1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式準備
  4. ウェディングプランナーに喜ばれるお礼やお心付け

ウェディングプランナーに喜ばれるお礼やお心付け

2020.01.30

結婚式の打ち合わせで、一番お世話になるのがウェディングプランナー。
そのプランナーに感謝の印としてお渡しするのが「お礼・お心付け」と言われるものです。

「お礼・お心付け」は必ずしも渡さなくてはいけないものではありませんが、「幸せのおすそわけ」という意味もあるので、できれば渡したいものですよね。
そこで今回は、ウェディングプランナーに喜ばれるお礼やお心付けについてご紹介します。


プランナーへのお心付けの相場は?

一般的には、 5,000円から10,000円 と言われています。
心付けには新札を用意し、「寿」または「御祝儀」と書かれたポチ袋やご祝儀袋に四つ折りに畳んで入れます。
表書きには両家の姓(新郎が右側)を書きます。

体験談
「友達の話を参考に現金を準備!」
■現金を「お礼」というかたちで渡しました。相場を結婚式を挙げた友達にきいて、事前に準備をしておきました。(30代前半女性)

しかし、式場によっては、最初からサービス料としてスタッフへの謝礼が含まれている場合もあります。
そのためお心付けを渡しても、 断られてしまうことがある ようです。その場合、無理に渡すのはやめましょう。

目次に戻る

現金以外に喜ばれるお礼とは?

他のスタッフと分けられるお菓子

結婚式はプランナーひとりの力だけではなく、何人もの力が合わさってできるもの。
そのため 他のスタッフと分けられる物 は嬉しいようです。

体験談
「新婚旅行で休憩中に食べてもらえるおみやげを購入!」
■結婚式前に新婚旅行に出掛けたため、休憩中などに食べていただけるようにおみやげ(お菓子)を渡しました。(30代前半女性)

花嫁花婿と一緒に撮った写真

プランナーさんは花嫁花婿と同じく、結婚式に対しての思い入れは大きいもの。
そのため 一緒に撮った写真 などは形に残るため、プレゼントされると嬉しいようです。

体験談
「感謝の気持ちを伝えたくて写真も渡した!」
■本当に感動的で素敵なお式になったので、気持ちを伝えたくて、後日に、一緒に撮った写真と手紙・菓子折りを持って式場に行きました(20代後半女性)

気持ちがこもった手紙

手紙は気持ちが伝わってきて、嬉しいですよね。
また手紙だと 何年経っても読み返し出来る のが良いみたいです。

体験談
「お礼の手紙を添えて!」
■プランナーさんにお礼のお手紙と、お菓子をお渡ししました。(20代後半女性)  


このように式場によりけりですが、お心付けを受け取るところや受け取らないところがあります。
もし受け取らない式場であれば、感謝の気持ちとして出来ればお礼を渡したいですよね。

みんなのウェディング相談デスク

※ 2016年7月 時点の情報を元に構成しています