1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚指輪
  4. 男性向け結婚指輪選びのポイントや価格の相場

男性向け結婚指輪選びのポイントや価格の相場

2021.05.20

最近は結婚指輪を毎日指に着けている男性が増えました。

一方でアクセサリーが苦手な男性も多いので、仕事中やプライベートでも彼に結婚指輪をつけ続けてもらえるような指輪をえらびたいものですね。

1.男性用結婚指輪の相場

「みんなのウェディング」で行なったアンケート調査によると、男性用結婚指輪にかける値段のランキングは次の通りとなりました。

【夫側の結婚指輪の金額】

1位 10万円台 18.8%

2位 7万円台 11.2%

3位 5万円台 10.2%

4位 8万円台 8.2%

5位 11万円台 6.2%

第1位は10万円台。

2割近い男性が10万円台の結婚指輪を購入していることがわかりました。

毎日欠かさず身に着ける「一生モノ」となると、男性用であっても納得のいくものを選ぶ人が増えており、それなりの値段は当然と考えるためかもしれません。

一方、5~9万円以下の結婚指輪を購入した人は約3割になりました。 結婚指輪が「初めてのアクセサリー」となる男性にとっては、抵抗なく着けられる指輪であることが大切。

この価格帯は、シンプルな結婚指輪への根強い人気を物語っているかもしれません。


目次に戻る

2.結婚指輪をつけるタイミング

さて、最近は結婚指輪を指に着けている男性を多く見かけますが、実際のところ指輪をつけている頻度はどれくらいなのでしょうか?

既婚男性対象に「みんなのウェディング」で行なったアンケート調査の結果は次の通りとなりました。

質問:結婚指輪は、いつ、どのようなときに身につけていますか?

1位 毎日つける 75%

2位 プライベートの時のみ 15%

3位 つけない 10%

「毎日つける」と回答した人は75%にも上りました。

かなりの割合の男性が、結婚指輪を抵抗なく身に着けているようです。 それだけに、夫が着ける結婚指輪は、しっかりと選ぶことが大切なのですね。


目次に戻る

3.男性の指輪の選び方

では、実際に男性の指輪選びの際に、どのようなポイントに気をつけて選ぶとよいのでしょうか?

先輩カップルから様々な意見が寄せられています。 男性からの意見も紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

シンプルなデザインであること

体験談
夫がシンプルな指輪を望んでいた
■夫がシンプルな指輪を望んでいました。雑誌でこれどうかな?と勧めたところ、気に入ってくれました。(30代前半女性)

体験談
ダイヤ付きでも控えめなデザイン
■デザインが細くて小さいダイヤが付いていて、指にしっくりくる物だったし、あまりきらびやかではないので主人も会社につけて行っても問題ないような物だったから。(30代前半女性)

毎日着けても違和感ないデザインを、ということで、「シンプルさ」を求めるカップルは多いようです。

指輪を着け慣れない男性にとっては、個性的すぎないことが指輪を着けることへのハードルを低くするようです。

丈夫さ

体験談
お手頃価格で刻印ができたこと
■PT1000のハードプラチナというのにひかれて購入しました。ずっとつけるものなので、変形などしにくいということだったので。(30代前半女性)

現場仕事に出る男性にとっては傷つきにくい指輪であることは必須です。

硬度の高いレアメタルはその希少価値ゆえに高価になりますが、一生モノとして身に付けるには安心です。

着け心地

体験談
着け心地を重視した
■いくつかに絞ったブランドの中でデザインや着け心地、そして婚約指輪との重ね付けのフィッティングの良さが最も気に入ったから。(30代前半男性)

長きにわたって身に付けるのですから、指にフィットするかどうかは重要です。

実際に着けてみて、違和感がないかどうか確認しましょう。

サービスがよかったこと

体験談
サービスが充実していたから
■ダイヤモンドが増やせたり、タダで磨いてくれるといったサービスもつけてくれるといったり親切だったから。(20代後半男性)

