1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. ゲスト
  4. 結婚式お呼ばれ<男性ゲスト>服装・着こなしチェックポイント

結婚式お呼ばれ<男性ゲスト>服装・着こなしチェックポイント

2019.12.26

結婚式に出席する男性ゲストにも女性ゲストと同じようにフォーマルの場に相応しいスタイルが求められます。
髪型も清潔感のある髪型にきちんと整えていきましょう。

そこで今回は、服装・髪型で好感度アップさせるポイントをご紹介します。

1.オシャレよりもマナー重視

このごろは礼服にこだわらず、さまざまなスタイルがみられます。 黒スーツ+白ネクタイなどという定番スタイルよりも、 カラーシャツやカラーネクタイグレーや茶のスーツ をあわせたオシャレなスタイルのゲストが増えました。

ところが、ガーデンウェディングや二次会など、カジュアル度が高い会では「オシャレ」でも、格式のある挙式や披露宴ではちょっと 浮く ことも。

結婚式はフォーマルな場である、との考えは、年長者のゲストを中心にまだまだ根強いものがあります。

オシャレ度を上げることも大切ですが、 マナーを意識した服装のほうが好感度が高い ようです。

体験談
「オシャレよりもマナーが大切!」
■きちんと白ネクタイで来ている人をみると、「きちんとしてるな?」と思う。今はそういう事もないのかもしれないが…。おしゃればかりが、先行しているので。(20代後半女性)

体験談
「お祝いにふさわしいスタイルで!」
■お祝いの席なので、爽やかなものが見ていて気持ちが良いです。お洒落なんでしょうけど…ホストなの?と言うような若い男性をよくお見かけします。会場が夜の街みたいになるので、私は好きではありません。(30代後半女性)


目次に戻る

2.清潔感のある髪型に整える

女性ゲストは美容院でヘアメイクをして華やかな装いで出席する場合が多いでしょう。 男性ゲストも、ヘアメイクほどではないものの、やはりきちんと整える必要があります。

しかしながら、気合いを入れたあまり、個性を主張しすぎたヘアスタイルは結婚式にはあまり馴染みません。

ゲストは新郎新婦を祝福する立場であることを忘れずに、 清潔感のある髪型 を目指しましょう。

体験談
「髪型は「普通」がいい!」
■髪型は立っていたりと凝っているのより、普通にしてある方がいいなと思いました。写真でその人だけが頑張ってる感じがしてしまいました。(20代後半女性)

体験談
「髪型は気合いを入れすぎない!」
■髪型は清潔感があればOK ここぞと金髪とかにしてくる方いますが、それはちょっと…。(30代後半女性)


目次に戻る

3.細かい部分の身だしなみがポイント

オシャレに気をとられるあまり、「お手入れ」が行き届いていないと、それだけで残念な印象になってしまいます。

ひげ のお手入れをはじめ、 は磨いてあるか、 スーツ にしわはないか、など、基本的な身だしなみをまず完璧にすることが大事です。

体験談
「シャツのシワに注意!」
■やはり、身だしなみがきちんとしている人は好感が持てます。会場で上着を脱いだ時にシャツがシワだらけだとかなりだらしないかんじがします。何度か見かけたのですが、せっかくの華やかな場に残念でした。(20代後半女性)

体験談
「靴を磨く!」
■靴も大事です。全部良いのに靴だけヨレヨレの人がいます。色だけ合わせて奥の方から出してきたのでしょうか?足元は結構見られると思います。(40代前半女性)

結婚式の主役は、新郎新婦です。 出席するゲストは、個性を主張をしすぎては「マナー違反」になります。


とはいえ、定番スタイルでは物足りないと思うゲストもいるでしょう。
その場合は、チーフやカフス、ネクタイなど、ちょっとしたオシャレを楽しむのがよいようです。

まずは「清潔感のあるスタイル」を目指してくださいね。

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています