1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式二次会
  4. 新婦のゲストが少ない。どうなる二次会?

新婦のゲストが少ない。どうなる二次会?

2020.01.17

結婚式の二次会は、新郎新婦とゲストが会話を楽しむ場所。

また新郎と新婦の友人が初めて顔を合わす場でもあります。そのため新郎新婦は、ふたりのゲストの差を気にしてしまうようです。

「みんなのウェディング」にも、新婦から「ゲストの人数差について」沢山の相談が寄せられています。


相談内容

体験談
■私はもともと友人が少ないので、二次会に残ってくれる友達が3人しかいません。しかし彼側は15人ほど残ってくれます。彼側のゲストにも新婦の方が少なくて淋しいなと思われるのではないかと…。

この相談に対して多くの先輩カップルから、アドバイスが寄せられています。

体験談
■参加人数よりもおふたりが幸せそうかどうかが、その場の雰囲気を決めるのではないでしょうか。何より自分自身がその場を楽しもうとすることが一番ですよ!(25歳女性)

■旦那様の友達の数と自分の数が違ったって全然気にしなくて大丈夫ですよ。それぞれ家庭の事情もあるだろうし、男性側だって、新郎新婦やご友人たちと歓談できれば楽しい時が持てると思います。(28歳女性)

自分が思っているより、ゲストは人数の差を気にしない様子。

参加してくれたゲストへの感謝の気持ちを忘れずに、楽しい場をゲストと共に作っていくことが大切ですね。

また相談者と同じ悩みを持っていた新婦からも下記のような感想が寄せられました。

体験談
■私も女性が少なすぎて淋しくないか気になり、正直二次会なんて止めれば良かったと思いました。しかし来てくれる友人に感謝して、気になるけど気にしないで、友人と楽しむことが一番であると思いました。(31歳女性)

最後に、二次会ならではのこんな意見も。

体験談
■女性が少ないので、友達がモテモテになるかも。新郎側の友だちに、女性の方がいたら、華やかになるかもしれないですよ。(29歳女性)

二次会は出会いの場所と言われています。そのため少数派の女性は、男性からの注目を浴びることになるでしょう。


このように新郎新婦が気にするほど、ゲストは気にしていない様子。

もしかしたら新婦側のゲストが少ないと、女性のゲストが人気者になり、そこから新しい出会いが生まれる!なんてこともあるかもしれないですね。

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています