1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式二次会
  4. 【2019年最新版】結婚式の余興おすすめダンス曲動画&成功ポイント

【2019年最新版】結婚式の余興おすすめダンス曲動画&成功ポイント

2020.01.27

結婚式の余興は、結婚式を盛り上げるために行なう演出の一つ。
ムービーを流したり、歌やダンスを披露したり、サプライズでプロポーズを行なったり♡
新郎新婦側で用意する場合やゲストにお願いする場合もありますよね!

今回は、最新のおすすめ余興と、おさえておきたいポイントをご紹介します*


余興を考える前に気を付けておきたいこと

忌み言葉を使ったもの

「別れる」「切れる」などの忌み言葉を避けることは当然のマナーですね。
同時に、下ネタ、失恋や別れの歌もNG

特に外国語の歌を余興で使う場合は、くれぐれも歌詞をチェックしておくことをおすすめします。

体験談
「原稿で忌み言葉がないかチェック」
■余興であっても、まず最初にご両家のお祝いの言葉を忘れず忌み言葉をさけた原稿をしっかりつくりました。(30代前半女性)

体験談
「失恋ソングや下品な曲をさけ、明るい曲を」
■余興は皆が楽しめるものにしました。そして踊りに使った曲は明るく、結婚式にふさわしいものを。失恋ソングや下品なものはだめ。(20代後半女性)

体験談
「親族のリアクションを意識して、品のよい余興を」
■内輪ネタ、下品なネタ、下世話なことは絶対にやらない(やらせない)ように気をつけています。親族のリアクションを常に念頭に置いています(20代後半女性)

内輪ネタを避ける

結婚式に参加するゲストは、幅広い年齢層やさまざまな交友関係から構成されています。
ある特定のグループには大ウケでも、その背景を知らないゲストにとって、その余興はまったく退屈なものになってしまう可能性も。
ゲストみんなが楽しめる内容を選びましょう。

体験談
「ゲストみんなが楽しめる余興を!」
■新郎新婦とその友人しか分からないような内容のものは、とてもおもしろくない。ゲストみんなが楽しめる内容が望ましいと思う。独りよがりの演奏も引いてしまった。(30代前半女性)

体験談
「新郎新婦ネタは全ゲスト共通!」
■映像関係の余興を頼まれました。友達ばかりが映ると招待客の方も楽しくないので新郎新婦の写真などを多めに作成しました。(20代後半女性)

進行に影響が出るもの

いくら内容を練りに練ったものであっても、大幅に時間をオーバーしたり、結婚式全体の妨げになるようなものはマナー違反
余興は、待ち時間以内におさめるように計画しましょう。
技術が高い余興でも、時間が長すぎては見ているゲストには退屈させてしまいます。
全体の雰囲気にマッチした内容の余興になるように心掛けることが大切です。

体験談
「余興は時間内におさめるように!」
■出席してる人が意味がわかる、楽しめる内容のものをします。また、進行の妨げにならないよう、時間内に終われるような内容にしています。(30代前半女性)

体験談
「空気を読んでない余興はつらい!」
■30歳を過ぎた新郎新婦の結婚式において、突然新郎同期が変装して披露宴会場に入り、騒いでいたことはあんまりかなと思いました。それまで比較的落ち着いた雰囲気だったので「なんでこの余興?」と思いました。(30代前半女性)


目次に戻る

全員に喜ばれる余興にするためには

新郎新婦・ゲストを想った余興

新郎新婦・ゲスト全員のことを思って用意された余興は、愛情が感じられて感動をよぶことでしょう。
手紙、歌やダンスで普段なかなか伝えられない想いを伝えてみましょう。
また、手の込んだサプライズ演出もアリですよ♡

体験談
「新郎新婦のため、という気持ちに感動する!」
■やはり、家族特に両親や祖父母が何かしら演出に登場すると、感動します。また、友人たちが新郎新婦のために手の込んだサプライズを行うと、感動します。(20代後半女性)

体験談
「サプライズでプロポーズ!」
■新郎が結婚前に新婦に対してちゃんとプロポーズをやってなく、新婦の仕事仲間が演劇形式でプロポーズをやっていないことを演じ、サプライズで新郎にその場でプロポーズをさせたのが、見ている方も楽しめて良かった。(30代後半男性)

幅広い年齢層が親しめるネタにする

お祝いの場を盛り上げる鉄則は、全員が楽しめる雰囲気をつくることにあります。
限られたグループや特定の年齢層だけが理解できる余興ではみんなが楽しめません。
流行りものばかりの偏った内容にならないように、バランス良く構成しましょう。
そのためには、結婚式の招待客の顔ぶれを事前に確認しておくとよいでしょう。

体験談
「結婚式の雰囲気を事前に確認」
■新郎新婦に式の雰囲気を事前に確認しています。それから、余興をする際に、ゲストの方全員が楽しめるように頼まれたメンバーで相談して決めるようにしています。(30代後半女性)

体験談
「ゲスト全員が楽しめる新郎新婦のクイズ」
■余興はゲスト全員が楽しめるようなネタを考えています。前回は新郎新婦の思い出の場所や出来事などをクイズ形式で答えてもらいました。(30代前半女性)

ダンスや歌の練習は徹底的に!

