1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. プロポーズ
  4. コロナに左右されない!プロポーズのタイミングはやっぱり「記念日や誕生日」

コロナに左右されない!プロポーズのタイミングはやっぱり「記念日や誕生日」

2020.07.01

2020年2月新型コロナウイルスの感染拡大により多くの価値観が変わったと言われていますね。
プロポーズについてはどうなのか?アンケートを元に、プロポーズのタイミングについてご紹介します。

コロナ禍でもプロポーズのタイミングに影響なしが約8割

「2020年2月以降にプロポーズした・された」方にプロポーズの時期への影響を聞いてみたところ、約8割が「影響はなかった」と回答しています。
「影響なかった」と答えた方には、「もともと外出自粛期間前に予定していたため、予定通りプロポーズした」 「新型コロナウイルスのその後の影響を考えて、少しだけ時期を早めたが予定通り」という2パターンの声がありました。

有効回答数:31人

目次に戻る

コロナ禍のプロポーズのタイミングは、変わらず「誕生日&記念日」

有効回答数:28人

プロポーズは、誕生日やふたりの記念日を選ぶことが多いですが、今回のアンケートでも同様の結果となりました。
コロナ禍であっても、誕生日や記念日が大切なことに変わりはない、もしくは大変な時期だからこそ2人の特別な日を大切にしたい、という思いがあったのではと考えられます。

誕生日やふたりの記念日、バレンタインやホワイトデーなどイベントを重視して選んでいるので「プロポーズの時期に影響しなかった」という結果になったと考えられますね。

目次に戻る

コロナ禍が結婚を決意するきっかけにも

新型コロナウイルスの影響は、結婚を後押しした!という意見も多数ありました。
自粛期間が続いたからこそ「大切な人と一緒にいたい」という思いを強くさせ、結婚を決意するきっかけになったようです。

外出自粛、緊急事態宣言で週一回会っていたのに会えなくなりました。
一緒に住んだほうが在宅中、一緒に過ごす時間が増えると思うし、これを機会に早く一緒に住みたいと彼から告白を受けました。 しかし、「プロポーズされてからでないと、同棲は難しいこと」とを伝えると、6月の記念日にしようとしてくれていたプロポーズを私の誕生日に早めてくれました。(20代後半・女性)

外出自粛で県外も行けなくなると思い県外に行けるうちにプロポーズを決めました。(20代後半・男性)

外出自粛にともない、多くのカップルが会える機会が減ってしまいました。
不安な時期だからこそ、相手の存在の大きさを改めて感じ、早く家族としての新しい生活をスタートさせたい、とプロポーズにふみきったようです。

目次に戻る

プロポーズの前に準備しておくこと

有効回答数:29人

これからプロポーズを希望する方のアンケート回答では、プレゼントは必要が約6割となりました。

有効回答数:18人

アンケート結果では婚約指輪がもっとも多く約4割、花束は約3割でした。
思いを伝える手紙や記念になるようなアクセサリーなども人気です。

プロポーズのプレゼントは婚約指輪や花束を渡すというスタイルは、いつの時代も変わらないのかもしれません♡

「プレゼントを用意したいけれど、なかなか店舗に行けない」そんな場合でも、オンライン接客サービスを行なっているジュエリーブランドもあるので検討してみてはいかがでしょうか。

《関連記事》

目次に戻る

プロポーズの理想のシチュエーションは?

新型コロナウィルスでのプロポーズへの影響がわかったところで、どんなシチュエーションでプロポーズするかについて、次の記事で詳しくみていきます。
withコロナ、アフターコロナ時代は工夫が必要になることも多いはず…では、みんなはどんなシチュエーションを選んでいるのでしょうか?

《関連記事》


以上、プロポーズのタイミングについてでした。
アフターコロナの変わりゆく環境で、ふたりにとって一番いい思い出になるようなタイミングを見つけましょう♡

みんなのウェディング「プロポーズに関する調査2020年5月」概要
アンケート方法:インターネット調査
アンケート期間:2020年05月18日(月)~05月22日(金)
対象者:過去1年以内にみんなのウェディングに登録された方(2019年05月18日以降)
有効回答数:427人

《編集部のおすすめ記事》

※ 2020年7月 時点の情報を元に構成しています