1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 夫婦関係
  4. 夫婦関係がギクシャク…?すれ違いを感じたり変化を感じた時に知っておくべきこと

夫婦関係がギクシャク…?すれ違いを感じたり変化を感じた時に知っておくべきこと

2020.01.29

お互いのことが大好きで結婚しても、毎日一緒に過ごしているとその関係性は変わっていくことも…。
会話の量が少なくなったり、一緒に何かをすることが減ってきたりと、今後の関係性に不安を抱くこともあるかもしれません。
そんな時はお互いの関係をより良く改善するために知っておくべきことを抑えて、関係を見直したり、改善に向けてコミュニケーションをとりましょう!

夫婦関係が変化するのはなぜ?

結婚後も年齢を重ねてからも、大好きなパートナーとはずっと仲良くいたいもの。
では、どうして夫婦関係が変化するのでしょうか?
その理由は、ライフスタイルが変化するから。

結婚してからも、結婚当初とずっと同じ環境でいられることは珍しいですよね。
子どもができたり、家を買ったり、転職したりと数年の間にめまぐるしく変化します。
大きな決断を迫られる機会も多く、そういった転機にあらためて性格や価値観の違いを実感したという夫婦も多いはず。

「子どもが生まれてみたら育児に無関心だった」「家を購入したいと言っていたのに、実際に動き出したら非協力的だった」「転職を否定された」など、相手への不平不満が積もり、愛情や思いやりが減っていくことで夫婦関係も悪化していきます。
次に、夫婦関係が変化した結果現れる具体的な状態をみていきましょう。

目次に戻る

夫婦関係の変化その1:無関心

パートナーへの無関心は、コミュニケーション不足から生まれます。
「期待しても無駄」「何を話してもダメ」と決めつけることで愛情が失われて、相手への関心も希薄になっていきます。
その結果、仮面夫婦でいることが当たり前になってしまったり、パートナーの浮気を招いたりします。

目次に戻る

夫婦関係の変化その2:イライラする

「相手が何をしてもイライラする」のは、相手の言動や行動が自分の理想や価値観とかけ離れているから。
結婚したことで嫌な部分が見えてきたり、自分のライフスタイルが変化することによって、相手のことが生理的に受け付けられなくなることもあります。
イライラすることで相手を否定し、夫婦ケンカが絶えない!なんてことになる可能性も!

目次に戻る

夫婦関係の変化その3:コミュニケーションが減る

長く一緒にいることで、好きな人ではなくいて当たり前な家族のひとりになります。
生活時間帯が異なったり、お互いに興味があることが違えばコミュニケーションはどんどん減っていきます。
スキンシップも減ることで、セックスレスにもなる可能性も。

目次に戻る

夫婦関係を見直すポイント

夫婦関係に変化が訪れたな…と感じつつも、向き合うのが面倒臭かったり自分から折り合いをつけて話し合いを持ちかけるのもな…。
なんて、悩んでしまってなかなか行動に出せないと、どんどん夫婦仲は悪化の一途をたどるかもしれません。
そこで、夫婦関係の現状を見つめ直し、思い当たることがあればぜひ改善に向けて踏み出してみましょう!

夫婦関係の見直しポイント①会話量・内容

夫婦の会話が減ってしまい、気づけば挨拶すら交わさないなんてことになっていませんか?
「口を開くとケンカになる」「相手との会話が楽しくない」そんな理由なら、あなたにも問題があるかもしれません。
自分の話ばかりして相手の話をおろそかにしたり、相手の意見を否定したり批判するのはNGです。

目次に戻る

夫婦関係の見直しポイント②家事・仕事の分担

家事や仕事の負担が片一方にかかっていませんか?
物理的にできないことが問題なのではなく、もっともらしい理由をつけて協力することを拒んでいることが問題!
これでは思いやりが感じられませんよね。

目次に戻る

夫婦関係の見直しポイント③労わりや感謝を言葉にする

いつも一緒にいると、相手が何かをしてくれてもやって当たり前と感じるようになってしまいます。
でも、当たり前ではないですよね。
相手がそばにいて、自分のために何かをしてくれることはとてもありがたいこと。

「言わなくてもわかるでしょ」ではなく、思っているなら言わなければ相手には伝わりません
直接が照れ臭さかったら、メールでもスタンプでもOKなので、何かしらリアクションをすると◎

目次に戻る

夫婦関係の見直しポイント④相手の変化に気づく

コミュニケーション不足の夫婦は、相手の変化に鈍感になりがち。
「会話はないけれどうちは大丈夫」「相手のことは理解してるから大丈夫」と思っていたら突然別居や離婚を宣告され、じつはずっと危機的な状況だったことを後から知るという人も少なくないんです。
何も変わらないように見えていても、人の気持ちや状況は日々変化しています。

目次に戻る

夫婦関係を改善する方法

では、一度悪化してしまった夫婦関係を改善するにはどうしたらよいでしょうか?
次から、今すぐできる改善方法をご紹介します♪

方法①コミュニケーションをよくとる

夫婦の会話がまったくない!というふたりなら、「おはよう」「いってらっしゃい」「おかえりなさい」の挨拶をしっかりしましょう。
挨拶は自己肯定感を育んでくれる大切な要素です。
自分がいることが相手に認められている、気にかけられているということは単純にうれしいことですよね。

コミュニケーション不足が補われることで、相手の変化にも気づきやすくなるはず。
「元気がないな」「なんかちょっとおかしいな」そう思ったら「どうしたの?」「何かあった?」と積極的に声をかけましょう。

方法②感謝の気持ちを素直に伝える

相手が自分のためにしてくれたことには、素直に感謝の気持ちを伝えましょう。
「ありがとう」の言葉ひとつで、自分も相手も優しい気持ちになれるはず。
そういったちょっとした感謝の積み重ねや、仮面夫婦や離婚危機を回避してくれます。

方法③相手の主張を理解しようとしてみる

どんな内容でもまずは相手の話を最後まで聞きましょう。
そして、相手の主張を理解しようとすることが大切。
「ちょっとおかしいな」「それは違うな」と思っても、まずは相手の考えを認めてあげることが大切!
相手に認めてもらえることで気が済んだり、ほかの意見を聞いてみようと、心にも余裕が生まれます。


夫婦関係がギクシャクして、すれ違いや変化を感じた時の状況や、お互いの関係をより良く改善するために見直すべきポイントをご紹介しました。
夫婦関係がこじれてくると、「自分は悪くない」「なんで自分がしなきゃいけないの?」と意地を張りがち。
でも、状況を変えるためには気づいたほうが行動しなければはじまりません。

素直な気持ちで、豊かな夫婦生活を送ってくださいね♪

《編集部のおすすめ記事》

※ 2020年1月 時点の情報を元に構成しています