ゲストがプロ並みの腕前の余興だった場合、会場のゲストも思わず食事の手を止めて、見入ってくれるでしょう。
一方、頼まれたからといかにも義務的に恥ずかしそうに行なう余興や、正直上手とはいえない歌を延々披露されるのは、見る側としてはつらいものがあります。
鑑賞に堪えうるレベルの余興が披露できるように、引き受けたからにはしっかりと準備をしましょう。

体験談
「クオリティの高さは全てをカバーする!」
■デザイン会社勤務で映画なども撮っている友人の披露宴は、最初から最後までエンターテイメントに徹していてさすがだと思った。結構きわどい内容もあったものの、下品にならず上手く笑いに結びつけていて、プロでした。(30代後半女性)

体験談
「歌うならば、上手であってほしい!」
■あまり良くなかったのは、花嫁の親戚関係者が前に出てひとりでかなり緊張をしながら歌(少し難しめの高音のヒット曲)をフルバージョンで歌ったことです。かなりの音痴だったので雰囲気が壊れ…聞いている私達もハラハラしたことを覚えています。言葉は悪いですが…よっぽど自信がないのであれば、歌うべきではないと思います。(30代前半女性)

事前に禁止事項を確認する

新郎新婦に余興の概略を伝えておくことも大切ですが、会場にも確認が必要な場合があります。
事前に必ず会場に禁止事項を確認しましょう。
大きなかけ声をかける、何かを運び込む、大勢で入場する、など、ある会場では可能であっても、どの会場でも可能な演出であるとは限りません。
たとえ新郎新婦にはサプライズにしておきたい!という場合でも、事前に会場には確認をとっておくことをおすすめします。
会場側に協力してほしいことがあれば、細かく打ち合わせしておくと安心です。

体験談
「事前にプランナーに禁止事項を確認」
■プランナーに電話をし、禁止事項や時間、協力して欲しいことなど細かく打ち合わせを行いました。当日聞くよりも安心です。(30代前半女性)


目次に戻る

【2019年最新版】絶対盛り上がる*おすすめ余興

ここからは、2019年の流行を交えて盛り上がる余興アイデアをご紹介します♡

USA(DA PUMP)

https://www.youtube.com

2019年子どもから大人まで真似した「ダサかっこいいダンス」といえば、DA PUMPのUSA♡
イイネポーズが特徴的なアップテンポナンバーは、盛り上がること間違いなし!

TT兄弟(チョコレートプラネット)

View this post on Instagram

チョコレートプラネット 長田庄平さん(@osadashouhei)がシェアした投稿 -

和泉元彌とIKKOのモノマネでおなじみのチョコレートプラネットのネタ「TT兄弟」。
日常のシーンに「T」を発見するというネタは、リズム感もあり盛り上がりそう!

I was born to love you(Queen)

https://www.youtube.com

映画「ボヘミアン・ラプソディ」で一躍ブームを起こすQueen。
その中でもウェディングにふさわしい一曲で、Queenになりきってみては?♡
男性グループの余興におすすめです。

ブルゾンちえみwith B(Dirty Work/Austin Mahone)

https://www.youtube.com

2017年大ブレイクしたブルゾンちえみwith Bのネタは、今や鉄板ネタに♡
ネタで使われている「Dirty Work」も誰もが知るナンバーに。
TVも大活躍のブルゾンちえみのネタは、老若男女で盛り上がること間違いなしです♪
セリフを新郎新婦に向けたおめでたい内容にアレンジしましょう。

バブリーダンス(ダンシング・ヒーロー/荻野目洋子)

https://www.youtube.com

「バブル時代」をネタとするお笑い芸人の平野ノラさんも絶賛の「バブリーダンス」。
大阪府立登美丘高校ダンス部が披露し、大きな話題になりました。
この影響を受けて、荻野目洋子さんの「ダンシング・ヒーロー」も再びブレイク!
バブル世代の親御さんやゲストのハートも鷲掴みの内容は、余興にぴったりです。

THIS IS ME(The Greatest Showman Cast)

https://www.youtube.com

2018年大ヒット映画の一つ「The Greatest Showman」。
その劇中歌として話題を呼んだ「THIS IS ME」は、ミュージカル映画特有の迫力のあるナンバー。
ミュージカルっぽい余興は、ダンスや歌とは違う良さがあって素敵ですよ*

恋ダンス(恋/星野 源)

https://www.youtube.com

大人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌であり、もはや結婚式の余興の定番ともいうべきダンス♡
「恋ダンス」をみんなで踊ると会場が盛り上がりますね!

恋するフォーチュンクッキー/AKB48

https://www.youtube.com

AKB48の代表的な曲は、子どもから大人まで知っている曲の一つ。
幅広い年齢層の結婚式には持ってこいのナンバーです。
サビの振り付けを会場全員でやってみましょう♡

R.Y.U.S.E.I./三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

https://www.youtube.com

「ランニングマン」ダンスが盛り上がるR.Y.U.S.E.I.も、余興で良く使われている曲の一つ*
アレンジを加えて披露する方もいるようです!
男性チームの余興などにもおすすめですよ。


以上、最新のおすすめ余興と、おさえておきたいポイントをご紹介しました♡
結婚式・披露宴に欠かせない余興、マナーを守りつつ、お祝いの気持ちを込めて会場を盛り上げてあげたいですね!

<関連記事>

みんなのウェディング相談デスク

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています