1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 夫婦関係
  4. 結婚記念日の数え名称&選びたいおすすめのプレゼント

結婚記念日の数え名称&選びたいおすすめのプレゼント

2020.01.31

結婚記念日には、メッセージとともにプレゼントを贈り合うと素敵です。

結婚25周年を「銀婚式」と呼びますが、その他の年の名称とおすすめの結婚記念日プレゼントをご紹介します。

1.結婚記念日の名称と贈り物

結婚記念日とは、お互いが夫婦として重ねてきた日々を、感謝をもって振り返りつつ、また気持ちをあらたにする日ではないでしょうか。

日常に追われてなかなかお互いの気持ちを伝えられていないと感じる場合も、結婚記念日をきっかけに話し合ってみるとよいですね。

そして、いまさら気持ちを伝えあうなんて…などと、少し煮詰まってしまったカップルこそ、ぜひ今年はプレゼントを準備して、思いもあらたに結婚記念日を迎えましょう。

◆結婚記念日には名称がある

結婚25周年を「銀婚式」と呼ぶことは知られていますが、ほかにもお祝い名称があることをご存じですか?

これは主にイギリスの習慣からきたもので、結婚式からの経過年数によって名称があり、15年目までは1年単位、以後は5年単位で祝うとされています。

  • 結婚1周年:紙婚式

  • 結婚2周年:綿婚式

  • 結婚3周年:革婚式

  • 結婚4周年:花婚式

  • 結婚5周年:木婚式

  • 結婚6周年:鉄婚式

  • 結婚7周年:銅婚式

  • 結婚8周年:青銅婚式

  • 結婚9周年:陶器婚式

  • 結婚10周年:錫婚式

  • 結婚11周年:鋼鉄婚式

  • 結婚12周年:絹婚式

  • 結婚13周年:レース婚式

  • 結婚14周年:象牙婚式

  • 結婚15周年:水晶婚式

  • 結婚20周年:磁器婚式

  • 結婚25周年:銀婚式

  • 結婚30周年:真珠婚式

  • 結婚35周年:サンゴ婚式

  • 結婚40周年:ルビー婚式

  • 結婚45周年:サファイア婚式

  • 結婚50周年:金婚式

  • 結婚55周年:エメラルド婚式

  • 結婚60周年:ダイヤモンド婚式

  • 結婚70周年:ダイヤモンド婚式

結婚年数の浅いうちは比較的お手軽な価格帯で、柔らかく日常的な物から始まり、年数を重ねるごとに高価で硬い貴重品へと名称が変化していくところに特徴があります。

その名にふさわしい贈り物を夫婦間で贈り合っても素敵ですね。


◆男性・女性別 人気の贈り物は!?

結婚記念日のプレゼントとしては、記念日の名称にちなんだプレゼントを贈ることでもよいですし、なによりも本人の好みにあったものを贈り合うことが、一番よいかもしれません。

そのなかでも、次のようなものがプレゼントとして人気があるようです。
もし、何を贈ろうか、迷ったときの参考にしてみてくださいね。

◆男性向け

  • ワイシャツ、ネクタイ:実用性重視で喜ばれるでしょう。

  • 財布、カードケース:こだわりや使いやすさ重視のプレゼントですね。

  • お酒:記念日にはワンランクアップした銘柄をプレゼントしてはいかがでしょうか。

  • 時計:節目の年には、すこし高価な時計を贈ると記念になりますね。

◆女性向け

指輪
「結婚10周年=スイートテン」に代表される、節目の年の高価なプレゼントですね。

アクセサリー
節目の年以外はお手頃価格のアクセサリーで気持ちを伝えましょう。

革製品・小物
ブランドバッグには手が届かなくても、小物ならば大丈夫かもしれません。

プリザーブドフラワー
枯れずに記念に残る花束として人気です。

男性向けよりも女性向けのプレゼントのほうが「高価」なイメージがあるかもしれません。

しかし、一番大切なのは、お互いへの気持ちです。 毎年のことですから、無理をせず、続けていくことが大切なのではないでしょうか。


目次に戻る

2.素敵な贈り方

結婚記念日といっても、毎年決まって休日!というカップルよりも、平日に巡ってくる可能性があるカップルのほうが多いのではないでしょうか?

結婚記念日が平日であった年の場合は、日常の忙しさに紛れて、なおさら特別感が薄れてしまいがちです。
そのようなカップルこそ、ちょっと違った特別な日をむかえることをおすすめします。

子どものいないカップルであれば、

・レストランを予約する
・映画やコンサートに行く
・旅行にでかける

など、外出・宿泊を伴う「デート」企画が可能です。

お店を予約していることを内緒にして、外で待ち合わせてサプライズ!なども素敵ですね。
もちろんプレゼントも忘れずに。

一方、子どもがいるカップルは、なかなかふたりだけで外出するチャンスを作れないかもしれません。

しかし、もし子どもを数時間でも預けることが可能であれば、ふたりだけでランチにでかけたり、映画やコンサートに行ってみてはいかがでしょうか?

外出がむずかしい場合には、結婚記念日当日にサプライズでプレゼントを手配するという方法もあります。


ぜひ、思い出に残る結婚記念日の過し方を考えてみてくださいね。


<関連記事>

※ 2016年7月 時点の情報を元に構成しています