1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. ゲスト
  4. 結婚式のご祝儀袋<書き方・選び方・金額の相場>マナー

結婚式のご祝儀袋<書き方・選び方・金額の相場>マナー

2019.12.18

結婚式に招待された時、ご祝儀袋ってどう書いたらいいか分からないという方もいると思います。

そこで、祝儀袋の書き方、選び方、ご祝儀の相場など、ご祝儀にまつわるマナーをご紹介します。

水引きは必ず「結び切り」!金額に合わせたご祝儀袋を選ぼう

結婚式は一度きりが望ましいとされるため、ご祝儀袋には「結び直すことのない」結び切りの水引きがついたものを使うのがマナー。

また、ご祝儀袋も中に入れる金額に合わせて選びましょう。
見た目の豪華さに惹かれて、袋だけ高価なものにするのはNG。
目安として「中に入れる金額の1/100くらいの値段のもの」を選ぶのがよいとされています。


目次に戻る

お札の向きや枚数にもきちんとこだわって!

ご祝儀の相場は、新郎新婦との間柄などによっても異なりますが、一般的に三万円が相場とされています。
慶事では奇数は「割り切れない」の意で吉とされており、お祝い金も偶数は避けられてきましたが、最近は二万円を「ペア」ととらえ、縁起のよいものとする風習もでてきました。
この場合は一万円一枚、五千円二枚、などとし、お札の枚数が三枚になるように、向きも揃えて入れましょう。

もちろん、これらのお札を新札で用意しておくことは必須です。


目次に戻る

表書き・中袋も丁寧に!渡し終えるまでがご祝儀マナー!

表書きを筆字で書くこと、金額の数字は難しい漢字(万は萬、三は参、など)で書くこと、などもまさに基本の「キ」。
中袋は、ペン字でもかまわないのできちんと住所や名前を書きましょう。

ご祝儀はそのまま持ち歩かず、ふくさを用意して。

受付で渡すときは「このたびはまことにおめでとうございます」と、はなむけの言葉を添えることができると、とっても丁寧でスマートですね。


『結婚披露宴』という正式な場だと緊張しちゃうし、まして子連れだと色々気を使って焦ってしまいますよね。
ギリギリに用意するとうっかりミスをしてしまいがちです。ご祝儀は余裕をもって準備しましょうね♪

みんなのウェディング相談デスク

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています