1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 入籍・婚姻届
  4. 「大明日」は物事がうまくいく吉日!過ごし方やしてはいけないことを解説【2022年】

「大明日」は物事がうまくいく吉日!過ごし方やしてはいけないことを解説【2022年】

2022.04.20

結婚式や入籍の日取り、そのほかのお祝い事、開店・開業や引っ越しなどには縁起のいい日を選んでゲンを担ぎたいという人も多いようです。

今回は結婚式などの日取りに人気の吉日「大明日(だいみょうにち)」の意味や、やるといいことについて解説します。

大明日とは?その意味・由来を解説

「大明日」は「だいみょうにち」と読み、暦注下段(れきちゅうげだん)のうち吉日とされる「七箇の善日(ななこのぜんにち)」の一つです。暦注下段とは、暦の最下段に書かれていた日々の吉凶やその日の運勢についての記述のこと。迷信的な要素も多いといわれています。

「天と地の道が開いて、世の中の隅々まで太陽の光で照らされる日」という意味があり、全ての行いに太陽の恵みが授けられる縁起のいい日とされています。とくに未来につながる結婚や入籍、移動を伴う旅行や引越しなどとの相性がいい日です。

大明日は25の干支によって決まり、吉日のなかでも比較的訪れる頻度が高くなっています。

大明日は結婚関連の行事の日取りにおすすめ

大明日は結婚関連の行事の日取りにおすすめ

万事において吉とされる大明日ですが、とくに婚礼にはよいとされています。入籍や結婚式など、新しい人生のスタートともいえる行事の日取りにおすすめです。

さらに一粒万倍日や大安などほかの吉日と重なると、より縁起のよい吉日に。お日柄のいい日は結婚式場の予約が早くから埋まりやすくなるので、人気の吉日に結婚式を挙げたい場合は早めの予約がおすすめです。

眞子さまと小室圭さんがご結婚されたのも大明日

秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんが婚姻届を提出された2021年10月26日も大明日でした。さらに、六曜の吉日である「大安」、大明日と同じ七箇の善日の一つである「神吉日」も重なるとても縁起のいい日。人生の節目である結婚にぴったりの日を選ばれたんですね。

大明日の過ごし方「やるといいことリスト」

大明日は何事においても大吉の縁起のいい日。慶事のほか、移動を伴う行動との相性がいいとされています。大明日のおすすめの過ごし方の一部を紹介します。

挙式・披露宴・結婚パーティー

全ての行いに太陽の恵みが授けられる縁起のいい日ですから、おめでたい挙式・披露宴や結婚パーティーにもおすすめです。未来に向けて好スタートを切れるでしょう。

結納・両家顔合わせ

両家の結婚の儀式である結納や、入籍前に両家が親睦を深める両家顔合わせにもおすすめです。これから幸せな日々が訪れるという期待を後押ししてくれそうです。

入籍(婚姻届を出す)

大明日 入籍(婚姻届を出す)

婚姻届を提出する入籍日にもおすすめです。夫婦としての新しい人生のスタートの日にぴったりの吉日です。

引越し・新生活のスタート

移動を伴う引越しにもいいとされています。新生活が始まる日に幸先のよさを感じられる縁起のいい日といえるでしょう。

旅行・新婚旅行

大明日 旅行・新婚旅行

移動を伴う旅行にもいいとされています。夫婦となった記念の新婚旅行の出発の日にもおすすめです。

出産祝い・入学祝いなどの慶事

出産祝いや入学祝いのために集ったり、贈り物をしたりする日にもおすすめです。お祝いの品やメッセージの発送・受け取りの日に向いています。

納車

大明日は購入した車の納車の日取りにもおすすめです。ただし六曜の「赤口(しゃっこう)」は納車に向かないので、赤口と重なる日は避けた方がいいかもしれません。

地鎮祭・上棟式

大明日 地鎮祭・上棟式

大明日は建築との相性がいいとされています。そのため、工事や建築が無事に終わるように安全祈願をする「地鎮祭」や、木造建築で棟上げが行われたことを祝う「上棟式」にもおすすめです。

このほか買い物や宝くじの購入、口座の開設や住宅ローンの申し込みなどのお金に関すること、財布など新しいものを使い始める、目標に向かって勉強を始めるなど物事の始まりの日にも向いているとされています。神社やお寺へのお参りも差し支えありません。

特別なイベントでなくても、運気アップを狙いたい物事を行う日に選ぶといいでしょう。

大明日にしてはいけないことは?

大明日は万事において吉とされる日なので、やってはいけないことはありません。何事にも安心して取り組める日といえそうです。

2022年の大明日はいつ?吉日カレンダー

大明日は七箇の善日のなかでも頻繁に訪れる吉日です。2022年中は少ない月では10日、多い月では14日あります。

一粒万倍日や大安などほかの吉日と重なる日も多くあるので、入籍や結婚式の日取りに選びやすいでしょう。何を重視して日取りを決めるか、家族とも相談しながら考えてみてください。

▼大明日とほかの吉日がわかるカレンダーはこちら

大明日のほか、天赦日、神吉日も!「七箇の善日」とは?

七箇の善日

暦注下段の7つの吉日を総じて「七箇の善日(ななこのぜんにち)」といいます。大明日以外の七箇の善日の読み方や意味を解説します。

暦の上で最上の大吉日「天赦日」

「天赦日(てんしゃび・てんしゃにち)」は暦注下段のなかでも最上の吉日とされています。「天が万物の罪を赦(ゆる)す日」を意味する、何をやってもうまくいく日です。

天赦日は2022年中に6回しかなく、とても貴重です。入籍や結婚式に人気の日取りとなっています。

▼天赦日の意味とやるといいことをチェック

神社への参拝が吉とされる「神吉日」

「神吉日(かみよしにち・かみよしび)」は「神よし」と書かれることもあった吉日で、神社への参拝や祭礼などの神事にいいとされています。また、先祖供養にあたるお墓参りにも適しています。

鬼が出歩かず邪魔されない日「鬼宿日」

「鬼宿日(きしゅくび)」は「鬼が宿にこもる日」という意味があり、悪さをする鬼が外を出歩かないため邪魔をされず吉日になるとされています。万物によしとされていますが、婚礼にまつわることだけは凶。結婚式や入籍の日取りには避けた方が無難かもしれません。

5日間つづく慶事にぴったりの吉日「天恩日」

「天恩日(てんおんにち・てんおんび)」は「天の恩恵をすべての人が受ける日」の意味を持つ吉日です。この日も万事に対して縁起が良く、さまざまな慶事におすすめ。一度くると5日間続くのでほかの吉日と重なることが多いのも特徴です。

▼天恩日の意味とやるといいことをチェック

とくに結婚にまつわることは大吉「母倉日」

「母倉日(ぼそうにち)」は「母が子を育てるのと同じように天が人間を慈しむ日」という意味があり、何事にも吉でとくに婚姻は大吉とされています。入籍や結婚式の日取りにおすすめです。

▼母倉日の意味とやるといいことをチェック

とくに建築や工事に吉の「月徳日」

「月徳日(つきとくにち・がっとくにち)」は「その月の福を司る日」の意味を持つ吉日です。何事も吉とされていますが、とくに建築やリフォーム、工事などの土に関わることとの相性がいいとされています。


古くから伝わる暦注下段の吉日である「大明日」は入籍や結婚式におすすめの日。

気にしすぎる必要はありませんが、せっかくなら縁起のいい日を選びたいという人は、曜日やほかの吉日とも合わせてチェックしてみるといいでしょう。日取りの参考にしてくださいね。

※ 2022年2月 時点の情報を元に構成しています