1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式の費用
  4. いま急増中の「少人数結婚式」の費用相場は?30人以下の身内だけで挙げたい場合いくらでできる?

いま急増中の「少人数結婚式」の費用相場は?30人以下の身内だけで挙げたい場合いくらでできる?

2021.06.07

新型コロナの影響を受け、30人以下少人数結婚式を希望するカップルも!
そんな中、気になるのはやっぱり費用相場という人も多いことと思います。
少人数結婚式をする上で、自分たちが挙げたい結婚式にはいくら必要なのでしょうか?

今回は、少人数結婚式の費用相場についてご紹介していきましょう。

withコロナで注目されている少人数結婚式とは?

『少人数結婚式(少人数ウェディング)』は、家族・親族・親しい友人を招待して行う数名~30名ほどの結婚式のこと。
一般的な結婚式のゲストの人数は、平均して約60名前後。
少人数結婚式は30人以下で平均の半分となるため、かしこまりすぎないアットホームな雰囲気で行えることが魅力です♡

withコロナの安全対策として注目

少人数結婚式は、withコロナ結婚式の安全対策のひとつとしても注目されています。
ゲストの数が通常の半分以下になることで、ソーシャルディスタンスを確保しやすく、人との接触回数を減らすこともできますよね。
また、家族や親族がメインということで、ゲストにも安心して参列してもらえることもポイントです。

30名なら友人も招待可能

少人数の結婚式でも、人数によって招待するゲストの顔ぶれが変わってきます
ゲストが10名以下の場合は、両家のご両親、ご兄弟姉妹、祖父母の、家族のみを招待するのが一般的。
ゲストが20名程度なら、両家の家族に加えて、伯父や叔母、従姉妹などの親族も招待します。

ゲストが30名程度になると、両家の家族・親族だけでなく、友人を招待することケースが多いです
家族や親族の人数にもよりますが、特に親しくしている友人のみ、それぞれ数名づつ呼ぶという人が多いようです。
そんな少人数結婚式ですが、一般的な結婚式と比べて費用は安くなるのでしょうか?
さっそく費用相場を見ていきましょう!

目次に戻る

少人数結婚式の費用相場は30名で150万円!

費用

30名程度のゲストを招待する少人数結婚式の費用相場は150万円です。
平均的なゲスト人数の60~79名の結婚式で316万円が相場と考えると費用も約半分。
結婚式にかかる費用を大幅に減らすことができます!

では、一般的な結婚式との費用の差はどんなところにあるのでしょうか?
まずは結婚式の内容の違いを見ていきましょう。

少人数結婚式と一般的な結婚式との違いは?

一般的な結婚式との違いは、お食事と歓談がメインになること。 30名名の結婚式なら、丸テーブルで5名着席しても6テーブル。 ゲストも家族と親族がメインのため、派手な演出で盛り上げる必要もありません。
そのため、ゆっくりと食事を楽しみながら過ごしてもらうことをおもてなしとする人が多いのです。

では、一般的な結婚式と比べてお金がかかりにくいポイントはどこなのでしょうか?
詳しく見ていきましょう!

お金がかかりにくいポイント

少人数結婚式はゲストの人数が少ないことで、全体の費用を抑えることができるのがポイントできます。
また、ゲストが少ない分、披露宴会場をコンパクトにでき、会場装花やテーブル装飾にかかる費用も抑えることができます。

さらに、少人数結婚式のお金がかかりにくいポイントは「演出」です。
大人数の場合は、披露宴の入退場の演出や余興、お色直し、スイーツビュッフェなど、ゲストを飽きさせないために複数の演出を行うのが定番です。
でも、少人数結婚式ではケーキカットとプロフィールムービー上映など、演出は2~3個程度と控えめ。
そのため演出にかかる費用などが、大幅に抑えられているんですね。

では、逆にお金がかかってしまうポイントはどこなのでしょうか?

逆にお金をかけることもGOOD!

全体の予算が抑えられる分、こだわりたいポイントにお金をかけるカップルも多いですよ!
少人数結婚式で特に注力されているのがゲストの料理と引出物です。
お食事がメインになるからこそ「お料理にこだわりたい!」と考えるカップルが多く、お料理や飲み物をランクアップする傾向にあります。

引出物メインの金額はいただくご祝儀の1割程度が目安ですが、日頃の感謝の気持ちを伝えるためにランクアップする人も多く、引き菓子やプチギフトも「少し良いものを」と予算を上げるケースも。

こだわりたいポイントはどこかも考えながら予算配分するのが良さそうですね!

少人数結婚式はこんなふたりにおすすめ

少人数結婚式は、全体の費用を抑えつつゲストへのおもてなしが伝わる結婚式にしたい!と考えるふたりにおすすめです。
少ない人数なら、メッセージカードや引き出物の贈り分けも簡単!
ひとりひとりに充実したおもてなしを実現しながらも、準備期間は短く済みますよね。

また、人数が少なければ少ないほど、ペーパーアイテムや装花にかかる費用も減ります。
浮いたお金で着たかったドレスを検討してみたり、ふたりの新生活の費用の足しにしてもいいですね。

目次に戻る

withコロナで再注目『少人数結婚式』の演出・コロナ安全対策・注意ポイント!

ここまで、少人数結婚式の費用について解説してきました!
一般的な結婚式よりも大幅に費用が抑えられることはわかりましたが、結婚式当日の流れがどう違うのかも気になりますよね。
また、お色直しをしてもいいのか?席次表の用意や司会者が必要なのかどうかも知っておきたいところです。

以下のリンクではそんな少人数結婚式に関する気になるポイントを解説しています。
withコロナで親族結婚式を考えているふたりはぜひチェックしてくださいね

《関連記事》


以上、少人数結婚式の費用相場についてご紹介しました!
withコロナの今、費用面でも安心感がある親族結婚式は、これからどんどん検討する花嫁さんが増えてきそうですね♡
ただ、ゲスト人数が少ないためにこだわりすぎると逆に割高になる場合もあります。

式場からもらう見積りをしっかりチェックして、ふたりの予算に合った少人数結婚式を挙げてくださいね!

《編集部のおすすめ記事》

※ 2021年6月 時点の情報を元に構成しています