婚した後もギャップが少ないメリットがあります。

ただ別れてしまうと職場で気まずい空気になってしまいますから、長続きしそうな人とじっくり仲を深めてお付き合いするのがよさそうです。

セミナーや勉強会

仕事につながるセミナーや勉強会では、普段は会うことのない会社以外の人と出会うきっかけになります。セミナー中に意見交換やディスカッションの機会が設けられているものもあり、自己紹介のタイミングもあるでしょう。

真面目な場なのでいきなり恋愛に発展とはいきませんが、チャンスがあれば真剣にお付き合いできる人と出会えるかもしれません。

行きつけのお店で

出会い 行きつけのお店で

近所や通勤路にある行きつけのお店で偶然出会ったという人もいます。常連同士で顔を合わせる機会が増えれば、お互いに相手を認識して仲良くなるチャンスがあるでしょう。またお客さん同士だけでなく、店員さんとお付き合いに発展するパターンもあります。

また、相席居酒屋や出会いに特化したラウンジ、バーなどもあります。お店の雰囲気によって集う人も異なるので、自分に合う雰囲気のお店があれば足を運んでみてもいいかもしれません。

街中などで偶然に

ドラマのような偶然の出会いをしたという人もいます。グループ同士で遊ぶことになったのがきっかけだったり、荷物を運ぶなどなにかを手伝ったのがきっかけだったり。いわゆる『ナンパ』『逆ナン』なども偶然の出会いですね。

レジャースポットや旅行先では開放的な気分になり、普段より社交的になれることもあります。

狙って出会えるものではありませんが、チャンスがあれば生かしたいもの。家に閉じこもっていては偶然の出会いはありませんから、ふだんから積極的に外に出る、行動範囲を広げることが大切ですね。

SNS

出会い SNS

多くはありませんでしたが、SNSを通じて出会った人もいました。共通の友達や趣味の内容からダイレクトメッセージを送ったのがきっかけで、何度かやりとりして会うという流れでお付き合いするケースがあるようです。

ただし、出会いを専門としたSNSやアプリ以外ではチャンスが少なく、規約で禁止されているものもあります。相手の素性が不明でセキュリティ面でも不安があるので、出会いのために積極的に使うのはおすすめしません

▼「出会いがない…」と悩む前に行動あるのみ!

目次に戻る

婚活での出会い

婚活での出会い 

結婚を目標にした婚活の場での出会いもあります。

アンケートでは、結婚相手と出会ったときに婚活をしていた人は35.1%でした。生活圏外の人と出会える、まわりにいないタイプの人と出会えるなど婚活ならではのメリットもあります。

一般的な婚活サービスの種類とそれぞれの特徴を紹介します。

婚活パーティーや婚活イベント

婚活パーティーは、参加者同士が1対1で話す機会があり、自由な歓談もできるサービスです。参加人数や規模はさまざまで、短い時間で自分に合う人を探せるのがメリット。マッチングすれば、ふたりきりでの食事やデートへと進んでいきます。

規模が大きいのが婚活イベントで、エリアの飲食店や会場を貸し切って行われます。街コンと呼ばれることもあり、カジュアルで気軽に参加できるのが特徴です。BBQや映画好きの人が対象のイベントなど、共通の趣味の人と出会いやすいものもあります。

お見合い

効率的に婚活を進めたい人は、本格的にお見合いをしてみるのもアリでしょう。お互いの身元がわかっていて、ある程度プロフィールもわかった状態で紹介してもらえるので安心です。

結婚相談所

結婚相談所は、結婚まで専門のアドバイザーがサポートしてくれる登録制のサービスです。会費があり身分証明書の提示が定められているので安心して利用できます。

第三者のアドバイスを聞きながら婚活を進められるので、自分で積極的に動くのが苦手な人や大勢のなかでの婚活に抵抗がある人におすすめです。

▼成婚率の高さ、結婚までのスピードが魅力!

マッチングアプリ

婚活アプリや出会い系のマッチングアプリもメジャーな出会いの場となっています。 日本人の約4人に1人がマッチングアプリの利用経験があるというデータも。

家にいる時間でもスマホで婚活ができるので、仕事で忙しい人にもおすすめです。男女ともに利用料が発生するものや身分証明書の登録が必要なものを選ぶと安心ですよ。

トラブルを回避するために、初めて会うときは昼間に、人の多い街中で会うといいでしょう。オンラインデートができるものもあるので、アプリの機能を婚活に役立ててみてください。

目次に戻る

出会いの場で心がけたいポイント

出会いの場で心がけたいポイント

出会いの場に行ったとしても、待っているだけではなかなか出会いにつながりません。出会いのチャンスをつかむために意識したいポイントを紹介します。

話しかけやすい雰囲気を作る

出会いの場ではつねに笑顔でいる、やわらかい表情を作るなど話しかけやすい雰囲気を作るように意識しましょう。自分から声をかける場合も威圧感がないように声の大きさや話すスピードを調整しましょう。

服装は奇抜なものやハード系のファッションは避け、その場の雰囲気に合わせた身だしなみを意識してください。オンラインであっても普段のメイクやヘアセットをして、顔が明るく見えるように照明の位置を調整しておくといいでしょう。

気になる人には自分から話しかける

とくに女性は話しかけられるのを待っているうちに出会いを逃してしまうことがあります。気になる人がいれば、勇気を出して自分から話しかけてみましょう。

当たり障りのない会話や、緊張してしまうようであれば挨拶からでもOKです。出会いのチャンスをつかむには積極性が大切ですよ。

スタッフや周りの人の協力をあおぐ

その場にいる友人や、お店であれば店員に協力してもらうのも一つの方法です。あの人が気になる、話したいとこっそり伝えてみたり、飲み物をごちそうするのをお願いしてみたり。

もちろん、出会いに特化したお店や婚活の場では積極的にスタッフに相談してもいいでしょう。

自分を出しやすい環境をつくる

出会いの場では、自分らしく相手と関われるかどうかも重要です。友人と一緒のほうが緊張がほぐれるのであれば、婚活イベントに一緒に参加してもいいでしょう。逆に一人で参加したほうが自分を出せるという人もいるかもしれません。

自分の出会いの目的に応じて参加しやすい場を選び、自分らしく臨める環境を整えましょう。


身近なところから意外な場所まで、出会いの形はさまざまです。

理想の相手と出会うには、まず出会いのチャンスを増やすところから。自分の好みや生活スタイルに合う方法で出会いのチャンスを見つけてみてください。

■調査概要 みんなのウェディング「出会いについてのアンケート」
調査時期:2022年4月
調査方法:インターネット調査
対象:婚約中または既婚女性
回答者数:302名

※ 2022年5月 時点の情報を元に構成しています