1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式の種類
  4. 人前式や神前式など納得いく挙式スタイルの選び方

人前式や神前式など納得いく挙式スタイルの選び方

2019.12.10

結婚式を挙げるとなったら、挙式スタイルをどうするか、決めなくてはなりませんね。
挙式スタイルには、大きく分けて、

  • 「神に向かって誓いをたてるスタイル」
  • 「人に向かって誓いをたてるスタイル」

の2種類があります。

どちらも特徴があり、進行の仕方にも違いが多くあるので、どうやって選べばよいのか、迷ってしまうカップルもいるかもしれません。
そこで今回は、納得のいく挙式スタイルの選び方をご紹介します。


神に向かって誓いをたてるスタイル

このスタイルには、どの神(仏)に向かって誓いをたてるかによって、

  • 「神前式」
  • 「キリスト教式」
  • 「仏前式」

などにわけられます。

ホテルや結婚式場内に併設された挙式会場で行なわれたり、「神社」「教会」「寺院」などで挙式が執り行われる場合もあります。
選んだホテルや式場によっては、併設の挙式会場の種類が決まっていて、自動的に挙式スタイルが限定されることがあるので、会場選びの段階からよく調べておきましょう。

神前式

日本的な趣のあるスタイルで、多くは白無垢などの着物を着ての挙式になるようです。
現在着物を日常的に着ることは少ないので、「着物を着るのは成人式以来だから」と、この挙式スタイルを選ぶカップルもいるようです。

体験談
■クリスチャンじゃないのに、教会式をやるのは嫌だと言う新郎の意見が大部分を占めました。両親も神前式だったし、せっかく日本に生まれたのだから、伝統に沿った挙式をしようときめました。(20代後半女性)

キリスト教式

ウェディングドレスを着て、誓いの言葉を述べるシーンはドラマや映画でもよく見られますよね。
小さいころからの憧れのスタイル、という人も多い挙式スタイルです。 ちなみに「誓いのキスは必須!」という印象が強いスタイルですが、実はそのようなことはありません。

「人前でキスをしたくないから」という理由で断念する前に、ぜひプランナーに相談してみてくださいね。

体験談
■キリスト教式の嫌なところは人前でチューすることだったが、プランナーに聞いたら「ほっぺにチュでもいい」ということだったので、人前式でいろいろアイディアを考えるくらいならキリスト教式のほうがいいと決めました。(30代後半女性)

仏前式

着物を着たい!ということならば、仏前式もおすすめです。
ただし、ホテルや結婚式場で常設挙式会場となっているところは少ないようで、寺院、あるいは結婚式場のある比較的大きな寺院での挙式になるようです。


人に向かって誓いをたてるスタイル

一般的に「人前式」と呼ばれ、プロの神僧職の人は司式を執り行いません。
また、神でなく、ゲストに向かって誓いの言葉が述べられる挙式スタイルのことです。

そして、「人前式」の最も大きな特徴は、二人のオリジナルの進行ができる点にあります。
準備は少し大変になりますが、入退場の仕方や音楽まで、かなり自由に決められるので、思い出の挙式を作ることができますね。
挙式会場が教会であっても、神父や牧師なしに進行する場合は「人前式」と呼ぶようです。

体験談
■ウェディングドレスでバージンロードを歩くのが理想だったのでチャペルを選んだのはいいけど、キリスト教でもないし神父さんはいらず、オリジナルの式が作り上げられる人前式にしました。(30代前半女性)

このほか、リゾート婚をする場合は、「リーガルウェディング」と呼ばれる、現地の法律にのっとった手続きをとる挙式スタイルもあるようです。


このように、いろいろな挙式スタイルがありますが、素敵な衣装を選ぶのとあわせて、自分たちにふさわしい、後悔のない挙式スタイルを選んでくださいね。

※ 2016年7月 時点の情報を元に構成しています