1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 披露宴演出
  4. アウトドアウェディングの準備!心配な天候・・・当日雨が降ったらどうする!?

アウトドアウェディングの準備!心配な天候・・・当日雨が降ったらどうする!?

2016.05.26

アウトドアウェディング記事第3弾です。
自然の中で自由なパーティーがしたい!と思い立ってから準備を始め、ようやく素敵な会場も決まったものの、やはりアウトドアウェディングで心配なのは「天候」

こればっかりはコントロールできないので、本当に心配でした。
ただ、できる限りの準備はしておこうということで、「晴れバージョン」と「雨バージョン」2つの当日シナリオ を準備することにしました。

晴れの日バージョンシナリオ

私たちの結婚式会場「KANAYA BASE」はアトリエとして使われていたので、広々とした室内空間があり、また外に出ればすぐ真横に海があるというロケーションでした。

この海を望む、開けた視界がとても素敵だと思ったので、入場セレモニーは海の見える所で行うことにしました。

晴れの日だとこんなに素敵なんです!

こちらは実際の結婚式当日の写真です。
結果何とか天候に恵まれたので、外で無事に行うことができました。

他にも外でできる演出を多めに取り入れる計画にし、

・バーベキュー
・運動会
・ライブ

を演目として考えました。

また外スペースにはテントを張り、椅子を並べてゲストが自由に座ったり出来る様にして、外と中の垣根がなく、自由に行き来出来る動線にしました。

運動会イベントは、外だとスペースを十分に使えるので、「パン食い競争」や「風船運び」「大縄跳び」「スプーンでの卓球ボール運びレース」などを検討。

ライブでは、入場と同じ円形のスペースを使い、野外フェスのようなイメージでアーティストさんに歌ってもらうことにしました。

これはまさに私たちのイメージ通り!のパーティー。
晴れた日バージョンのシナリオはイメージしやすく、順調にプランニングが進みました。

雨の日バージョンシナリオ

一方難しかったのが、雨バージョンシナリオ。
外に出られなくなるということで、単純に使えるスペースが半減します。
ゲスト全員が室内に入ったとしても、ある程度の余裕はある大きさでしたが、全員分の座るスペースは取れそうになかったため、立食スタイル を考えました。

パーティーの目玉企画「運動会」は何とか室内でもできないか?と知恵を絞り、

・パターゴルフ対決
・箱の中身は何だろうなゲーム
・牛乳の早飲み対決

のような、スペースを使わず、また準備が簡単な企画を検討することにしました。

またゲストが途中でつまらなくならない様に、染物や木のスプーン作りなど簡単にできるワークショップ を、イベントとして盛り込むことにしました。
食事は晴れの日バージョン同様にバーベキューを考えていたのですが、さすがに室内では出来ないので、これだけは一部屋根のある屋外で行おうと考えました。

アウトドアウェディングは雨の日の下見がオススメ

シナリオは晴れの日・雨の日と2パターン用意したものの、やはり実際に雨の日の雰囲気を見ておきたいと思い、実際に天候が悪い日に現地を下見 しました。
窓を開けていれば、風が入ってきて涼しく、湿気もそれほど気になりませんでした。

また、昼間は窓から入ってくる光で十分ですが、夕方になってくると室内は暗かったので、ランタンなどの灯が必要だということもわかりました。
雨の日のことはあまり考えておきたいことではありませんが、やはりこうした事前準備をしておくことで、余裕を持って当日に臨むことができました。

次回は、アウトドアウェディング最終回、会場装飾についてご紹介します♪


▼過去記事もチェック

こんなの初めて!ゲストに驚かれた、アウトドアウェディング実例

【体験談】アウトドアウェディング、こんなポイントで会場を選びました!

※ 2016年5月 時点の情報を元に構成しています