1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式二次会
  4. \結婚式余興を行う予定の人向け/準備の進め方・注意点・アイデア徹底ガイド*

\結婚式余興を行う予定の人向け/準備の進め方・注意点・アイデア徹底ガイド*

2020.11.30

「余興」は、結婚式の定番プログラム
新郎新婦自ら考えたり、友人にお願いしたりする場合もありますよね。

どんな余興にすれば、結婚式が盛り上がりゲストに楽しんでもらえるのか

そこで今回は、結婚式の余興におすすめのアイデアや成功させるポイントをご紹介します♡

結婚式の余興とは?どんな種類があるの?

「余興」とは、結婚式を盛り上げる大事なイベント。また、結婚をするふたりへのお祝いの気持ちを伝える場面にもなります。 新郎新婦から余興を頼まれたけど、何をやればいいのだろうと悩む方も多いのではないでしょうか。

「余興」と一言で言えど種類はさまざま。主に余興には以下の種類があります。

  • スピーチ
  • 映像演出(ムービー)
  • ダンス(フラッシュモブ)
  • ネタ
  • 歌・楽器演奏
目次に戻る

- 劇

目次に戻る

余興内容を決めるポイントとは?

会場全体が楽しめる余興であること

余興は、そこにいる新郎新婦・ゲスト全員が楽しめるような内容にするのが一番です。
しかし、ただ盛り上がればいいというものではありません。
会場には、新郎新婦の親族や職場関係者など幅広い層のゲストが出席しています。
呉々も内容には注意してプログラムを考えてみてくださいね。
また、内輪ウケするネタにならないようにすることも大切です。

時間は長すぎないこと!

新郎新婦もゲストも歓談の時間も楽しみたいはず。
余興ばかりに時間を取るのはマナー違反かも。
余興の時間は10分程度におさめるのが良いでしょう。
新郎新婦は友人に依頼する際は、持ち時間を予め伝えておくのがおすすめですよ!

気持ちが伝わるかどうか

結婚式は、新郎新婦・ゲストが祝福や感謝を伝える場。
いずれにせよ、内容は心のこもったものにすることをお忘れなく♡
新郎新婦は、どうやったらゲストが楽しめるか、そして感謝を伝えられるか
ゲストは、どうやったら新郎新婦をお祝いできて、会場全体を楽しませることができるか
その視点を持って、どんな内容にすればそれが伝わるかをぜひ考えてみてくださいね*


目次に戻る

ゲストが余興を行う場合の注意点

新郎新婦側の注意点

ゲストに依頼するにあたり、以下のことを事前におふたりで決めておきましょう*

  • 披露宴のどの場面で余興をお願いするか
  • どのくらいの時間余興をお願いするのか
  • どんな余興が良いのか(友人にお任せでもOK)

以上のことを事前に決めて、ゲストに依頼する場合に伝えるのがベスト!
そうすることでスムーズに依頼することができますよ。

またこの時に、ゲストにおふたりの結婚式のイメージも伝えておくのも良いでしょう。
そうすることで、ゲストも内容をより考えやすくなるはずですよ♡

また依頼する上では、以下のことに注意しましょう!

  • 余興は何個も頼まずに、1~2組程度にお願いする
  • 依頼したゲストとはコンスタントに連絡を取る
  • 複数に依頼する場合は、内容が被っていないか確認する
  • プランナーさんにも内容を共有する
  • 持ち時間を必ず伝える
  • 結婚式後にはお礼の気持ちをプレゼントする

特に忘れがちなのが、結婚式後に余興をお願いしたゲストにお礼の気持ちをプレゼントすること
忙しい中多くの時間を咲いてくださったゲストの皆さんには、必ずお礼をしましょう。
一人3,000円~5,000円程度の予算でプレゼントを用意するのが一般的です。

依頼を受けたゲスト側の注意点

新郎新婦から余興の依頼を受けたゲストの皆さんは、以下のことに注意しましょう!

  • 内容決め・練習時間は十分に取ること
  • 不明点や相談事項はその都度新郎新婦に確認する
  • 持ち時間内で余興を終わらせる
  • 列席ゲストの顔ぶれを確認する
  • 着替えが必要な場合は、そのための部屋が確保できるか確認する
  • 必要そうな機材が揃っているかを確認する
  • 内輪ネタにならないように注意する

依頼された場合には、しっかりと時間をかけて最高の余興を完成させてください*
そのためにも、メンバーや新郎新婦との連絡はマメに取ること
そして、列席者がどんな顔ぶれかも内容を決めるにあたっては重要なことなので、ぜひ把握しておいてくださいね。
例えば、会社関係者が多い結婚式ともなると、内容によっては新郎新婦が恥ずかしい思いをする…なんてことになりかねません!
ここもしっかり新郎新婦に聞いてみましょう。


目次に戻る

花嫁に聞いた!良かった・悪かった余興

では、実際にはどのような余興が披露されているのでしょうか?

