1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式招待状
  4. 結婚式の招待状を兄弟姉妹に送る際のマナーや注意点

結婚式の招待状を兄弟姉妹に送る際のマナーや注意点

2019.06.09

結婚式の招待状を送る相手は、職場関係や友人だけではありません。

親族などの身内も「お客様」として招待状を送る対象ですが、なかでも兄弟姉妹は「家族」。さまざまなことが他のゲストよりも後回しになりがちですが、家族なりのマナーがあるようです。

【目次】

  • 1.そもそも新郎新婦の「家族」に招待状は必要か?
  • 2.独身の兄弟姉妹の場合の招待状の有無や書き方
  • 3.既婚の兄弟姉妹の場合の招待状の有無や書き方

1.そもそも新郎新婦の「家族」に招待状は必要か?

結婚式の招待状は、「お招きするゲスト」に対して送るものです。

両親や兄弟姉妹など「家族」は、主催者が両親であっても新郎新婦であっても、そもそも「身内」で「招く側」であって「ゲスト」ではない、という考え方があります。

それに加えて、家族は新郎新婦が結婚することについて当事者側として当然知っているはずですから、あらためて招待状を送るなど「他人行儀」なことはしなくてもよい、節約という面からも無駄になる、という現実もあるでしょう。

ただし、招待状には、 日時、場所、施設や設備の案内 の情報が掲載されています。

親戚や知り合いからの問い合わせを受ける可能性を考えて、家族(特に両親)側にも招待状一式を用意しておいたほうが便利なことが多いようです。

さて、兄弟姉妹が独身の場合と既婚の場合では、招待状を用意するかどうか、少し事情が異なるようです。

次にご紹介していきましょう。

2.独身の兄弟姉妹の場合の招待状の有無や書き方

招待状の準備の考え方は、それぞれの家庭によって判断が異なるところなので、基本的には、両親に確認したうえで、独身の兄弟姉妹に招待状を用意するかどうかを決めたほうがスムーズです。

一般的には、独身の兄弟姉妹の場合、両親と同居しているか、独立しているかによって、用意する(送る)かどうかの判断をすることが多いようです。

また、「一招待状につき、一御祝儀」という考え方もあり、独身の兄弟姉妹がご祝儀を出すかどうかによっても判断が変わるようです。

さらに、招待状の差出人によっても変わります。

新郎新婦親が差出人の招待状

必要に応じて兄弟姉妹宛の招待状を用意。

独立していて、遠方に住んでいる兄弟姉妹には別途用意する(送る)場合あり。

新郎新婦が差出人の招待状

必要に応じて両親と兄弟姉妹との連名の招待状を用意。

独立していて、遠方に住んでいる兄弟姉妹には別途用意する(送る)場合あり。 そのうえで、

兄弟姉妹に招待状を用意する(送る)場合(特に主催者が新郎新婦)、 両親との連名は、以下のように書きます。

「○○ ○男 様 (父親名)
    ○子 様 (母親名)
    ○○ 様 (兄弟姉妹名)」

母親には「令夫人」との表記は使用せず、名前を書きます。 住所は、送付の場合は必要ですが、手渡しする場合は不要です。

独立している兄弟姉妹には、

兄弟姉妹宛に
「○○ ○○ 様(兄弟姉妹名)」

と書きます。

同居であっても別途招待状が必要と判断した場合も、この書き方をします。

住所は、送付の場合は必要ですが、手渡しする場合は不要です。

3.既婚の兄弟姉妹の場合の招待状の有無や書き方

一方、既婚の兄弟姉妹に対しては、すでに別世帯を構えているため、招待状を別途用意する(送る)ことが一般的です。

両親と兄弟姉妹一家が同居している場合でも、招待状は世帯ごとに用意します。

ただし、家族によって考え方は異なるため、両親と兄弟姉妹は同居あるいは二世帯住宅だから招待状は一通のみ、兄弟姉妹は当然出席するのだから招待状は不要など、各家庭の事情に応じて判断したほうがよいでしょう。

そのうえで、
既婚の兄弟姉妹に招待状を用意する(送る)場合は、夫婦宛には以下のように書きます。

「○○ ○男 様
 (兄弟あるいは義兄弟名)
    ○子 様 
(義姉妹あるいは姉妹名)」

また、その兄弟姉妹夫婦の子どもも出席する場合には、以下のように書きます。

「○○ ○男 様 
(兄弟あるいは義兄弟名)
    ○子 様
 (義姉妹あるいは姉妹名)
    ○☆ 様 
(兄弟姉妹の子の名)」

なお、姉妹(義姉妹)には「令夫人」との表記は使用せず、名前を書きます。

さらに、子ども(新郎新婦の甥や姪)の名前もきちんと表記してあげたほうが親切です。

「一人前のゲストとしてお招きされた!」と喜ばれるのではないでしょうか。


《招待状 関連記事》

みんなのウェディング相談デスク

※ 2016年8月 時点の情報を元に構成しています