おうち時間を過ごす、新郎新婦さんへ
  1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式場選び
  4. \式場に聞いてみた/地域密着型ホテルならではの大事にしたい想いと関係性

\式場に聞いてみた/地域密着型ホテルならではの大事にしたい想いと関係性

2020.05.02

新型コロナウイルス の影響を受け、緊急事態宣言が全国に発令されました。
結婚式の開催について悩むカップルも多くいらっしゃるかと思います。
式場も、おふたりにベストな形は何かと頭を捻らせ、対応を考えています。

今回は式場の方に、新型コロナウイルス による対応について直接伺いました! 式場がどのように考えているかを知る機会になればとおもいます。ぜひご覧ください。

話を聞いた式場はどんなところ?

今回伺ったのは北信越エリアのホテル。
ホテルウェディングは遠方からのゲストが多いカップルの結婚式も多いのが特徴としてあります。
地域に密着し、パートナー企業とチームになり最高の結婚式をつくりあげている式場の方にお話を伺いました!

目次に戻る

新型コロナウイルスに感染予防のための対策

新型コロナウイルスへの対策として、アルコール消毒はもちろんのこと、カップルに確認をした上でスタッフのマスク着用、会場の換気を行い感染予防に努めていらっしゃいました。
また、ホテルは会場の大きさを変えやすいので、会場を広げてゲスト間の距離を保つ対策なども可能です!

目次に戻る

キャンセルか延期かどうしたらいい?式場の対応は?

キャンセルの場合は、基本的にキャンセルの約款に従うとのことでした。
延期の場合は、挙式日1ヶ月前以前の場合は印刷物などの実費のみが費用として発生するとのこと。
1ヶ月を切ったら中止と同様に約款に従うとのことでした。
1ヶ月を切った場合でも、発注済みアイテムや費用が発生している業者との調整次第では変動があるようです。
打ち合わせで積み重ねてきたもの、そしてそのほか結婚式を一緒につくるパートナーの方々の準備費用などがこのキャンセル料や延期料に含まれているとのことです。

延期日に関しては、まずはおふたりにいつごろ開催したいか希望を伺い、可能な限り寄り添った対応をしていらっしゃいました。

※上記は2020年4月末取材時点の情報です。

目次に戻る

会場から開催中止を言わない理由

式場

様々な事情や想いを抱えるお客様がいらっしゃり、一概に式場の判断で中止は言えない状況であると考えています。
また、ホテルウェディングは、地域に密着した運営となっております。
結婚式をつくりあげるヘアメイクや司会者、お花屋さんなどのパートナーの方々も、結婚式当日に向けて準備を進めております。
多くの方々がひとつの結婚式に関わっているという点においても、私たちのみで中止を判断することはとても難しいという状況もあります。
おふたりに寄り添いつつ、パートナーのみなさまとも支え合って、これからも多くのカップルの結婚式をお手伝いするために、今式場としてできる対応を行なっていきたいと思います。

目次に戻る

式場様からのメッセージ

式場

結婚式を挙げることを諦めないでほしいです。
日程変更などはできる限り対応していくので、心配を抱えた状況ではなく、おふたりが安心だと思える状況で開催していただけたらと思っています。
結婚式はお世話になった人々への感謝を伝える場所でもありますが、おふたりが応援をもらえる場でもあります。
ぜひゲストのみなさまからの応援をもらって、ふたりの生活をスタートしていただきたいです。
そして結婚式を諦めずやり遂げていただきたい、そのためのお手伝いをしたいと思っています。


独自の運営で、カップルに喜んでもらえるようにと様々なくふうをされている式場でした。
お話を伺いながら、結婚式は多くの方の力でできるものなのだな、と改めて感じました。

カップルと式場、そしてそのパートナーさんとの関係性も常に考えてらっしゃる式場でした。
ホテルという特性も活かし、結婚式というセレモニーを通して、どうしたら一生を通して必要とされる場所として存在するための最適な答えが出せるのか。
大切にしたい想いや関係性が多いからこそ、その悩みも大きいのだなと感じたインタビューでした。

※ 2020年5月 時点の情報を元に構成しています