「みんなのウェディング」には余興のさまざまな事例が報告されています。
そのうちのいくつかをご紹介しましょう。
ぜひ参考にして、素敵な余興を披露してくださいね。

手紙やムービーで思い出とともに振り返る感動の余興

新郎新婦についてのエピソード披露は、なつかしい思い出とともに、多くのゲストが感動を共有できる余興でしょう。
実際に余興を行なうゲストの人柄や話術に負うところが多いのですが、新郎新婦へのお祝いの気持ちをこめて、丁寧に準備をすすめていきましょう。

体験談
「新婦のエピソード紹介でゲストも感動」
■中学校からの友人が、私自身も忘れていたようなエピソードだったのですが、ホロリと涙を誘うような話で、ゲストが泣いていました。昔の事をよく覚えていてくれて嬉しかった事、ゲストや親族からも『いい友達だね』と言ってもらえて、私の親友を紹介できた事がとても嬉しく思いました。(20代後半女性)

体験談
「会場全体で思い出を共有できて感動」
■オリジナルのDVDを作ってくれました。高校生のときの思い出や、実家に内緒に来てくれたらしく、実家が写っていました。とても感動したし、とても楽しい内容で、みんな笑顔になれました。(30代前半女性)

作り込んだ演奏や演出で完成度の高い余興

プロ級の腕前のゲストの余興は会場が感動することでしょう。
新郎新婦としても、ゲストのなかに芸達者がいるのであれば、余興を頼まない手はありません。

また、しっかりと練習を重ねたダンスや歌の披露も、クオリティが高ければ、年齢にかかわらず会場全体が盛り上がります。
余興を頼まれたからには、完成度を高めて当日に臨みましょう。

体験談
「すばらしいピアノ演奏で喝」
■美しい流れるような旋律の、ドビュッシーの月の光を、ピアノの生演奏で大学時代の親しい友人にお願いしました。素晴らしいピアノ演奏に会場内が静まりかえり、終了後の感動の拍手がすごかったです。披露宴後日でも話題となりましたしね。(40代後半女性)

体験談
「スライドショーと替え歌の振り付けで喝采」
■5人で嵐の音楽にのせて新郎新婦の写真のスライドショーを流しながら、替え歌を振り付きで歌ってくれました。かなり完成度が高く会場みんなが本当に楽しんでいました。どれだけ練習したのか想像するととても感動しました。余興をした本人達もすごく楽しそうで達成感があったようです。(20代後半女性)

準備・打ち合わせが綿密な余興

複数の友人などで準備を進めるとなると、事前にどれだけ打ち合わせできているかが成功のポイント。
なかなかスケジュールが合わないかもしれませんが、SNSなどを活用して準備しましょう。

体験談
「意外性が感動を呼んだ」
■木村カエラさんのバタフライをみんなで歌ってもらいました。記念品もその場でもらった。カラオケ風ではなく合唱風だったので、万人うけした。とても心に残るものだった。運動部だったのに合唱には驚いたし新たな友人の一面を見れてよかった。感動した。(20代前半女性)

体験談
「よく練られた内容で大うけだった」
■新郎に向けて、「新婦の取り扱い説明書」を作成し、私の性格を良く知っている友人だからこその内容で、他のゲストにも大うけでした。落としておきながら、最後はきちんと持ち上げてくれて、凄くよく練られた内容だったと思う。私の事を良く知らない新郎側のゲストに、私のことを知ってもらうきっかけになったと思う。(30代後半女性)

気持ちが伝わる一生懸命な余興

余興は必ずしも芸達者だけによるものではありません。
一番大切なことは、新郎新婦へのお祝いの気持ちがにじみでた余興であることです。

人前で披露する自信がないかもしれませんが、手を抜くことなく一生懸命に祝おうとするその気持ちが、おふたりへのメッセージになるのですね。

体験談
「一生懸命に準備してくれて感動」
■ギターの弾き語りをしてくれました。挙式に向けて猛練習してくれたので、当日はすごく感動しました。挙式に向けて猛練習してくれたので、すごく上手ではなかったのですが、逆にそれがみんなに感動を与えたみたいですごく好評でした。(30代前半女性)

ちょっと困った余興事例

次に、実際にあったちょっと困った余興をご紹介します。
せっかくの余興が残念な結果にならないよう、注意しましょう!

