1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 披露宴演出
  4. 結婚式の演出!ゲストの余興は何組がベスト?

結婚式の演出!ゲストの余興は何組がベスト?

2019.12.20

結婚式の演出として「ゲストの余興」があります。
新郎新婦から「この人!」にお願いしたいと思った人にお願いをする場合が多いようですが、なかにはゲストから余興を「志願」することも。

しかし、時間の限られたなかでは、全体の構成とのバランスも大切です。
そこで今回は、結婚式のゲストの余興、平均何組がベストかについてご紹介します。

1位 1組 48%

かつては新郎、新婦側から、それぞれ1組づつ余興をすることが多かったのですが、最近では「おもてなし」を重視するため、歓談の時間を多くとる傾向が高まっています。
また、ケーキカットやブーケプルズなど、そのほかの演出やスピーチなどを予定しているなかで、さらに余興となると、出席しているゲストは落ち着いて食事をする時間すらありません。

披露宴も当然時間延長となってしまいます。
「おもてなし」を重視したい場合は、1組にお願いするのがよいのかもしれません。

体験談
「一人の人にたっぷり時間をとれる!」
■新郎がバンドしているので、その方たち以外に何か余興をやってもらう人を探そうとも思いませんでした。彼らにたっぷり時間をとってもらって余興をしてもらいました。(30代前半女性)

目次に戻る

2位 2組 35%

新郎側が1組出すので、それならば新婦側も…などとバランス重視のパターンはこの数字になっています。
ただ、この場合は数合わせになることも多く、「余興のクオリティ」には気を付けておきましょう。

また、たとえ芸達者のゲストが出席する場合でも、時間の配分や出席しているゲスト全体への配慮として2組くらいまでがよいのかもしれません。

体験談
「人数あわせで新婦側も!」
■夫の友人から余興をしたいと申し出があり、人数を合わせる為私の友人にもお願いした感じです。(20代後半女性)

体験談
「時間的な限界が2組だった!」
■新郎新婦の各友人1組ずつが時間的に限界だったためです。余興なしも考えましたが、ゲスト100名ほどの披露宴だったため間延びしないためにも余興は入れたいと思いました。(20代後半女性)

目次に戻る

3位 3組以上以上 17%

3組以上の余興が入ると、ちょっと多い印象があります。
けれども、3組以上の余興を行なった先輩カップルたちの披露宴の内容を見てみると、実際は、スピーチの数が少なかったり、演出の数もほとんどない場合が多く見られました。

はずせない余興の数を優先する場合、ほかの演出をおさえて時間超過にならないように、時間配分に気を配っているようです。

体験談
「スピーチが歌に変更になって3組に!」
■新郎側、新婦側それぞれ1組ずつで良いのではと思ってたのですが、結局新婦側の女性の歌に新郎側のギターで1組、共通の知り合いである飲食店のマスターの歌、前日に突然スピーチから歌に変更があり何となく3組になってしまいました。(30代後半男性)


結婚式という短い時間に、何組の余興を取り入れるかは悩ましい問題です。
ゲストや時間配分のバランスを見て、適切な余興の数を決めてくださいね。

自分たちが余興をやってくれる人に自信を持って任せれば、ゲストも必ず楽しんでくれること間違いないでしょう。

※ 2016年6月 時点の情報を元に構成しています