1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. ウェディングムービー
  4. 結婚式のムービ撮影の相場!値上がり&値下がりの要因

結婚式のムービ撮影の相場!値上がり&値下がりの要因

2020.01.31

結婚式の思い出を映像として永遠のに残したい!と思うカップルは多いでしょう。

けれども、結婚式のビデオ・写真撮影など、映像関係の相場は「高い」と思われがち。
見積りの段階よりも、最終金額が大幅にアップしてしまった!ということは避けたいですよね。

そこで今回は、結婚式のビデオ撮影の相場/値上がり・値下がりのポイントについてご紹介します。
まずは、みなさんの結婚式のビデオ撮影代の最終金額は、いくらだったのかを見ていきましょう。

Q. ビデオの撮影代の最終金額を教えてください。

第1位 10万円-15万円未満...33%
第2位 5万円-10万円未満...24%
第3位 15万円-20万円未満...16%

金額としては10万円前後が相場になるようです。
ただし、そのなかに含まれるサービスなどはパックあるいは業者によってさまざまです。内容はよくチェックしましょう。

ではいよいよ、結婚式のビデオ撮影代が値上がり、または値下がりした理由について紹介していきます。

目次に戻る

値下がりした

⇒特典を利用したから/外部業者に発注したから

多くの式場では結婚式の見積りのなかに「特典」などのサービスがついているものです。
ビデオ撮影が対象になっていた場合は、最初の見積もり額よりコストダウンになりますね。

また、式場の提携業者ではなく自分たちで探してきた外部業者に発注する場合も、コストダウンできる場合が多いようです。

体験談
「特典で無料に!」
■特典としてただになったので値下がりをしました。ラッキーでしたが、クオリティーはそれなりでした。(30代前半女性)

体験談
「外部発注して5万円コストダウン!」
■予算は会場と提携してる業者だったため、15万ほどした。最終的に外部発注したのでそちらだと8万。
ホテルに持ち込み料を2万ほど支払っても10万ほどでOKだった。(20代後半女性)

目次に戻る

変わらなかった

⇒フェア時のキャンペーンを利用したから/プランの割引を利用したから

ブライダルフェアの際、「○月中に契約すると…」などのキャンペーンが用意されていることがあります。
映像関係はキャンペーン対象になることが多いので、いくつか式場をまわって内容を比べたうえで利用するとよいでしょう。

ただし、最初の契約段階でのキャンペーンやプランの場合、のちのち変更がきかないことがあるので、プランナーに詳細をよく確認しておきましょう。

体験談
「フェアのキャンペーンに申し込んだ!」
■これはブライダルフェアーの時に「追っかけDVD(終日撮影してくれる)が今日申し込めば10万円でできます」というキャンペーンがありましたので、それに申し込んだため特に差額はありませんでした。(30代後半女性)

体験談
「割引のおかげでビデオ撮影を決断できた!」
■プランでの割引があったので助かりましたが、割引がなければ予算オーバーになってしまったと思います。
またビデオはぎりぎりまで悩んだので割引がなければ撮影しなかったかもしれません。(30代前半女性)

目次に戻る

値上がりした

⇒ブルーレイに変更したから/ゲストサービスをしたから

結婚式の見積もりの段階では、さほど映像にはこだわらないというカップルは多いようです。
ところが、準備を進めるにつれて「いい映像を残したい」、また「ゲストに最高のおもてなしをしたい」といった気持ちが強くなっていくもの。

値上がりの原因の多くにこうした「クオリティアップのため」が挙げられています。
これは納得の上のコストアップなので、仕方ないのかもしれないですね。

体験談
「ブルーレイの画質が美しさを選択!」
■DVDとブルーレイで最終まで悩みました。値段が値段なので、本当に悩みましたが、画質の美しさにまけて、ブルーレイにしました。(30代前半女性)

体験談
「ゲストサービスをしたので!」
■オプションでふたりの登場やケーキカットなどメインの場面を両サイドのプロジェクターに投影し、見えにくい席や高齢で席を立てない人にも見られるようにしたから。(30代前半女性)


また、映像関係は妥協できない!というカップルもいます。

その場合は、こだわりを追求すると費用がうなぎ登りになるので、どこまでのクオリティを追求するのか、よく話し合っておきましょう。

※ 2016年8月 時点の情報を元に構成しています