1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. スキンケア
  4. 本番までにカサカサ肌をよみがえらせたい!プレ花嫁の追い込み100日美容【乾燥編】 

本番までにカサカサ肌をよみがえらせたい!プレ花嫁の追い込み100日美容【乾燥編】 

2020.10.20

私たちの表皮は28日周期で新しい細胞に生まれ変わっていますが(=ターンオーバー)、スキンケアの効果がしっかり発揮されるにはターンオーバー3回分の期間が必要、といわれています。

だから結婚式当日をベストな自分で迎えたい!と願うプレ花嫁さんなら、式の約3ヶ月(100日)前から集中的にスキンケアを始めるのがオススメ。

今回は、多くの女性の代表的な肌悩み【乾燥】を徹底ケアする100日美容のポイントを、フルラインナップでご紹介します!

100日前からスタート!ぷるぷるのうるおい美肌を作るスキンケアメニュー

現代は乾燥社会。紫外線、エアコン、マンションやオフィスの空調など、どうしても肌の水分を奪いやすい環境にあります。

それにプラスして、間違ったケアも肌を乾燥に傾けがち。5つのケアを100日間続けてみて。かさつかない、理想の肌状態に近づいていくはずです。

目次に戻る

Menu1 クレンジングを見直す

乾燥やカサつきは、間違ったクレンジングで皮脂を落としすぎてしまっていることでも起こります。 クレンジング後のつっぱりが気になるなら、保湿力が高いものや肌をこすらなくてもメイクオフできるような、上質なクレンジング剤に変えてみましょう。

オイルタイプはメイクや汚れがしっかりと落ちる分刺激も強くなるので、乾燥肌の人にはミルクやクリームタイプがオススメ。

また、いくらクレンジング剤を変えても、肌をゴシゴシこすっていては元の木阿弥。クレンジングは肌が動かない程度に、やさしくていねいに行うことが基本です!

目次に戻る

Menu2 乳液やクリームでうるおいを閉じ込める

肌の水分量だけでなく皮脂量もどんどん減少していくのがアラサー、アラフォー世代。
なのにお手入れは若い頃と変わらず、化粧水だけで済ませている方も多いのでは?

化粧水だけのお手入れだと肌から水分が蒸発してしまい乾いていく一方なので、スキンケアの最後には乳液やクリームなど油分の多いアイテムをプラスして肌にうるおいのふたをしてあげましょう。

「肌がベタつくのがいや」乳液やクリームをと毛嫌いする人もいますが、それはなじませ方が原因かも。まず少量を肌になじませてから気になる部分に重ね付けしたり、クリームを手でしっかり温めてから手のひら全体で肌を押さえるように塗ると、肌なじみがぐんとよくなりますよ。

目次に戻る

Menu3 目元用クリームで乾燥ジワを撃退

肌が乾燥しだすと、俄然気になってくるのが、目尻の小ジワ。
浅く細かい~シワは乾燥が原因で、動きが多い目尻にできやすいのが特徴。
小ジワの段階でしっかり保湿ケアをしておけば充分リカバリー可能なので、1日も早くアイクリームを毎日のケアに取り入れましょう。

目元の皮膚は特に薄いので、一番力が入りにくい薬指のはらを使って、丁寧に目元まわりに入れ込むようなじませて。

ふっくら若々しい目元印象でマイナス5歳も夢じゃない!?

目次に戻る

Menu4  シートマスクを美容液代わりに

ここぞというときのスペシャルケアに使うイメージの強いシートマスクですが、j実はたまに使うよりは、安価なものでも毎日使い続けた方が肌の保水力がアップします。
肌に水分が足りない人は、シートマスクを美容液代わりに使うのもオススメ。
ただし長時間付けっぱなしにしてしまうと肌に浸透したうるおいがシートマスクに戻ってしまうので、使用時間はきっちり守って。
その後にきちんと乳液やクリームでしっかりうるおいを閉じ込めることも忘れずに!

目次に戻る

Menu5 髪にドライヤーをかける時はしっかり保湿してから!

実はこれが落とし穴。ドライヤーの風が顔に当たると、肌の水分をどんどん蒸発させてしまいます。 髪をドライヤーで乾かす時は、先にスキンケアがお約束。クリームでしっかり保湿ケアを終わらせた後に、なるべく風が顔に当たらないように気をつけましょう。

目次に戻る

まとめ:美肌になりたいならとにかく「乾かさない」こと!

今は大丈夫と思っても、毎日の保湿ケアを疎かにしているとどんどん肌老化は進行していきます。
これを機会に「保湿ファースト」のお手入れを定番化して、結婚式だけでなくずっとぷるぷるの美肌をキープしましょう♡

***
美容ライター:KEUさん
大手コスメ会社のコピーライターとしての勤務経験から、スキンケアの基本知識と商品知識を習得。現在はフリーランスの美容ライターとして活躍中。スキンケアは何よりも基本が大切という自身の肌も透明感のあるつるつる肌で、編集部メンバーのあこがれ。

※ 2020年10月 時点の情報を元に構成しています