1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式準備
  4. "ふたりらしさ"をカタチにする演出に注目!2020年イマドキ最旬キーワード10選【後編】

"ふたりらしさ"をカタチにする演出に注目!2020年イマドキ最旬キーワード10選【後編】

2020.09.22

どんどん進化する結婚式の、2020年の「最旬キーワード」を徹底取材。
"自分たちだけのふたりらしい結婚式"を考えるときの参考になる、10のキーワードをセレクトしてお届けします。
今回は後編です!

旬の演出やペーパーアイテムって…?

最旬のウェディングキーワード、前編では、結婚式の形など大きなテーマのキーワードを中心にご紹介しましたが、今回は、より具体的な演出やペーパーアイテムのアイデアをご紹介します!
結婚式までの今しか楽しめない準備…たっぷり満喫してくださいね。

お話を伺った方:鶴野蒔咲子さん(ウェディングプランナー)
ウェディングプランナー鶴野蒔咲子

鶴野さんは"ふたりらしさ"を追求したオリジナルウェディングをプロデュースするVOUS BRIDAL/LES VOUS代表。
カップルにとことん寄り添ったプランニングが多くの花嫁の支持を集めています。
2020年5月23日(恋文の日)には、VOUS BRIDALより、移動式どこでも挙式サービス「チカイノバ ~ふたりのどこでもウェディング~」をスタート。三密を避けたwithコロナ時代の新しいウェディングのカタチとして注目を集めています。

6.ウェディングロゴ

ふたりのオリジナルロゴは一生の宝物に

ふたりのイニシャルやふたりに関連したテーマでオリジナルロゴを作るカップルが増えています。

作成したロゴは招待状のシール、引き出物、結婚式当日にゲストに渡すサンクスカードなど様々なアイテムに使え、統一感も演出してくれます。

たとえば、カジノ好きのカップルはルーレットをモチーフにしたロゴ、
ガーデニング好きの新婦と車好きの新郎のカップルは、植物とハンドルをモチーフにしたロゴ、
家族を大切にしているふたりは、家族を象徴する三角屋根のロゴ、などなど…

ふたりだけのメッセージを込めたロゴも作れるのでおすすめです!

結婚式に限らず、ハンコやシールにしたりしてふたりのシンボルマークとしてずっと使えるのもいいですよね♪

7.ウェディングパンフレット

永久保存版?!ふたりの歴史が詰まった読みもの

披露宴の席次表にふたりのプロフィールを掲載することも多いものですが、待ち時間などにゲストがけっこうしっかり読んでくれていますよね。

そのため最近ではふたりのプロフィールやなれそめ、ゲストの写真入りの相関図などを載せた、ふたりだけのオリジナル小冊子をつくって配るカップルも多いんです!
16ページくらいのボリュームが人気です。

ほかにも、引き出物の説明、結婚式までの準備風景、BGMのセットリストといったテーマで解説や写真を入れるなど…編集長は新郎新婦!何を入れてもいいんです。

会場ではもちろん、ゲストが自宅に持ち帰っても読み返して楽しんでもらえます。

これを作ると、本当によい記念になります!
ずっと手元に残るからこそ、こだわって作りたいですよね。

8.ダーズンローズセレモニー

12本のバラに思いを託して

1ダースを意味するダズン(dozen)。
12本のバラを使ったゲスト参加型の挙式の演出です。
もとはといえば古くからヨーロッパで行われていたセレモニー。
それぞれのバラは「感謝」、「誠実」、「愛情」など…相手に贈りたい12の言葉を象徴しています。

セレモニーの基本的な流れは、あらかじめゲストに配っておいたバラを新郎が集め、プロポーズの言葉とともに新婦にバラを贈るというもの。
最後に、新婦が12本のバラの中から1本のバラを選び、新郎に贈ります。会場が盛り上がるとてもロマンチックなセレモニーです。

もともと知られている演出ではありましたが、最近ではバラにつける12の言葉のかわいいタグが出たことで人気上昇中です!

9.ブライズシューズ

世界でたったひとつのシューズを

おしゃれは足元から!そして、一生に一度の結婚式、たとえドレスで隠れたとしても見えないところまでこだわりたいですよね。

ハイブランドのシューズも憧れますが、おすすめはシューズに新郎やブライズメイドからのメッセージを入れたり、記念日などを印刷したりと、「世界でたったひとつのシューズ」にすること。
「Ido(誓います)」というステッカーを貼ったり、シューズクリップで靴をアレンジする花嫁も。
想いをたっぷりこめた1足で、自信をもって結婚式当日を迎えたいですね。

10.ウェルカムスペースデコレーション

フォトスポットにも!会場前のスペースにもこだわる!

会場に着いて、まず目に入るのがウェルカムスペース。
ウェルカムボードやふたりの写真を飾ったり、インスタントカメラでの撮影&メッセージを書くコーナーにすることも多いですが、最近ではここにこだわるカップルが増えているんです!

ふたりの趣味のものや、出会いにちなんだアイテム、手作りアイテムなど…ディスプレイするアイテムで、会場内よりもよりふたりのカラーを色濃く反映することができるのが特長。
新郎が宝物にしている楽器や、初めてデートしたときに飲んだお酒を飾ったり…とことんこだわって作ることができます。

最近では、このウェルカムスペースにかける費用の平均も5万~10万円ほど。
みなさん、かなり力を入れていることがわかりますよね。
搬入する荷物が段ボール何箱になるカップルもいるんですよ!

会場の外で、写真も撮りやすいので、フォトスポットとしてゲストもたくさん写真を撮ってくれますよ!

あなたなら、何をディスプレイしたいですか…?


2020年、最旬のウェディングキーワードはいかがでしたか?
当日の思い出になるのもちろんですが、ずっと形に残るアイテムはぜひ取り入れてみたいですね!
どんな演出をしようか、ゲストの顔を思い浮かべながら考える時間はとても楽しいもの。
ご紹介した内容を参考に、2人にしかできない、とびきりの1日を作り上げてくださいね。

写真提供/VOUS DRIDAL

※ 2020年9月 時点の情報を元に構成しています