1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式準備
  4. 結婚式で仲人へ依頼する役割やマナーに関する基礎知識

結婚式で仲人へ依頼する役割やマナーに関する基礎知識

2019.04.04

結婚式の仲人に関する基礎知識かつて結婚披露宴では仲人(媒酌人)が新郎新婦の紹介スピーチをするのが主流でした。

ところが、現在、仲人を立てるカップルは少数派。
いざ仲人を立てようとする新郎新婦にとって、仲人の依頼の方法、お礼の仕方、結婚後の付き合い方、など、戸惑うことばかりですよね。

そこで今回は 結婚式の仲人に関する基礎知識をご紹介します。

【目次】

  • 1.仲人は立てる?立てない?
  • 2.仲人に依頼する役割
  • 3.仲人へのお礼
  • 4.結婚後の仲人との付き合い方

1.仲人は立てる?立てない?

仲人は、新郎新婦の当人同士のことだけでなく、「両家の間をとり持つ」重要な役割です。
元々は縁談から結納、挙式、そして結婚式のあとも将来にわたって、仲人は何かと相談に乗ってくれる重要な存在でした。

ところが、最近は仲人を依頼する新郎新婦は、ここ数年間で全体の1%にも満たないのが現状です。
仲人が減った理由には、恋愛結婚が増え、堅苦しくない結婚式を望む新郎新婦が増えたこと、また最近の挙式スタイルに仲人が似合わないという事情があげられます。

しかし、現在でも古くからのしきたりがある地域や「家」では、仲人選びは大切なこと。
本人同士の希望だけでなく、両親とも話し合いましょう。

仲人を立てるメリット

・両家の聞に問題が生じたとき、まず仲人に相談して仲裁に入ってもらえる。

・結婚披露宴での進行方法や費用の分担での両家の行き違いなど、仲人の客観的な立場から意見してもらえる。

・結婚式のあとも、ふたりの生活や仕事について相談ができる。

仲人を立てるデメリット

・結納、挙式・彼露宴の際、仲人へまとまったお礼や車代などを渡すので、費用がかかる。

・結婚したあとも、盆暮れのあいさつ(贈り物)が必要。

2.仲人に依頼する役割

・式当日は1時間前には式場入りし、本人や両親、親族などに挨拶をすると共にスケジュールを確認。

・披露宴のスピーチでは、招待客に新郎新婦の人柄や仲人との交際関係、本人たちの交際の様子などを紹介する。

・媒酌人夫人は新婦の着付けにも立ち会い、介添え役も務める。

・披露宴が終了したら、会場出口で新郎新婦や両家の両親とともに招待客をお見送りする。

本来のしきたりでは「転勤」「昇進」「出産」と、新夫婦と仲人のお付き合いは結婚後も長く続いてゆきます。
きちんとした作法やマナーを心得ておきましょう。

頼まれ仲人

挙式・披露宴の媒酌人だけをお願いします。最近もっとも多いパターンです。

引き合わせ仲人

縁談から婚約まで、あるいは挙式・披露宴までをお願いします。
お見合い結婚の場合は、ふたりを引き合わせた人が仲人を務めることがあります。

■仲人の起源

仲人の起源は、日本書紀に書かれた話が元になっています。
仁徳天皇40年の2月、雌鳥(めとり)の皇女をお妃にするため、異母弟の速総別尊命(はやふさわけのみこと)を仲立ちにした、というものです。

この「仲立ち」という言葉が仲人のはじまりとされています。
仲人は結婚の使者であると共に立ち会い人や証人も兼ねています。
またふたりにとっては結婚生活の相談役・指導役とも言えます。

■世話人、仲人、媒酌人の違い

世話人: ふたりの縁をとりもつ人(結婚を考えている男女を引きあわせる人)。

仲人:結婚が決まったふたりおよび両家の縁組みをする。

媒酌人:披露宴でふたりの仲立ちをする。
なお、現在の結婚披露宴においては、「媒酌人」と「仲人」はほぼ同じ役割として使われています。

3.仲人へのお礼

結婚式の直後、あるいは結婚式が終わって二日以内に別の時間を設けて、両家両親または新郎新婦とともに、滞りなく式が挙行されたことへのお礼を(金一封)をします。

■仲人に渡すお礼のマナー

・金銀の水引の祝儀袋(結切りか鮑結び)に表書きは「御礼」あるいは「寿」と書きます。

・金額は結納に立ち会ってもらった仲人には結納金の15%、挙式のみお願いした場合は10%程度といわれています。

そのため、10万円以上である場合が多いようですが、金額についてはしきたりによるところが大きいため、両家両親とよく話し合いましょう。

4.結婚後の仲人との付き合い方

仲人とは一生のおつきあいということで、どういう付き合い方をするべきか、両親と相談したほうがよいでしょう。

■仲人に挨拶をするタイミング

・新婚旅行のあいさつ

・お中元お歳暮

・年賀状

・出産内祝い

・転居


ただし、親戚や職場の上司など身近な人にお願いする「やとわれ仲人」については、3年-5年ともいわれています。
おそらく、職場の上司などに依頼する場合はこのパターンが最も多いでしょう。

3年目のお歳暮のときに、夫婦円満に過ごしていることなどを手紙に書き、それとなくご挨拶をして区切りをつけます。
あるいは、職場での異動などを区切りにする場合もあるようです。

みんなのウェディング相談デスク

※ 2016年7月 時点の情報を元に構成しています