長年つけていると傷がついたり指のサイズが変わったりするものです。 アフターサービスの充実は安心ですね。

婚約指輪との重ね付け

体験談
■婚約指輪とデザインを揃えたかった 婚約指輪とお揃いにしたかった。私が好きなブランド、だったし、婚約指輪と同じブランドだと、両方を付けたときに、しっくり似合うと思ったからです。(30代後半女性)

婚約指輪は女性が着けるイメージが強いものですが、最近はペアの婚約指輪を着けるカップルもいます。

おそろいの婚約指輪と結婚指輪の重ね付けを重視して選ぶカップルはこれからも増えるかもしれませんね。

お互いが気に入るデザイン

体験談
夫には太目のフォルムの指輪を
■彼の指輪は大きな手に似合うよう、太目の指輪を探していて、私は華奢なデザインが好きなのでそういった指輪を探していました。フォルムは違うけれどデザインがペア、という希望にぴったりの指輪があったのでそちらにしました。(20代後半女性)

ふたりそれぞれの希望の結婚指輪を選ぶカップルもいます。 女性は装飾性が高いものを希望して、男性はシンプルで実用的な指輪を希望する場合などは、この方法が円満に収まりますね。

オーダーメイドもおすすめ

体験談
セットリングになるようにオーダーメイド
■エンゲージリングを作るときにオーダーメイドのものを選びました。セットリングになるように考えていたので、その関係もあって、マリッジリングもオーダーメイドになりました。(40代前半男性)

体験談
二人が納得するデザイン
■自分達のイメージを伝え、デザイン画を作成していただき、二人が納得するものを製作いただいた事。また、ダイヤ入り婚約指輪と一緒に購入すると一生メンテナンスが無料というのも魅力でした。(30代前半女性)

ふたりだけのオリジナリティにこだわって選ぶことも、ふたりの絆を深めることでしょう。 希望を出し合って指輪ができあがるまでの過程は、とてもよい思い出になりますね。

少し個性的なデザインであること

体験談
ひねりがあってシンプルすぎないデザイン
■主人がシンプルなものよりも、少しひねりがあるデザインが良いと言っていたので、結婚した年の限定モデルもちょうど少しひねりのあるデザインなので、それを選びました。(20代後半女性)

アクセサリーになれている男性は、ずっと身に着ける結婚指輪にはこだわりを持つのかもしれません。

すこし上級の選び方ですが、一生モノの結婚指輪ですから、妥協しないことが大切ですね。


目次に戻る

4.指輪購入者の体験談

「みんなのウェディング」にて、結婚指輪を購入した男性にアンケート調査を行なったところ、次のような結果となりました。

質問:結婚指輪に関して、あなたの気持ちを選んでください。

1位 とても満足 50%

2位 満足 33.5%

3位 ふつう 16.5%

結婚指輪をつけることで、結婚した実感を味わえる、という感想が聞かれました。

男性にとって、結婚指輪はアクセサリーという枠をこえた、ふたりにとっての特別な絆の証なのかもしれませんね。

1位 とても満足

体験談
見るたびに結婚を実感ができ幸せ
■二人の好みが一致したからです。見るたびに結婚を改めて実感でき、また、お互いが好きなデザインのリングを付けているのでいつも幸せな気持ちになれます。(30代前半男性)

体験談
見るたびに笑顔になる
■シンプルだけど飽きのこない、男性の自分にもしっくりくる感じがとても気に入っています。時折見返しては笑顔になっています。(30代前半男性)

2位 満足

体験談
二人の好みが一致した指輪なので満足
■二人の好みが正反対でなかなか一致することはなかったのですが、珍しくその指輪だけは二人とも気に入ったので。(30代後半男性)

体験談
日常生活の支障にならないから満足
■基本的には彼女に任せてました。実際に手元に来た時にとてもシンプルで生活していても邪魔にならないところが気に入ってます。(30代後半男性)

3位 ふつう

体験談
自分が相手に合わせて妥協した
■お互いの好みが全く違うので、自分はごついのが良かったが、相手はそれはやめてほしいとなり、結局相手の意見が100%の指輪で落ち着きました。(20代後半男性)

みんなのウェディング相談デスク

※ 2016年8月 時点の情報を元に構成しています