1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. ウェディングドレス
  4. 失敗しないウェディングドレスの選び方をプロが伝授!骨格診断に基づくドレス選びとは?

失敗しないウェディングドレスの選び方をプロが伝授!骨格診断に基づくドレス選びとは?

2020.10.12

着たいドレスのイメージがあっても、実際ドレス選びに入ると、たくさんの選択肢が…!気が付いたら《ドレス迷子》になっていませんか?
好きな形や色で選ぶのも良いですが、自分が着たいドレス=似合うドレスでないことも。
そこで今回は、骨格診断で多数の著書をもつイメージコンサルタントの森本のり子さんに、自分に合うウェディングドレス選びのコツを聞いてきました!

骨格タイプごとにウェディングドレスを選ぶメリットとは?

ドレス選びを始めると、自分が良いと思っていたドレスもしっくりこなかったり、なんかイメージと違うなんてことも。
もしかしたら自分の骨格と合っていない可能性があるかもしれません。
同じ日本人であっても、肌の色や体型が違うように骨格にもタイプがあるんです!
自分の骨格タイプに合っていないドレスを身にまとうと、あなたがもつせっかくの魅力が引き出せないばかりか、コンプレックスが余計強調されてしまうなんてことも…。

骨格タイプを知ることで、自分が一番輝けるウェディングドレス選びをすることが可能になるかもしれません♪
さらに自分のタイプを把握しておくと、ウェディングドレスだけでなく今後一生涯使える服選びのコツとして生きてきますよ♡
今回お話を伺った骨格診断アナリスト協会理事の森本先生は、就活生から歌手、俳優という幅広い方にその人本来の「らしさ」と「魅力」を最大限に引き出すレッスンを行なっています♪
ドレス選びに悩む花嫁さんに向けて、骨格を知ったうえでのドレス選びのコツをお教えいただきました!

目次に戻る

まずは自分のタイプを知ろう!あなたは何タイプ?

さっそく自分の骨格が何タイプなのか見ていきましょう♪
上の図が全タイプの比較です。
以下にそれぞれの特徴を挙げていきますので、チェックが多かったものが、自分の骨格タイプとなります。

ストレートタイプ

ウェーブタイプ

ナチュラルタイプ

どれにもチェックが入らなかったり、チェックの個数差があまりないという方は、周りの家族やパートナーに聞いてみるのもおすすめです♡

ドレスエブリ表参道店!
インポートドレスが気軽に購入可能な新店舗がオープン
目次に戻る

《骨格タイプ別》似合うウェディングドレスは?

では、自分の骨格タイプがわかったところで、実際にどんなドレスが似合うのか見ていきましょう♪

ストレートタイプ

ストレートタイプは、存在感のあるメリハリボディーが特徴的。
筋肉がつきやすく、メリハリのある体型の方が多いです。
芸能人で言うと、 藤原紀香さん、深田恭子さん、広瀬すずさんなど。
グラマラスボディーが特徴的なストレートタイプに似合うドレスのキーワードは、「正統派」「高貴」「リッチな光沢感」です。

グラマラスボディーのストレートタイプには、ハリと光沢のある素材や透け感のない厚手のレースなどがしっくりきます。
大柄のレースもよく似合います。
ドレスの形としては、Aライン、ボリュームライン、スレンダーライン、裾が広がり過ぎないほどよいボリュームのマーメイドがおすすめ♡
質感にこだわることが重要になるストレートタイプにおすすめの素材は、ミカドシルクやサテン、タフタです。

ドレスの存在感に負けないグラマラスボディーのストレートタイプは、クラス感のあるしっかりした素材の正統派ドレスで、ドレープや刺繍等の繊細な装飾はあまりない方が似合う可能性が高いです。

ウェーブタイプ

身体全体が薄く、華奢な印象を与えるウェーブタイプ。
フェミニンさやキュートなイメージがしっくりくるのがウェーブタイプの特徴です。
芸能人で言うと、神田うのさん、桐谷美玲さん、佐々木希さんなど。

全身のバランスとしては上半身が華奢なぶん、下半身にボリュームが出やすいことも。
そんなウェーブタイプにおすすめのドレスの形は、Aライン、ボリュームライン、エンパイア、マーメイドのほかミニ丈です♡

甘いテイストを得意とするウェーブタイプは、シンプルだとかえって物足りない印象を与えがち。
「足し算」を意識して、全体的に繊細な刺繍が施されたデザインや、ふんわりとしたスカートなどがおすすめです。
首が長く、鎖骨や肩甲骨が華奢なウェーブタイプは、キラキラしたビスチェタイプやふんわりと透け感のあるシフォン素材をまとうことで、魅力を強調できます♪
ウェーブタイプに合う素材は、サテン、タフタ、シフォン、チュール、オーガンジー、ジョーゼットです。

パリっとした質感の感じられるドレスよりも、フワフワ、ふんわり、キュート、スイートといった印象を受けるドレスがおすすめでしょう♪

ナチュラルタイプ

手足のパーツがはっきりとしていて、骨格によるシャープなフレーム感のあるボディーがナチュラルタイプの特徴。
肉感的なものを感じさせないため、普段着ならスタイリッシュなラインやユニセックスなファッションが得意です。
ウェディングドレスも正統派というよりは、ナチュラル感のある素材やラインが似合い、個性的なディテールのものも着こなせるのが特徴。
都会的なドレスをスタイリッシュに着こなすのがおすすめです。

