1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 披露宴演出
  4. ブライダルシャワーって何?? 流行りの結婚式演出を行う際の段取りとは

ブライダルシャワーって何?? 流行りの結婚式演出を行う際の段取りとは

2020.11.02

近年では結婚をより盛り上げるために、結婚式の演出に海外の習慣が取り入れられることが増えています。
特に、海外では結婚式の「前」にも花嫁の結婚を祝う演出があります。その一つがブライダルシャワー。 海外ドラマや映画で、花嫁とその友人たちがおしゃれをして集まり女子トークに花を咲かせるシーン…一度は見たことがあるのではないでしょうか。日本でも最近は注目され始め、インスタグラムで「#ブライダルシャワー」で盛り上がっている様子の投稿も増えています。

そこでこの「ブライダルシャワー」について詳しくご紹介します。

ブライダルシャワーとは花嫁と親しい女友達による"女性限定の結婚前祝いパーティー"

ブライダルシャワーとは結婚する花嫁を友人たちが祝福する、欧米では一般的な結婚前祝いパーティーです。

ポイントは、参加者は女性のみという点。
花嫁へのプレゼントを持ちより、お茶やお酒、スイーツやごはんを楽しみながら、ガールズトークに花を咲かせます。

ブライダルシャワーはテーマやコンセプトを決めて開催することもあり、それに沿ったドレスコードや、お部屋の装飾を施して盛り上がります。

目次に戻る

ブライダルシャワーを幹事として企画するのは誰?

欧米ではブライダルシャワーの企画をする幹事は、ブライズメイドとなる花嫁の姉妹・従姉妹や親しい未婚の友人などが担うことが多いようです。
ブライズメイドとは、結婚式で花嫁のサポート役して花嫁に寄り添う女性たちのこと。ですが、ブライズメイドがいない場合、決まってない場合、あるいはブライズメイトでなくても、ブライダルシャワーは誰が企画してもOK!
親しい友人同士で企画して、花嫁にプレゼントするのもいいですね。

目次に戻る

ブライダルシャワーを開催する時期はいつ?

欧米ではブライダルシャワーが行われる時期は、一般的に結婚式の2ヶ月前から2週間前といわれています。

欧米ではブライズメイドが全面的に結婚式までの計画に関わることが多いため、ブライダルシャワーは、結婚式に続く演出の一環として自然に予定されることが多いよう。
一方、日本での結婚式は、新郎新婦が主として結婚式場のプランナーと計画をたてていくことが多く、欧米とは結婚式への準備体制が異なっています。特に、結婚式の2ヶ月前から2週間前は、新郎新婦にとって、ちょうど結婚式準備がとても忙しくなっている時期でもあります。 驚かせてあげたいあまりに、結婚式の直前に声をかけても、忙しかったり疲れたりしていてパーティーを開くこと自体が難しい…ということもあり得ます。
厳密に期間が決められているわけではないため、早めの時期から「みんなでお祝いをしたいんだけど」と相談して、新婦に予定をあけておいてもらったほうがよいでしょう。

ちなみに、同じく欧米で行われている女性限定の前祝いパーティに「バチェロレッテパーティー」というものもあります。
こちらは花嫁が独身最後の夜に羽目を外してはしゃぐという目的で、結婚式前夜に行われることが多いようです。

目次に戻る

ブライダルシャワーを開催する場所は?

欧米ではブライズメイドの自宅やレストランで行われることが多いようですが、厳密な決まりはありません。

お部屋をかわいく装飾したり、まわりに気兼ねなくおしゃべりを楽しむには、主催者や友人の自宅や、ホテルの一室を借りて行うのがおすすめ!
最近では、レンタルスペースやパーティスペースを借りて行う人も増えています。

目次に戻る

ブライダルシャワーのプレゼントは?

参加者が持ち寄った「新婦の新婚生活に役立つ」プレゼントを花嫁が順に開け、盛り上がります。

ブライダルシャワーのプレゼントとしては、
・美しい妻であり続けるために…化粧品
・いつもおいしい料理をつくれるように…調理道具
・お部屋でも可愛くいられるように…ルームウエア
・ちょっとセクシーに…ランジェリー
など、新婦が新婚生活で使うものを選うことが多いようです。

目次に戻る

ブライダルシャワーの費用は誰が支払う?

欧米では「ご祝儀」の習慣がなく、そのかわりに、「プレゼント」を贈ることが一般的のようです。
ブライダルシャワーも「お祝いのプレゼント」として、当然ブライズメイドはじめ、親しい友人たちの費用負担になります。

ブライダルシャワーの費用を友人たちで負担することを考えると、日本では別に結婚式のご祝儀の負担がありますし、お金をかける方法はあまり現実的ではないかもしれません。
もし会場を借りることで費用が発生するのであればプレゼントは少なめにする…など、負担がかからないように調整するのがよいでしょう。

プレゼントを贈るパーティーというよりは、ガールズトークを目的とする、「気軽で楽しいお祝いのパーティー」という位置付けのほうが、メンバー全員負担なく参加できるかもしれませんね。

目次に戻る

ブライダルシャワー開催の段取り

ブライダルシャワーは、ブライズメイドをはじめ、 花嫁の親しい友人たちが主体となって企画します。
サプライズ的に演出することも可能です。友人たちでしっかり話し合って盛り上がるパーティにしましょう。

1.日程を決める

新婦から何日か候補を挙げてもらい、参加する友人たちの都合を合わせて決定します。

2.会場を決める

誰かの自宅にするかレストランにするか、ホテルやパーティルームを借りるのか…企画する側にとって負担のない場所にしましょう。
屋外でのピクニック企画も楽しいかもしれませんね。

3.テーマを決める

ブライダルシャワーは、テーマを決めるとより盛り上がります!
・新婦が好きな色を「テーマカラー」にした会場装飾
・おそろいのスタイル(例:ゆかた)を「ドレスコード」に
・全員一品「スイーツ持ち寄り!」
など、友人たちと盛り上がるテーマやコンセプトを考えてみましょう。

4.食事や装飾の準備をする

決めたテーマにそって、スイーツやおつまみ、ドリンクを手配します。会場の装飾も忘れずに。参加メンバーで分担して手配できるといいですね。
持ち寄るプレゼントについても、おおよその金額や内容が重ならないように、事前に相談しておくことをおすすめします。

目次に戻る

ブライダルシャワーで花嫁に素敵な想い出をプレゼントしては?

これから日本でも広まっていきそうなブライダルシャワー。
コロナ禍にあって、結婚式や披露宴を家族や親族のみに切り替えぜるを得ないなど、落ち込む花嫁のために、女友達で実施するというのもとても素敵な想い出になりますよね。

そもそも、花嫁にとっては、結婚式や披露宴ではなかなか友人たちと話せる時間が少ないため、親しい友人とじっくり話ができる機会があるうのはとっても嬉しいこと!

インスタグラムでも「#ブライダルシャワー」で盛り上がっている写真がたくさん投稿されています。みんなでおしゃれして集まり、可愛い装飾とおいしい食べ物…記念写真もたくさん撮って楽しみたいですね。

一方、日本で行うには、費用的にも、時期的にも、新婦をはじめ全員が無理のない範囲で計画し実行することがポイントかもしれません。

ぜひとも親しい友人と一緒に、楽しい結婚の思い出の1シーンを作り上げてみてはいかがでしょうか?

※ 2020年10月 時点の情報を元に構成しています