1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 内祝い
  4. 結婚式にもらった祝電・電報、終わった後の取り扱い方法は?

結婚式にもらった祝電・電報、終わった後の取り扱い方法は?

2019.12.26

結婚式には、出席していない友人・同僚などから結婚祝いのメッセージとして祝電が贈られる習慣があります。
現在の電報の種類はさまざまで、ぬいぐるみやバルーンが付くものがあります。

しかし、新郎新婦は付属品の処分に困ることがあるようです。

そこで今回は、お祝いの想いは残す物?祝電の結婚式が終わった後の取扱いについて、ご紹介しましょう。

1.結婚式における祝電

結婚式にお祝いのメッセージとして新郎新婦、また新郎新婦の両親などに宛てて祝電を送る習慣があります。

招待されたけれど遠方で出席できなかった方や、職場の多くの同僚たちなど招待されてはいないけれどお祝いの気持ちを届けたい、という方たちが利用する電報のサービスです。

現在は結婚式向けとして、本当にたくさんの電報の種類があります。

バルーン付き電報

ぬいぐるみ付き電報

プリザーブドフラワー付き電報

七宝焼き飾り電報

など、そのほかにも様々あって、「祝電を贈ろう!」と思ったところ、あまりの種類に迷ってしまった!という声も聞かれるくらいです。

バルーンは会場に飾ると、その場の雰囲気を華やかにすることができますし、ぬいぐるみは記念に残るでしょう。

プリザーブドフラワーを新郎新婦は新居に飾ることもできますし、七宝焼きは格調高いものですね。

しかしながら、新郎新婦の状況や好み、新居の雰囲気によっては、まったくフィットしないものになりかねません。

例えばバルーン電報は、結婚式場や二次会会場では、その場を華やかに飾ることができますが、新郎新婦が持ち帰るためには段ボールにしまわないといけません。

なにより「おめでたい頂き物」でもあり、処分に困ってしまうものです。

そこで、いただいた電報・祝電の結婚式後の取り扱い例をご紹介します!


目次に戻る

2.タイプ別の扱い方

贈られた電報がたくさん!という新郎新婦にとっては、たとえ趣味にあったものであっても、バルーンがいくつも、ぬいぐるみが何体もあれば保管場所に困るでしょう。

縁起ものは、すぐに捨てるにはしのびないもの。 では、どのようにすると、保管の場所をとらず、スマートに解決することができるのでしょうか?

ぬいぐるみはお子様に

もし会場ゲストにお子様がいるならば、その場でサプライズの贈り物として、電報についてきたぬいぐるみをプレゼントしてもよいかもしれませんね。

あるいは、もし保管しておけるのであれば、将来のふたりの子どもへのプレゼントとして、大切にとっておいても素敵です。

バルーンは会場装飾に

バルーン電報は、披露宴会場や二次会会場を華やかにするため、贈る側が選ぶ人気の祝電タイプのようです。

一方、新郎新婦が持ち帰るには、ちょっとかさばってしまって大変です。

バルーンについては、

・後日、新居に贈り届けてもらう(段ボール入り)

・新居でしばらく飾る

・中のヘリウムガスを抜いて、たたむ

など、贈ってくださった方のお祝いの気持ちをありがたく味わいましょう。

プリザーブドフラワー&七宝焼き

枯れない花として、プリザーブドフラワーは贈り物として最適です。
玄関先やリビングに飾っておくこともできますね。

七宝焼きの電報は、その後フレームだけを利用できる場合もあります。
結婚の記念のインテリアとして、素敵ですね。

やはり処分する場合は

お祝いの気持ちをありがたくいただいた上で、やはり保管は難しい…という場合は、は何らかの形で処分を考えなくてはなりませんね。

まず、そのまま捨ててしまうのではなく、贈って下さった方の気持ちを考えて、

・バルーンやぬいぐるみなどの付属品をデジカメなど映像に残す

・電報そのものも、残さない場合はデジカメなど映像に残す

などの配慮は必要でしょう。

そのうえで、処分するならば、

・神社でおたきあげをする

などの方法もあります。

これは、縁起ものなど、そのものに気持ちが込められている場合に、感謝の気持ちをこめて神社に託す方法です。

そのほか、ゴミとして処分する場合も、そのまま直にゴミ袋に入れるのではなく、

・きれいに包む

などして、感謝の気持ちを忘れないことが大切でしょう。


いただいたお祝いの気持ちなので、失礼のないように対処したいですね。

※ 2016年8月 時点の情報を元に構成しています