1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. ゲスト
  4. 結婚式お呼ばれゲスト<髪型>ヘアアクセサリーの選び方&マナー

結婚式お呼ばれゲスト<髪型>ヘアアクセサリーの選び方&マナー

2019.12.11

結婚式でのゲストの華やかなヘアメイクは、結婚式会場を盛り上げますよね。
髪型をきちんとセットしたなら、アクセサリーはそのヘアスタイルにぴったりなものをチョイスしたいところ。

さて、ゲストとしてヘアアクセサリーを選ぶ場合、気を付けておくべきマナーは何なのでしょうか?
結婚式お呼ばれ、ヘアアクセサリーの賢い選び方をご紹介します。

1.花嫁より目立たないものを選ぶ


   ゲストがヘアメイクして出席するのもマナーの一つですが、 当日は花嫁が主役 であることを忘れないようにしておきましょう。

当日、大きなヘアアクセサリーを花嫁が付けているかもしれません。 目立ち過ぎないものを付けるようにしましょう。

体験談
「花嫁とかぶらないように!」
■アップで華やかなかんじにしてもらってます。花嫁とかぶりそうな大きな髪飾りはつけないようにしています。(20代後半女性)


目次に戻る

2.「お花」系アクセサリーはさける

新婦の髪飾りとして「生花」は定番といえます。 また、そこから コサージュ なども、 花嫁のヘアアクセサリー をイメージする人が多いようです。

できれば、「お花」のイメージのアクセサリーはつけないほうがよいかもしれません。

体験談
「コサージュはやめている!」
■ヘアアクセサリーにできるだけコサージュ系統は使わないようにしています(花を飾るのは新婦というイメージから)(30代前半女性)


目次に戻る

3.ドレスの色にあわせる

センスのよさを演出するには、 ドレスの色 とコーディネートしたヘアアクセサリーがおすすめです。

ドレスと 統一感 があるアクセサリーならば、それだけが特別に目立つことがなく、花嫁の衣装に差し支えることもないでしょう。

体験談
「ドレスとトータルコーディネートで!」
■髪型は雑誌などを見て決めておき、ドレスの色に合わせたヘアアクセサリーを選ぶようにしています。(20代後半女性)


目次に戻る

4.アクセサリーを持参してプロにおまかせ


   プロは、希望をふまえたうえで、顔形や雰囲気にあわせてアレンジをしてくれるものです。
自分では「これが似合うのでは?」と想定していても、 プロの目 からは「このほうがよさそう」というアクセサリーがあるかもしれません。

アクセサリー選びを お任せ してしまうのも手、ですね。

体験談
「手持ちのアクセサリーを持参してその場で相談!」
■スタイルは、イメージをしっかりと伝えておけば、上手な美容師さんだと、顔の形などにあったスタイルに調整してくれるので大丈夫だと思います。アクセはいくつか持っていって相談しました。(30代前半女性)


目次に戻る

5.アクセサリーはあえてつけない

  

アップしたうえに、巻いたスタイルならば、それだけで十分華やかさを演出できるものです。

ゲストの服装として、 華やかでありながら華美になりすぎない ように気を配り、飾りすぎず、品よくまとめられたら素敵ですね。

体験談
「髪を巻けばアクセサリーいらず!」
■昔はハーフアップもしていましたが、歳的に全部上げてもらいます。巻いた後、全部上に上げてもらう感じのスタイルです。髪を巻いてもらえばかなり華やかになるので、あまりアクセサリーは着けません。(30代後半女性)


ヘアアクセサリーを選ぶときは、花嫁のことを意識しながら、「華やかになりすぎない」ものを選ぶように心がけましょう。

なお、デザインが豊富な「カチューシャ」は、手軽なために人気がありますが、長時間付けると「耳が痛くなる」という欠点も。

「カチューシャ」を付ける場合は、数時間の宴会中に、痛くてはずしてしまった!ということのないよう、注意しておきましょうね。

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています