1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. ウェディングムービー
  4. 結婚式ムービーは時間が大切!種類別上映時間と流すタイミング

結婚式ムービーは時間が大切!種類別上映時間と流すタイミング

2019.11.25

結婚式盛り上げ役として人気の演出、結婚式ムービー 。
構成や内容も重要ですが、じつはムービーの上映時間も大切なポイント!
短すぎると物足りず、逆に長いと飽きてしまい、盛り上げるはずのムービーで盛り下がる結果に、なんてことも!

この記事では、結婚式ムービーの種類別に上映の適切な長さや、ムービーを上映するタイミングをご紹介します。

式の流れとムービーを流すタイミング

まずは基本の結婚式の流れと、それぞれのムービーを流すタイミングをチェックしましょう♪

  • ゲスト入場
  • オープニングムービー上映
  • 新郎新婦入場
  • 挨拶
  • 乾杯
  • プロフィールムービー上映
  • ケーキセレモニー
  • 中座
  • お色直し入場
  • 余興
  • 余興ムービー上映
  • 両親への手紙
  • 記念品贈呈
  • 終わりの挨拶
  • 退場
目次に戻る

オープニングムービー

オープニングムービーはふたりの入場シーンを盛り上げるためのムービー。
そのためゲストが入場して全員が着席した後にムービーがスタートし、ムービーの終了と同時に新郎新婦が入場します。

オープニングムービーの内容

オープニングムービーの目的は、披露宴のスタートと新郎新婦の入場を伝えること。
そのため内容や構成も比較的自由♪
基本の構成は、

  • タイトル(日付+新郎新婦の名前)
  • ゲストへのお礼のことば
  • メッセージや写真
  • カウントダウン

です。
ゲストに「来てくれてありがとう」とお礼の言葉を伝えた後は、プロフィールムービーの代わりにふたりの生い立ちを写真で紹介したり、「楽しんでね」とシンプルなメッセージで締めくくってカウントダウンに入るのもOK。
オリジナリティーあふれる内容にしたい!というふたりは、映画館の上映案内風に披露宴中にしてほしいことをメッセージとして紹介しましょう。

たとえば「いっぱい写真を撮ってください」「新郎新婦に話しかけてください」などを音楽にのせてテロップと映像で紹介するのはいかがでしょうか♪
挙式や前撮りの映像をPV風に組み合わせたムービーでスタイリッシュに登場するのもすてきです♡

所要時間

オープニングムービーの所要時間は1分30秒~3分以内が目安です。
ふたりの登場を待ちわびるゲストの期待が最高潮に高まったタイミングで、ふたりが入場してくるのが理想的!

《編集部のおすすめ記事》

目次に戻る

プロフィールムービー

プロフィールムービーは、ふたりの生い立ちやなれそめを紹介するムービーのこと。
プロフィールムービーを流すタイミングは、ここでなければいけない!ということはありません。
乾杯でゲストが一息ついた後に、司会者さんからのふたりの紹介の代わりとしてムービーを流すのが一般的ですが、お色直し入場を盛り上げる前座としてや、両親への手紙の前に感動を深めるための演出として流すのもおすすめです。

《編集部のおすすめ記事》


プロフィールムービーの内容

プロフィールムービーの内容は、新郎新婦それぞれの誕生~幼少期~学生時代~現在までと、ふたりのなれそめと想い出のエピソードを、実際の写真を使って紹介していくのが一般的。
基本の構成は

  • タイトル 
  • 新郎の紹介(誕生から現在まで)
  • 新婦の紹介(誕生から現在まで)
  • ふたりの写真(出会いから現在まで)
  • ゲストへのメッセージや結婚生活への抱負

と、新郎と新婦を別々の紹介していく形ですが、新郎と新婦の生い立ちをあえて分けず、交互に紹介していくパターンもあります。
結婚式のテーマによって、伝えたい雰囲気も異なることも。
感動的な結婚式にしたかったら、家族とのエピソードや周りの人びとに感謝が伝わるような感動的な内容に。
涙なしの明るい結婚式にしたかったら、楽しかった思い出やエピソードを紹介するような内容がおすすめです。

映像はもちろん、音楽やテロップの使い方で雰囲気がガラリと変わるので、まずはどのシーンで流して、どんな雰囲気にしたいのかを決めましょう! 

所要時間

プロフィールムービーの所要時間は5分~8分が目安。
短すぎるとあっという間に終わってしまい、長すぎるとゲストの集中力が途切れてしまうことも。
プロフィールムービーは、ふたりの過去を知ってもらうことでよりふたりのことを身近に感じてもらい、絆を深める大切な演出。

最後まで観てもらえるように、必ず10分以内には収めましょう。

目次に戻る

余興ムービー

オープニングムービーもプロフィールムービーも新郎新婦が制作するものですが、余興ムービーはゲストがつくるムービー
余興のひとつとして、余興の時間内に上映します。

余興ムービーの内容

余興のムービーの内容は、新郎新婦への祝福のメッセージがメイン。
披露宴に出席できないゲストからのサプライズメッセージや、普段は照れくさくて伝えることができない家族からの本音のメッセージなど、ふたりがあっと驚いて、感動するようなムービーに仕上げます。

スケッチブックリレーのようにたくさんの人からメッセージを集めるのもいいですが、ふたりと1番仲の良いゲストから新郎新婦の人柄が伝わるエピソードをインタビューして、ドキュメンタリーふうに仕上げる余興ムービーもおすすめです。   

所要時間

余興ムービーはほかの余興と同様10分以内で収めましょう! テロップや紙に書かれたメッセージを流していくだけの映像は単調になりがち。
あまりダラダラと流さず、短めに編集するのが◎

10分間しっかりと観てもらいたい場合には、間に映像を入れたり起承転結のあるストーリー仕立てにすることで、最後まで飽きずに観てもらうことができますよ。


結婚式ムービーの種類別に適切な長さや、ムービーを上映するタイミングをご紹介しました。
所要時間を参考に、ゲストの心に残るムービーをつくってくださいね♪

《編集部のおすすめ記事》

※ 2019年11月 時点の情報を元に構成しています