芸能人で言うと、蒼井優さんや、中谷美紀さん、天海佑希さんなど。
先鋭的でちょっと個性的だなというデザインや、素材感でもキマるのがナチュラルタイプです♡

普段着テイストのウェディングドレスさえ洗練したドレス姿に仕上がります♪
Aライン、ボリュームライン、スレンダー、エンパイア、マーメイド、ミモレ丈などほぼすべてのラインにマッチします。

素材としても、ミカドシルク、サテン、シフォン、タフタ、チュール、オーガンジー、ジョーゼット、シャンタンなどあらゆる素材が合います♡

ただ各タイプにも似合わないテイストもあるため、ぜひ次項を参考に!

目次に戻る

タイプ別避けたほうが良いドレスは?

タイプ別に似合うドレスがわかったら、似合わないドレス、避けたほうが無難なドレスも気になりますよね。
今度はタイプ別に避けたほうが良いウェディングドレスをご紹介します。

ストレートタイプ

身体全体にハリがあり、リッチな存在感をもつストレートタイプ。
首が短めで胸元にボリューム感があるのも特徴なので、フワフワした素材感のドレスや、細やかな刺繍レースなどの繊細な装飾が施されたものは、ボディーの存在感に負けてしまいがちで不向きかも。

シルエットとしては、エンパイアやミニ丈ミモレ丈は避けたほうがベターです。

また、素材選びが要となるストレートタイプには、シフォンやチュール、オーガンジー、ジョーゼット、シャンタンなどではなく、ミカドシルクなどリッチな光沢があるものを選ぶのがおすすめです。
ただ、オーガンジーやジョーゼットは部分的にだったり、アクセサリーとして使用するのはOKです♪
袖が付いているタイプは肉感的に見えやすいため、すっきり見えるスリーブなしのものや、二の腕をカバーできるロールカラーを選ぶのもおすすめです♡

ウェーブタイプ

年齢を重ねても甘めのコーディネートが楽しめるウェーブタイプ。
スレンダーラインだと華奢さが際立って貧相に見えてしまったり、コンプレックスが余計目立ってしまうこともあるので避けたほうがベターです。

全体的に体が薄く華奢なタイプなので、やわらかなボリューム感のあるドレスやふんわり素材、細やかな刺繍やディテールにこだわりのあるデザインが似合います。

できるだけシフォンやチュール、オーガンジーなどふんわり感を目でも感じられる素材選びで着たいドレスを選ぶと良いでしょう♪
また、ウェーブタイプは素材感さえ合っていれば、デザインの選択肢は幅広く、パフスリーブやフレンチスリーブなどの甘いテイストのスリーブ付きドレスもしっくりくるのが良いところです♡

ナチュラルタイプ

ナチュラルタイプは関節が大きくフレームがしっかりしているのが特徴。
スリーブ付きとなると、七分袖、フレンチスリーブ、パフスリーブなどは身体のしっかりとしたラインが強調されてしまう可能性があるので、避けたほうが無難です。

一方で、なかなか似合う人がいないような個性的なデザインでも着こなせるのが、ナチュラルタイプの強みです。
ストレートタイプに似合う、正統派なものよりヘアもドレスもラフさを少し取り入れた組み合わせがおすすめです。
シルエットでいうと、いずれのライン、素材感もフィットします♡

目次に戻る

骨格タイプ別にウェディングドレスを選ぶコツ

骨格診断をウェディングドレス選びに活用しよう!と思っても、実際に着たいドレスとおすすめのシルエットが合っていないことも…(泣)
そんな時はどうすれば良いのでしょうか。

森本先生に自分の好みと、実際に似合うドレスが異なる場合の、折り合いポイントをお聞きできました♪

  • コツ1:シルエットはそんなにこだわらなくてもOK!似合う似合わないは素材感選びが重要。
  • コツ2:自分の感性だけで考えないこと。
    今回の診断を基に、自分に合うかもしれないなと思うドレスを騙されたと思って実際に着てみよう!
  • コツ3:自分だけでなくフィッティングの際は、パートナーや身近な家族と一緒に行こう!そして写真をいろんな方向から撮ってもらって、後々見返してみることが大切

まず、形で悩みがちなウェディングドレスですが、素材感が変わるだけでガラッと印象は変わるもの。
形ばかりに目がとらわれて、本当に似合う1着を見逃してしまうのはもったいないことです。
騙されたと思って、似合いそうな素材感のドレスを1回でも着てみたら全然印象が変わった!なんてこともありますよ♡

また、ウェディングドレス姿というのはかつてないほど人から360度見られるもの。
いろんな方向から写真を撮ってもらったり、ほかの人にどう映ったかを聞いてみるのは重要です。


結婚式準備はウェディングドレス選びでもとっても時間のかかるもの。
どれも素敵に見えてくると、自分にとっての1番がわからなくなってしまいますよね。
そんな時は、ぜひ今回ご紹介した骨格診断を参考にドレス選びをしてみてくださいね♪

森本のり子先生ホームページ
ドレスデザインをもっと見る

※ 2020年4月 時点の情報を元に構成しています