1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚指輪
  4. 結婚指輪のサイズ選びのポイントと体験談

結婚指輪のサイズ選びのポイントと体験談

2021.05.18

結婚指輪のサイズ選びは、きつめのものを選ぶと指輪が抜けないし、ゆるめでは抜ける、など意外と難しいようです。

指のサイズは変わりやすく、将来のサイズ直しを踏まえて選ぶことは重要です。

1.結婚指輪のサイズはよく変わる

みなさんはご自分の指輪のサイズをご存じですか?

普段つけているファッションリングは9号を選んでいたが、結婚指輪を購入しようとお店で測ったところ7号だった、などということはめずらしくありません。

なぜ、このようなことが起こるのでしょうか?

時間帯や体調によってサイズが変わる

靴を選ぶとき、時間帯によっては足のむくみでサイズが変わるように、指も時間帯によってサイズが変わります。

また、妊娠中はむくみやすいなど、体調によっても指の太さは変わります。

なかなか正確なサイズを計測するのは難しいのですが、朝と夕方の2回に分けて指のサイズを測るのがおすすめです。

指輪のデザインによってサイズが変わる

指輪のきつい、ゆるいの感じ方は、指輪の厚みや幅の違いによっても変わってきます。

一般的には、同じサイズであっても、幅が広く太目のリングをきつめに感じ、薄く細めのデザインではゆるくなったように感じると言われています。

ファッションリングは結婚指輪よりも装飾性が高いため、指の実サイズよりも大きめを選んでいる場合が多いようです。

ファッションリングのサイズが結婚指輪のサイズと一致しない可能性も想定しておきましょう。

目次に戻る

2.指のサイズの測り方

サイズの測り方には次の2通りがあります。

手持ちのリングのサイズを測る

実際に手持ちのリングがある場合には、それを元に測る方法があります。 その場合は、リングの直径を測り、サイズを調べます。

自分の指のサイズを測る

この場合は、糸など、巻きつけやすいものを利用して測ります。

  • 指の一番太い部分(第2関節あたり)に糸などを巻きつけます。
    このとき、ゆるすぎず、きつすぎず、指に自然になじむように巻きつけることがポイントです。

  • 巻きつけた糸がぐるっと一周して交わったところに印をつけます。
    測りはじめから印までの間を測りサイズを調べます。

平均的なサイズを次に挙げてみました。
サイズ選びの際の目安にしてみてくださいね。

号数・指まわり(mm)・指輪の内径(mm)
5号・45mm・14.3mm
6号・46.1mm・14.7mm
7号・47.1mm・15mm
8号・48.2mm・15.3mm
9号・49.2mm・15.7mm
10号・50.3mm・16mm
11号・51.3mm・16.3mm
12号・52.4mm・16.7mm
13号・53.4mm・17mm
14号・54.5mm・17.3mm
15号・55.5mm・17.7mm

目次に戻る

指輪のサイズ変更ができるブランド

指輪のサイズ変更ができるブランドの例を一部ご紹介します。

GINZA DIAMOND SHIRAISHI(銀座ダイヤモンドシライシ)

GINZA DIAMOND SHIRAISHI

EXELCO DIAMOND(エクセルコダイヤモンド)

EXELCO DIAMOND

I-PRIMO(アイプリモ)

https://www.iprimo.jp

LAZARE DIAMOND(ラザール ダイヤモンド)

https://www.lazarediamond.jp/

Mariage ent(マリアージュ エント)

https://www.mariage-corp.com

TANZO(タンゾウ)

https://www.tanzo.jp/

K.UNO(ケイウノ)

https://www.kuno.co.jp/bridal/

Hamri(ハムリ)

https://www.hamri.jp/

TRECENTI (トレセンテ)

https://www.trecenti.com

杢目金屋(もくめがねや)

https://www.mokumeganeya.com/

目次に戻る

3.サイズ選びに関する体験談

「みんなのウェディング」には、先輩カップルたちから、結婚指輪選びに関する、さまざまな経験談が寄せられています。

大事なポイントや、気をつけたほうがよいポイントがあるようです。 ぜひ、結婚指輪選びの参考にしてみてくださいね。

今の時点でぴったりのサイズを選ぶ

体験談
「ぴったりサイズにすればよかった!」
■太って指輪が入らなくなるかも!と考えて大きめに作ったせいで、ブカブカで抜けそうなサイズになってしまいました(笑)。サイズはある程度変えられるので、ぴったりサイズでよかったかな、と思います。(30代前半女性)

体験談
「実はきつめがちょうどよかった!」
■指輪のサイズですが、入るときにきついぐらいがちょうどいいということを知りました。すんなり入るぐらいじゃ、簡単に抜けて しまいます!なくさないためにもサイズは確認した方がいいです。(20代後半女性)

体験談
「太ることを想定して大きめを選んでしまった!」
■結婚式終わったら太る(戻る)だろうと少し(0.5)大きめにしました。でも実際つけるのは“今”。水を触るとすぐくるっと反転しているし、冬の寒いときはすり抜けそうで気になって仕方ありませんでした。(20代後半女性)

結婚指輪は長い年月つけ続けるため、「そのうち太ったときでも大丈夫なように」大きめサイズの指輪を選ぶ人はめずらしくないようです。

たしかに、体型は変わるかもしれませんが、実際につけるのは「今」。 大きめを選んでしまうことで、つけ心地が不安定になる可能性が高くなります。

まずは、今の時点でぴったりなサイズを選びましょう。 指の状況に変化があったときは、サイズ直しを考えましょう。

夏は指がむくみがち!?

体験談
「冬は細く、夏はむくむ!」 ■指は季節によってむくんでサイズがだいぶかわるので、それも含めてサイズを選んだ方が良いです。冬場は比較的細いのでゆるく感じますが、夏になるとぱんぱんに…。結婚式のとき指輪の交換がきつくてなかなか入らず焦りました。(20代後半女性)

体験談
「夏は指がむくんできつくなる!」
■サイズ直しが出来ないデザインなので迷いましたが、とても気に入ったので購入しました。 あたたかい季節は指が浮腫むのでキツいです。(30代前半女性)

季節によっても指のサイズが変わります。

冬は細く、夏は太くなる場合が多く、冬場に購入した指輪が夏の結婚式当日に入らなかった!というハプニングもあるようです。

サイズ選びの際は、一年間の平均的なサイズを見越して決めるとよいかもしれません。

サイズ直しを想定しておく

体験談
「サイズ直しが可能なデザインか確認しておく!」
■材料が複数だと後々サイズ直しができなかったりするので、将来サイズが変わったときのために、サイズ直しが可能かどうかは店員さんに確認しておいた方がいいと思います。(20代後半女性)

体験談
「サイズ直しが無料のお店は少ない!」
■女性は出産などで指のサイズが変わることも考えて、サイズ直しやクリーニングなどのアフターサービスを無料で行ってくれるところがいいと聞いていたので、アフターサービスが充実しているお店を探しましたが、有名ブランドでもほとんどなくて探すのに苦労した。(20代後半女性)

指のサイズは変わるもの、と思えば、はじめからアフターサービスの充実したお店で結婚指輪を購入したほうが、先々便利ですね。

結婚指輪の材質によっては、サイズ直しができない可能性があります。 必ずお店の方に相談しておきましょう。

サイズ探しは時間に余裕を持って

体験談
「サイズ選びに苦労した!」
■彼の指が関節が太いのに指自体は細いので、サイズ選びに苦労した。(20代後半女性)

体験談
「デザインから決めたらサイズがなかった!」
■とにかくサイズがなかった!たくさんお店を見て、デザインを決めてからサイズを聞いてダメだった…ってことが多かったので、もっと早くサイズのことを聞いてから見れば良かった。サイズが特殊な人は注意してください。(30代後半女性)

指輪のサイズは指の形や関節の太さなどによっても変わります。

また、デザインに惹かれたものの、自分のサイズは販売されていなかった、ということもあります。


サイズが見つかりにくい場合は、オーダーや特注をする必要もあるので、いずれの場合でも対応できるように、結婚指輪の購入には時間に余裕をもって行なったほうがよいかもしれませんね。

※ 2016年8月 時点の情報を元に構成しています