1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式招待状
  4. 【意外と知らない?】結婚式の招待状の正しい書き方【分類別】

【意外と知らない?】結婚式の招待状の正しい書き方【分類別】

2020.01.27

結婚式の招待状の入れ方には、縦書きと横書きでは、それぞれ決まりがあることをご存じですか?

また、招待状に貼る切手も、結婚式ならではの切手や、ふさわしいデザインを選ぶことが大切です。


1.招待状の入れ方

結婚式の招待状は、縦書きの招待状と横書きの招待状で入れ方に違いがあり、また封筒にも縦型の封筒と横型の封筒があるため、招待状と封筒との組み合わせによって、複数の入れ方が考えられます。

人それぞれ考え方が異なるものなので、両親や式場の担当者にも招待状の入れ方を確認しておくとよいですね。

とはいえ、日本では一般的に、 郵送の場合、封筒の表面(宛名側)と招待状の表を合わせて入れること と、手渡しの場合封をしないので、開けてすぐに招待状の表が見えるように封筒の裏面に招待状の表を合わせて入れること が基本的なルールのようです。

組み合わせ別の入れ方

横型招待状+横書き封筒

招待状の上下と封筒の上下をあわせて入れます。

縦型招待状+縦書き封筒

招待状の上下と封筒の上下をあわせて入れます。封筒の宛名は、封をする側が左になる向きに書きます。

横型招待状+縦書き封筒

招待状の上下と封筒の上下をあわせて入れます。封筒に宛名は、封をする側が左になる向きに書きます。
横型招待状は、横書きの文章の始まる左側を上とします。

縦型招待状+横書き封筒

招待状の上下と横書き封筒の左右と方向をあわせて入れます。

同封するアイテムの入れ方

封筒を郵送するか、手渡しするかによって、招待状の向きが変わります。

すべてのアイテムを挟んでしまうと、招待状の向きによっては、封筒から出したとたんにバラバラに飛び出す可能性があります。

招待状に挟むのは、 依頼する方へのフセン だけにするのがよいでしょう。ちなみに、封入する順番は、ゲストが目を通す順番を意識するとよいでしょう。

<例>
1.招待状(必要に応じてフセンを挟む)
2.会場の地図
3.返信用の出欠ハガキ

体験談
封筒詰めの向きや順番に注意した
■封詰めの向きや順番を考えること、宛名書きは誤字がないように注意しました。
切手の貼り忘れなど、本当に基本的なミスがないか何度も確認しました。
(30代後半女性)

\おしゃれな招待状を注文したい方におすすめ!/

目次に戻る

2.切手の貼り方

切手を貼る位置

封筒を、 タテ向きにしたときには左上にヨコ向きにしたときには右上 に 貼ります。

結婚用の切手

郵便局では「慶事用切手」が販売されています。結婚用の切手としておめでたい柄のデザインの切手です。

料金は普通の切手と同じです。
最近では、きれいな切手であればよいのでは?と考える人が増えてきていますが、年長者は「結婚式には慶事用切手が常識!」と思う方が多いようです。

さまざまなゲスト層が出席する結婚式・披露宴ですから、慶事用切手は一番無難な切手といえるでしょう。

体験談
寿切手を買って貼った
■大安の日に送ったり、手渡しできる人には、直接手渡しをするようにしました。また、寿切手を買って招待状を送りました。(20代後半女性)

体験談
封筒にいれるアイテムによって、重さが変わる!
■筒に入れるものが多かったりすると、90円切手じゃないと届かないこともあります!よく確認した方がいいです。(20代後半女性)

目次に戻る

3.宛名の書き方

個人宛の場合

○○○○様と書きます。

夫婦宛の場合

ご主人の氏名
○○○○様に添えて
「御奥様」「奥様」「令夫人」などと書きます。奥様の名前を書く場合は、親族あるいは親しい場合です。

奥様の名前を書く位置は、縦書きの場合は左側に、横書きの場合は下側に書きます。

本人+家族宛の場合

ご主人の氏名○○○○様に添えて、縦書きの場合は左側に、横書きの場合は下側に「御家族様」と書くのが、最も一般的です。

この書き方で、ご夫婦と子どもたちを招待する宛名となります。
親族に出す場合や子どもの数が少ない場合には家族全員の名前を書いてもよいでしょう。

会社の上司宛の場合

○○会社
代表取締役社長 ○○○○様
のように、縦書きの場合は会社名や部署の左側の一番上、横書きの場合は会社名や部署の下側の一番左 の位置に「役職や肩書き」を書き、「○○○○様」と続けます。

「○○○○部長様」、「○○○○社長様」は二重敬語になるためにNGです。

会社宛ではなく、自宅に送る場合には、普通の個人宛の書き方で差し支えありません。

恩師の先生宛の場合

ゲストの職業が「先生」である場合は、宛名の敬称は「○○○○先生」とします。

なお、肩書きを記す場合には「校長 ○○○○様」のように、「役職や肩書き」を書き、「○○○○様」と続けます。

「○○○○先生様」は二重敬語になるためにNGです。先生の自宅宛に送る場合には普通の個人宛の書き方で差し支えありません。

体験談
宛名などの書き方はプランナーに相談すると安心
■招待状の文章、同封する付箋の内容、宛名の書き方、切手の料金など、気を付けることはたくさんあるので、担当のプランナーに相談するのがベストだと思います。
(20代前半女性)

体験談
宛名書きはかなり大変だった
■宛名書きだけでも、間違えたり綺麗に書けなかったり汚れてしまったりして、かなりやり直ししたので、時間がかかりました。
(20代後半女性)


《関連記事》

\おしゃれな招待状を注文したい方におすすめ!/

※ 2016年8月 時点の情報を元に構成しています