1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. プロポーズ
  4. プロポーズに婚約指輪は必要?女性たちのホンネ聞いちゃいました

プロポーズに婚約指輪は必要?女性たちのホンネ聞いちゃいました

2020.02.10

男性が指輪の入ったケースをパカッと開け、「結婚してください!」とプロポーズ。
通称「箱パカ」は、ドラマなどでよく見るシーンのひとつですが、実際にプロポーズのときに指輪を渡している男性はどのくらいいるのでしょう。
そのプロポーズは成功している?喜ばれている?
みんなのウェディング会員に、プロポーズと指輪について実際のところを聞いてみました。

プロポーズで指輪を渡すのは、いつから?なぜ?

男性から女性に指輪を贈る習慣は、古代ローマ時代まで遡ります。
当時の婚約指輪は鉄でつくられ、丸い形には「永遠に切れない」という意味が込められていました。

日本で、婚約指輪を贈るようになったのは1960年代
当初は結納のときに真珠の指輪を贈るのが主流でしたが、欧米のライフスタイルが取り入れられるようになり、次第にダイヤモンドの婚約指輪を贈ることが定番になりました。

「男性が女性に贈るもの」というイメージが定着したのは、「婚約指輪は給料の3ヶ月分」で有名なテレビCMの影響と言われています。

目次に戻る

実際にプロポーズで指輪をもらった人は4割!

プロポーズのとき、指輪をもらった先輩花嫁は約4割
ほとんどの方が、もらった指輪に満足して嬉しかったという結果に。
プロポーズ時には指輪を用意するほうがよさそうです。

「プロポーズに指輪なんて必要ない」と思っていた方も、実際に大好きな相手から箱パカされると、驚きもあるのかもしれませんね。

先輩花嫁によると、「大好きな彼が選んだ指輪なら満足」という人が多いので、相手の趣味などを考えながら選べば、喜んでもらえる確率は高そうです。

一方で、もらった指輪にガッカリする方もいて、その理由は、デザインやブランドが自分の好みでなかったというもの。

もし、デザインやブランドについてあまり詳しくない方は、事前にうまく聞いておいたほうがよさそうです。
せっかくの一生もののプレゼントだからこそ、喜んでもらいたいですよね。

目次に戻る

男性が失敗しない指輪選びって?

とはいえ、なかなか選んだり、聞き出すのが難しいという方も多いようです。
先輩花婿に聞いたところ、相手のお気に入りブランドの指輪を事前に準備した方と、自分のセンスで選んだ方の割合はほぼ同じでした。

自分で選んだ方は、

  • 彼女が欲しいと言ったブランドの指輪を覚えていた
  • 自分のセンスで選んだ
  • ストレートに彼女に希望を聞いた
  • ネットでリサーチした
  • 友人に紹介してもらった
  • 知り合いの職人につくってもらった

でしたので、ハードルは高そう。

自分が考えている以上に、相手は指輪にこだわりをもっています。
だから、相手の好きなブランドやデザインを把握していないなら、自分のセンスだけで決めてしまうのは危険かも。

目次に戻る

プロポーズで指輪をもらわなくても大丈夫!一緒に選びたい!が本音

一方で、6割はプロポーズ時に指輪をもらっていないので、実際には用意しなくても。
「渡さなくても大丈夫だろうか?」と思うかもしれませんが、相手も一緒に選びたい!と思っていることが多いようです。

女性
ふたりで一緒に
選びたいから
37.9%
ほしい指輪でなかった
とき困るから
27.2%
指輪に興味が
ないから
12.6%

男性
ふたりで一緒に
選びたいから
64.7%
ほしい指輪でなかった
とき困るから
17.6%
指輪より欲しいものが
あるから
11.8%

せっかくのプレゼントなので、気に入るものにしたいという気持ちが強いようです。
また、結婚指輪のほうが毎日使うということもあり、そちらにお金をかけたい、あるいは、指輪でなくてもいいと思う(ほかのプレゼントでいい)」という方もいます。
もっといえば、そもそも指輪に興味がない方も。

プロポーズのとき、女性が「本当に」欲しいプレゼントBEST3


それぞれのカップルにあった形があると思いますので「箱カパ」だけでない、一番喜ばれるやり方でプロポーズしてみてくださいね。

みんなのウェディング「プロポーズ」に関する調査概要
アンケート方法:インターネット調査
アンケート期間:2019年12月23日(月)~12月27日(金)
対象者:過去3年以内にみんなのウェディングに登録された方
有効回答数:200人

《編集部のおすすめ記事》

※ 2020年1月 時点の情報を元に構成しています