1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式の種類
  4. 写真だけの結婚式だったけど人前式もできちゃいました!その方法とは?

写真だけの結婚式だったけど人前式もできちゃいました!その方法とは?

2020.01.17

母子家庭で育った新婦。けして裕福ではない生活の中、母は毎日必死に働いて養ってくれました。これ以上、金銭的な負担をかけたくない、披露宴なんて贅沢しなくても彼と結婚できればそれでいい・・・。
そんな風に思っている新婦に魔法のような1日が始まります。

実際にあった結婚式感動エピソードシリーズ。今回は、母子家庭で育った新婦へ、新郎からの素敵なサプライズが執り行われます。
はたして、どんなサプライズが行われたのでしょうか?


ブライダルフェアでの出会い

私はこのカップルとブライダルフェアで出会いました。 模擬挙式、ドレス、演出商品の紹介、相談会などのあるフェアでしたが、このお二人はドレスを見にやって来たようでした。

「模擬挙式には感動したけど、お金をかけたくないのでドレスを着て写真撮影と、友人だけの二次会を希望」とのこと。
ですが、新郎は知っていました。新婦がうっとりするような目で模擬挙式を眺めていたこと、そして本当は母とバージョンロードを歩きたいと思っていることを。


打ち合わせ

新婦がドレスの試着をしている間に、私は新郎から「本当は新婦は結婚式や披露宴がしたいと思っているのではないか」という話をお聞きしました。

そこで、私は新郎にあるサプライズを提案をしました。二次会の前にその会場で人前式を行うのです。
人前式とは神様に結婚を誓うのではなく、列席者の方の前で結婚を誓い二人の永遠の愛を承認してもらう、というとてもハートフルで心温まる結婚式です。

二次会の幹事の方にも協力をしてもらい、当日に向けての打ち合わせをしました。


当日

いよいよ当日。
新郎新婦の入場から二次会がスタートすると思っていた新婦、何か様子が違うことに気づきます。

新郎は会場の中に、そして新婦のお母様がスタンバイをしています。
そして会場の中に入ると、バージンロードに見立てた赤いカーペット。そしてそのカーペットの横には友人達がバラの花を持って立っていました。

まずはお母さんと二人で赤いカーペットの上を歩きます。ここではじめて挙式をサプライズプレゼントしてくれたのだということに気づいたのです。

バージンロードは花嫁の人生そのもの。
生まれた時から今まで一生懸命育ててくれた母との思い出がこみ上げてきます。朝から晩まで仕事をしていた母、それでも学校行事には必ず顔を出してくれました。誕生日やクリスマスも二人でお祝いしました。

沢山の母との思い出が浮かび新婦は涙が止まりません。

そして母から新郎へバトンタッチ。
新郎は周りの友人が持っているばらの花を受け取りながら進んでいきます。

ブーケブートニアの儀式です。
友人から受け取ったばらの花を花束にして新婦にプレゼントしプロポーズし、OKの合図に花束の中から一輪を新郎の胸ポケットへ挿します。

新郎のご両親と新婦のお母様、そして仲の良いお友達に囲まれての人前式がスタートしました。

  • 誓いの言葉
  • 指輪交換
  • ウェディングキス
  • 承認の儀

と、人前式が進み新郎新婦が祝福のシャボン玉が舞い温かい拍手に包まれながら退場し、サプライズ人前式は大成功です!


まさか挙式ができるなんて

普通の二次会だと思っていたのに、こんなに素敵な人前式が準備されていたのか、と大感激の新婦。新婦のお母様にとっても、とても心に残る素敵な式に参加できて良かったと喜んで頂けました。


挙式や披露宴を行うと予算がかかってしまいますが、今回は二次会会場でも人前式が出来る場所を選んで行いましたので、比較的安価に人前式と二次会を行うことが出来ました。

今はお子さんも生まれ、記念日にはこの人前式を行った会場で家族で食事をしているそうです。

※ 2016年3月 時点の情報を元に構成しています