  • 共感性が低い、ゲストが入り込めないひとりよがりな内容
  • 新郎新婦に負担や手間をかけさせる内容
  • 新郎新婦がゲストの前で暴露されて困る内容

体験談
「自作の詩を歌っていた」
■昔、旦那と一緒のグループだった人達が自作の曲を録音してきた音楽に歌ってくれた。詩も曲も自作の様でした。 他の人が入り込めない感じの独特の雰囲気だったので…。(30代前半 女性)

体験談
「ノリがよく分からず、困惑」
■スピーチのあと流れで余興に持ち込んだ感じで、友人が変装して新郎を担いで運ぶ?という感じのよくわからない内容でした(笑)。ゲストが楽しんでいたというよりは完全に自分達が楽しむだけどいう感じでした。あまりにもよくわからない行動、余興だったので他のゲストの皆さんには印象が悪かったかも…とあとで冷静に不安になりました。(30代前半 女性)

体験談
「余興の準備が進まず…」
短期大学の同級生がたくさんの思い出の写真をスライドショーをながしながら、お話しして紹介してくれました。お願いしたのですがなかなかその後進まず、結婚式場の方にも催促をされ間に立って大変でした。まさかとは思ったけど、結婚式で面白いのとかいいからって感じで恥ずかしいものも多かったです。(30代前半 女性)


目次に戻る

余興の準備スケジュール

余興を一人で行う場合、そして複数名で行う場合、または内容によっても準備期間は異なります。

スピーチなど短時間で準備できる場合

  • 一人で行う場合
  • スピーチ

一人で行う場合やスピーチなどは、1週間前~前々日までに用意しておけば大丈夫です。
自分の都合に合わせてスケジュールを立てましょう。
しかし、土壇場で準備をして結婚式を台無しにするなんてことがないように!

ムービー作成など準備に時間がかかる場合

  • 複数人で行う場合
  • ダンス(フラッシュモブ)
  • 映像演出
  • ネタ
  • 歌・楽器演奏

複数人で行う場合には、全員揃っての練習が必要なので事前のスケジュール決めを怠らないようにしましょう。
また、ダンスやムービーを作る場合など、手の込んだ演出を考えている場合には、早めに取り掛かることが先決
少なくとも結婚式の2週間前には完成しているようにしましょう。
特に、ムービーは会場によっては提出の締め切り日などもあるので、事前に新郎新婦に確認することをお忘れなく!


目次に戻る

余興アイデアまとめ

さて、ここまで準備の仕方についてご紹介しましたが、ここからはおすすめの人気余興アイデアをご紹介します♡
これで会場の盛り上がりは間違いなしです!

女性向け盛り上がるダンス余興アイデア

チアリーダー

おふたりのこれからの人生を応援する!という意味でよく用いられるこの余興。
或いは、元チアリーダーだった方には定番の余興です♪
見ているだけで微笑ましい演出です。

恋ダンス

大人気ドラマ「逃げ恥」でおなじみとなったこの曲。
歌詞もポップで踊りも誰しもが真似しやすい振り付け!
衣装もみんなであわせてなりきっちゃいましょう。

バブリーダンス

登美丘高校ダンス部のダンスで話題になった「バブリーダンス」!
荻野目洋子の「ダンシング・ヒーロー」に合わせて繰り広げられるキレキレダンスは、会場興奮間違いなし*

胴上げ

体育会ならではのこちらの演出。
万歳三唱で新郎を胴上げで祝福!

ヲタ芸

キレキレのダンスでおふたりを祝福するならコレ!
流行り廃りがないこちらの定番ネタは、幅広い年齢層にウケそう♪
男性陣に思いっきり盛り上げてもらいましょう!

サンシャイン池崎

View this post on Instagram

A post shared by サンシャイン池崎 (@ikezaki_yeah)

新郎新婦向けのメッセージを叫ぶと盛り上がりそう! 衣装もあわせて本人になりきりましょう!

ピコ太郎

View this post on Instagram

A post shared by 山田 みどり (@anahime.222)

一人からでもチャレンジできる余興!
オリジナルの歌に合わせて、新郎新婦をお祝いしましょう♪

心がほっこり。会場が温まる感動余興アイデア

思い出ムービー

余興=ダンス というイメージも強いかもしれませんが、思い出のムービーを作るだけでも立派な余興に。
これまでの新郎新婦との思い出を写真で流すもよし、おふたりへのメッセージをいろいろな人から集めたものでもよし◎
おふたりにあった構成を考えてみてください。

演奏

BGMとしても楽しめる余興。
ホテルなどの落ち着いた雰囲気にも合うので、場所を選ばない演出として人気です。


目次に戻る

余興はなくても大丈夫?と思う新郎新婦さんへ

結婚式では「余興」があるものをイメージしがちですが、別にしなくても大丈夫

「友人に頼みにくい」
「ゲストとの時間を楽しみたい」
「あまり派手な結婚式にしたくない」
など思いは様々あるかと思います。

余興はあくまでも「ゲストが楽しめるように」「新郎新婦をお祝いするために」と、あるものなのでそれを別の形で表現したって問題ありません♡

最近は結婚式の内容もかなり自由になってきました。
形にとらわれず新郎新婦さんの理想の結婚式を作り上げてみてください!


結婚式や披露宴を盛り上げるのに欠かせない余興。
失礼のないようにマナーを守って会場を盛り上げてくださいね!

みんなのウェディング相談デスク

※ 2020年11月 時点の情報を元に構成しています