1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 前撮り・後撮り
  4. 【人気カメラマンにきいた】コロナ禍でも!コロナ禍だからこそ!のウェディングフォト・BESTシチュエーション4選

【人気カメラマンにきいた】コロナ禍でも!コロナ禍だからこそ!のウェディングフォト・BESTシチュエーション4選

2020.09.21

昨今のコロナ禍で三密回避が叫ばれるなかで、結婚式を挙げるのがなかなかに難しい状況を迎えています。
そこで注目が集まっているのが「ウェディングフォト」。
結婚式を挙げられないけれど、今のこの気持ちを残したい!
そう願う新郎新婦が増えているんだとか。
その気持ちは大いに共感*ですよね。

そこで「コロナ禍でも心に残るウェディングフォト」を撮影するための、ベストシチュエーションを人気ウェディングフォトカメラマンのHASSYさんに聞いてみました!

コロナ禍でもあきらめないで!いまだからこそできるウェディングの形があります!

お話を伺った方:HASSYさん(ウェディングフォトカメラマン)

La-vie photographyの大人気カメラマンHASSYさんは新郎新婦のナチュラルな笑顔を引き出す天才。
インスタグラムのフォロワーはなんと1.2万を超える大人気ぶりで、「生きている写真を撮りたい」をモットーに、大阪を拠点に日本だけでなく、世界中でウェディングフォトを撮影。
全ては2人の最高の瞬間のために、今日も笑顔を撮り続けています。

インスタグラム:@hassyphotography

HASSYさん

7月に入りコロナ感染者が増加しており、延期された結婚式をまた延期にされるお客様もいらっしゃいます。
そこで今はまだ大掛かりな結婚式はできないけれど、写真だけでも撮ろう!とフォトウェディングが大変盛り上がっているのをご存知でしょうか。
僕の所属しているLa-vie photographyでもいま申し込みが急増しており、このコロナ禍のなかで、むしろこのコロナ禍だからできるフォトプランがさまざまに登場しているんです。

結婚式が延期になって落ち込んでいるカップルのみなさん、あきらめることはありません!
そこで、今こそ心に残る写真を撮影するためのおすすめシチュエーションのベスト4を教えてもらいました。

おすすめ1:いまこの時期だから実現したいのは「チャペルフォト」

チャペルフォト

HASSYさん

いま、挙式自体が延期や中止になってしまうことも多いかと思いますが、そんな中でおすすめしたいのは”チャペルフォトです。
これはドレスを着て、実際の結婚式場で指輪交換しているシーンや、教会で微笑む新郎新婦のカットを撮るので、いわゆる写真のためのポージングだけでなく、そのシーンで自然に発生する表情を大切にできるのが大きなポイント。
おふたりや家族にまつわるストーリーをふだんの式のように展開できるのがチャペルフォトの醍醐味のため、気分だけでも結婚式をぜひ味わいたい!という方に大変おすすめです!

チャペルフォト

チャペルフォト

おすすめ2:混雑少なめのいまが狙い目!観光地でのロケ撮影

観光地京都ロケ撮影

HASSYさん

いまこの時期の穴場といえば観光地での撮影。
本当は海外で結婚式をする予定だった方が海外の雰囲気の出る神戸の居留地で撮ったり、和装で京都の寺院や神社、奈良公園、大阪城公園、大阪の大仙公園のいくつかを巡って1日コースで撮影したり。
もちろんコロナ対策には万全を講じますが、ロケ撮影だと密になりにくいし、いまなら人も少なめで撮影しやすいですね。

観光地京都ロケ撮影

おすすめ3:インスタ映え最高!なのはナイトシーン撮影

神戸居留地の夜景

HASSYさん

外せないのは、ナイトシーンでの撮影ですね。
例えば奈良の若草山でのナイト撮影ならバックに生駒山が映したり、神戸居留地の綺麗な夜景とともに撮影したり。
東京の場合は東京駅をバックに撮るのはやっぱり大人気ですよね!
これらの写真ってものすごくインスタ映えするので、1~2枚はナイト撮影したい!という方が増えています。

奈良の若草山夜景

おすすめ4:日本ならではの良さを堪能!四季を感じさせる屋外撮影

名古屋の夏ひまわり畑

HASSYさん

僕がおふたりの最高の瞬間を撮るために大切しているのは”季節”。
ドレスにしても和装にしても、やはり季節撮りの写真はとても人気です。
その季節だからこそ撮れるお花や風景と一緒に写真を撮ると、季節ごとの特色が出ていい写真になりますね。
例えば初夏から夏だとひまわりをバックにするのが好まれます。
これからの秋はやっぱり紅葉がいちばん。冬だと真っ白な雪をバックに撮るのも絶大な人気です!
今後コロナと上手に付き合っていくなら、身近なところでこんなに季節を感じる綺麗なところがあったんだ!と気づける写真が素敵ですよね。

大阪鶴見緑地公園

広島の紅葉

大阪大仙公園の春

「結婚式は必ずできる!」。準備期間が長くなって理想の式にもっと近づけると前向きに信じて!

大阪鶴見緑地公園

最後に、HASSYさんはいまこのコロナ禍をどう感じているんでしょうか。

HASSYさん

コロナの影響で多くのカップルの結婚式が延期になっている様子を見ると、ウェディングを盛り上げている一員として本当に心が痛みます。
でも、結婚式は必ずできます!
むしろ式までの準備期間が延びたことによって、もっと打ち合わせができたり、手作りDIYで式のグッズを作ったりと、さらに理想に近い完成度の高い結婚式ができるはずです。
フォトウェディングもその一つ。
ふだんは、時間がなくてウェディングフォトを前撮りできなかったカップルも、できる時間が増えたと思うと前向きになれるのではないでしょうか?
前撮りできれば、そのウェディングフォトを式のウェルカムボードにできたり、演出に使えたりできますよね。またこんな時期だからこそ、各社もオトクなプランが誕生していたりと見逃さない手はありません。
必ず結婚式ができるって思えれば、結婚式までの時間ももっと楽しめたり、より理想の式に近づけるのはうれしいことだと思えますよね。
未曽有の状況ではありますが前向きに、一緒に素敵な結婚式をつくっていきましょう!

※ 2020年9月 時点の情報を元に構成しています