おうち時間を過ごす、新郎新婦さんへ
  1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 婚約指輪
  4. ラザールダイヤモンドの特徴とは?知れば指につけずにはいられない!

ラザールダイヤモンドの特徴とは?知れば指につけずにはいられない!

2020.05.21

婚約指輪や結婚指輪を選ぶ際には大きな決断を必要とします。
だからこそ詳しく知りたいのがブランドの特徴
この記事では、世界中で人気のラザールダイヤモンドの特徴とデザインを詳しく探っていきます!

ラザールダイヤモンドはNY発のブランド

流行の最先端の地であるアメリカ・ニューヨーク初のブランドラザールダイヤモンド
今や日本国内にも15店舗展開する人気のジュエリーブランドです。
トレンドをおさえたデザインが揃っていますが、じつはラザールダイヤモンドの歴史は100年以上

1世紀以上も前から多くの人に愛される老舗ブランドです。
ダイヤモンドの輝きを追求した創業者がつくりあげた世界でもっとも美しいダイヤモンドを使った婚約指輪や結婚指輪は現在でも多くの人々を魅了しています。

《関連記事》

目次に戻る

ラザールダイヤモンドの特徴

ラザールダイヤモンドには歴史あるブランドならではのさまざまな特徴があります。
多くの人に愛される理由とともに、特徴をご紹介します。

100年以上の歴史に裏付けされた輝き

ラザールダイヤモンドの創業者であるラザール・キャプランは1914年にニューヨークにラザールダイヤモンドの元となるラザール・キャプラン・インターナショナルを設立しました。
宝石商の息子であったラザールは従兄弟マルセル・トルコフスキーが導き出したダイヤモンドを最大限に輝かせる方程式をもとに、理想的なダイヤモンドのカット『アイディアルメイク』を完成させたのです。

そんなラザールが世界で最初のダイヤモンドブランド、ラザールダイヤモンドを立ち上げました。
一生をダイヤモンドの輝きへの追求に捧げたラザール・キャプラン。
ラザールダイヤモンドは今もなお、創業時からのこだわりを保ち、最高級の輝きを守り続けています。

世界で唯一を成し遂げた創業者

ラザール・キャプランがカッティングの魔術師と呼ばれるようになったのは、巨大な原石のカッティングを成功させたことにあります。
1936年に、有名な宝石商であったハリー・ウィンストンが購入した726カラットの『ヨンカーダイヤモンド』。
このダイヤモンドは繊細でわずかなミスでも粉々になってしまうものでした。

そのダイヤモンドのカッティングプランを1年かけて練ったラザールは、見事にカッティングを成功させたのです。
カットされたダイヤモンドはすべて無傷で美しいものばかり
これを機にラザールはカッティングの魔術師と呼ばれるようになったのです。

人類史上最高に輝くダイヤのカット『アイディアルメイク』

美しい輝きを追求し続けたラザール・キャプラン。
その彼が実践したカッティングが『アイディアルメイク』と呼ばれているものです。
このカッティングでは原石に秘められた光を最大限に引き出し、ダイヤモンドを虹の七色に輝かせます。

『アイディアルメイク』のダイヤモンドは明るいところではもちろん、暗い場所でもわずかな光をも捉えて輝きます。
ラザールダイヤモンドのダイヤモンドは、人生のなかのさまざまなシーンで美しく輝いてくれるのです。

《関連記事》

世界三大カッターズブランドであること

『カッターズブランド』とは、自社のダイヤモンドの研磨士がダイヤモンドを原石から切り出して磨き上げ、カッティングを行うブランドのこと。
そのなかでもとくに、ダイヤモンドのカッティング技術に優れているブランド3社が『世界三大カッターズブランド』と呼ばれています。
ラザールダイヤモンドは、世界三大カッターズブランドのひとつなのです。

サイトホルダーの資格をもつブランド

サイトホルダーとは、世界最大のダイヤモンドの原石供給元である『ダイヤモンド・トレーディング・カンパニー』から原石を購入することができる権利です。
サイトホルダーは、原石の知識はもちろん、研磨技術や製品品質の管理から慎重に選ばれる特別な資格。
サイトホルダーであるラザールダイヤモンドは、最高品質のダイヤモンドを適正価格で購入することができるのです。

またラザールダイヤモンドでは、希少である『オクタへドロン(正八面体)』を中心に厳選された原石のみを使用しています。
原石選びからもこだわることで、世界で1番美しく輝くダイヤモンドを取り扱うことができるのです。

《関連記事》

目次に戻る

デザインの特徴

歴史あるラザールダイヤモンド。
時代を経てもなお愛されるクラシカルなデザインはもちろん、おしゃれなデザインの婚約指輪・結婚指輪が揃っています♡
魅力溢れるラザールダイヤモンドのデザインの特徴をご紹介します。

NY発ならではのハイセンス

アメリカ・ニューヨーク発のラザールダイヤモンド。
だからこそ、流行を取り入れた洗練されたデザインが揃っています。
結婚指輪は日常で身につけるものですが、婚約指輪は特別な時のみに身につけることが主流となっていました。

だからこそ婚約指輪のデザインは豪華であったり、派手すぎるものが多かったのです。
ですが、ラザールダイヤモンドの婚約指輪は婚約時や特別な時だけではなく毎日つけたくなるデザイン。
ファッショナブルなデザインだからこそ、さまざまなテイストの服装やシーンに合わせることができるのです♡

場所やストーリーにちなんだデザイン

ラザールダイヤモンドの婚約指輪・結婚指輪には1つひとつ特別な名がつけられています。
たとえば、『マンハッタンヘンジ』。
これは、ニューヨークマンハッタンのビルの合間からサンセットとサンライズが見えるドラマチックな自然現象の名です。

この名のついた婚約指輪は、自然現象のように幻想的な光を取り込み美しく輝きます。
また、ニューヨークの老舗ジャズクラブの名や、NYの空港の名をもつ婚約指輪も。
ドラマチックなストーリーがある指輪は、身につける人にとって、より特別な宝物になります♡

日本人の指になじむ繊細さ

ラザールダイヤモンドの人気のひとつが、デザインの繊細さにあります。
ダイヤモンドはもちろん、指輪には欠かせない地金にもこだわっているラザールダイヤモンド。
一生大切にしてもらえるようにと、繰り返し圧縮や加圧を行うことで硬く変形しにくいブライダルにふさわしい指輪が完成します。

また、指輪のデザインに欠かせないミル打ちも洗練された技術で行われています。
綺麗にていねいに仕上げられた指輪は、すべて繊細な仕上がりで、日本人の手になじむものばかり。
世界ではもちろん、日本でも愛されるのはこの高度な技術があるからこそです。

ラザールダイヤモンドについてもっと詳しく知りたい方は、公式HPをチェックしてみてくださいね。


世界中で愛されるラザールダイヤモンドの特徴をご紹介しました。
1世紀以上も前から王室をはじめ、多くの人々に人気のラザールダイヤモンド。
こだわりのジュエリーはまさに一生物の婚約指輪や結婚指輪にふさわしいですね♡

《編集部のおすすめ記事》

※ 2020年5月 時点の情報を元に構成しています