1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 入籍・婚姻届
  4. ダーリンは外国人!国際結婚の手続き、方法など

ダーリンは外国人!国際結婚の手続き、方法など

2020.01.31

パートナーが外国籍である国際結婚では、日本の法律だけでなく、パートナーの国の法律にも従った手続方法が必要です。

たとえばパートナーの国での結婚を成立させるには、日本での「結婚証明書」が必要になるなど、きちんと調べて手続きをすることが大切です。

そこで今回は、ダーリンは外国人!国際結婚の手続方法をご紹介しましょう。


1.日本で手続き?海外で手続き?

国際結婚では、手続きをどこでするかによって手続きの方法や必要な書類が異なってきます。

日本で外国籍パートナーと結婚手続きをする

日本の役所に婚姻届を出し、外国籍パートナー国(在日大使館・領事館)にも届け出をします。

この場合は、

・日本の役所が先か

・外国籍パートナー国(在日大使館・領事館)が先か

によって提出するべき書類が異なりますし、また国によっては「必ず先に日本の役所での手続きが必要」になることもあるので、注意が必要です。

海外で外国籍パートナーと結婚手続きをする

まず、外国籍パートナー国の公的機関において手続きをとります。

その際、日本人は

・日本の役所が発行した「結婚要件具備証明書」

・パスポート

その他、必要とされる追加の公的書類をそろえて提出します。

そして、外国籍パートナー国で婚姻が成立したあとは、

・「婚姻証明書」と日本の婚姻届を在外日本大使館・領事館に直接提出する

・自分たちで日本の本籍地に郵送

のどちらかの手続きをします。

外国籍パートナー国で婚姻が成立してから3ケ月以内に届出をしなければ処罰の対象となるので、必ず期限を守るようにしましょう。

なお、海外の大使館・領事館に提出された婚姻届は、自分で直接郵送しなくても、その後きちんと日本の本籍地に郵送され、届出者の新しい戸籍が作られます。

目次に戻る

2.日本で手続きする場合の届け先

日本で外国籍パートナーと結婚する手続きは、

1.最初に日本の役所に婚姻届を出し、後で外国籍パートナー国(在日大使館・領事館)に届出をする。

2.最初に外国籍パートナー国の在日大使館または領事館で届出をし、その後日本の役場に届出をする。

という2通りの方法があります。

【最初に日本の役所に国際結婚を届け出するケース】

住んでいる地域の役所へ婚姻届とともに、

・日本人の戸籍謄本

・外国籍パートナーの結婚要件具備証明書

その他、届け出をする役所から事前に指示された書類がある場合には、それとあわせて提出します。

なお、例えば「結婚要件具備証明書」などが外国語の書類である場合には、日本語に翻訳した書類も一緒に提出します(本人が翻訳してもOK)。

万が一、提出書類に法的に不備があると「預かり扱い」となり、数ヶ月以内に法務省からの出頭要請により事情を説明しなくてはなりません。

そのようなことにならないように、婚姻届を提出する前に、「どのような書類が必要か」「記載されるべき内容は何か」、など、役所に確認をしておきましょう。

【最初に外国籍パートナー国の大使館・領事館に届け出する場合】

外国籍パートナー国の大使館や領事館で指定の手続きを行い、外国籍パートナーの国での婚姻を成立させます。

その後、3ケ月以内に外国籍パートナーの国が発行した「婚姻証明書」とその日本語訳を添えて日本の役所に婚姻届を提出します。

パートナーの国籍によっては、先ず日本の役所での婚姻届の受理が必要なこともあるので、必ず確認しましょう。

なお、日本の法律では日本の役所に婚姻届を提出しなければ婚姻は成立しません。
パートナーの大使館や領事館で手続きを済ませても、自動的には結婚したことにはならないので気をつけましょう。

目次に戻る

3.苗字などはどうなるの?

苗字を日本戸籍上のままにするケースと外国籍パートナーの苗字に変更するケースでは手続きが異なります。

【日本名をそのままにするケース】

変更届を出さなければ日本国籍上の苗字のままです。
またパスポートには()内に外国籍パートナーの苗字を付けることもできます。

子どもが生まれた場合には、出生届を外国姓で登録しても、子どもの日本戸籍上は日本の苗字となり、2つの姓を持つこととなります。

国際結婚カップルの多くは、こちらの方法をとっていて、いわゆる夫婦別姓が認められています。

【日本戸籍上の苗字を変えるケース】

婚姻届とともに、結婚後6ケ月以内に在外日本大使館または領事館で変更手続きをします。

この場合、苗字の戸籍表記はカタカナになります。

6ケ月以降過ぎてしまうと、日本の家庭裁判所で手続きが必要となりますが、時間もかかりとても手間がかかります。

苗字の変更を検討している場合には、6ヶ月以内に手続きしたほうがよさそうです。

目次に戻る

4.まとめ

国際結婚に際しては、書類の提出先によって、提出するべき書類や手順が異なってきます。
一見複雑そうにみえますが、最初にきちんと調べて、提出先に確認しながら手続きを行っていけば大丈夫。

なお、海外から書類をそろえる場合には、不備がないかチェックをしておくことが必須です。
しっかりと落ち着いて書類をそろえて、晴れて手続きクリア!できるようにがんばりましょうね。

みんなのウェディング相談デスク

※ 2016年8月 時点の情報を元に構成しています