1. 結婚式口コミ みんなのウェディング
  2. みんなのウェディングニュース
  3. 結婚式の種類
  4. 【体験談】アウトドアウェディング、こんなポイントで会場を選びました!

【体験談】アウトドアウェディング、こんなポイントで会場を選びました!

2016.05.19

前回、私の行ったアウトドアウェディング の様子をお伝えしましたが、今回はどうやって会場を選んだのか?という点についてご紹介したいと思います。

元々「普通の結婚式ではなく、自然の中で自由なパーティーをしたいな」と漠然と思っており、それを高校の同級生でウェディングプランナーをしている友人に相談したところ、フリーのプランナーを紹介してもらったことが、最初のステップでした。

会場の制約に捉われず、自由な発想で提案をしてもらえるとことが、フリープランナーのいいところ!

全部で3箇所の素敵な会場を提案されました。
もちろんですが、それぞれメリットもあれば、デメリットもあり、彼と相談の上会場を決定しました。


候補1 キャンプ場

草原 キャンプ場 出典:http://lesgaispinsons.ch

ズバリアウトドア!ということで、キャンプ場の提案でした。
元々私と彼が持っていた自然に囲まれた自由な結婚式、というイメージでは、この会場が一番近かったです。

しかし、あまりにも広いのでせっかく来てくれたゲストが散らばってしまうのは
寂しいかな・・・と思い、結果選びませんでした。

長所

  • 広い範囲で借りる事が出来る
  • コテージがあるので、天候が悪い時はその中へ避難出来る
  • ハンモックなどを至る所に吊るす事が出来る

短所

  • 範囲が広すぎて、ゲストが散らばりすぎる
  • 虫が多いので普段アウトドアしない人は嫌がりそう
  • 装飾が広範囲すぎて難しい

場所によっては、完全に野外!ということもあるでしょうし、やはりオリジナリティは演出できますが、天候のことや気温など、難しいことも多いのがキャンプ場かな・・・という印象です。

候補2 代々木VILLAGEの店舗

代々木VILLAGE カフェ 出典:https://retrip.jp

小林武史さんプロデュースで有名な、代々木駅からすぐの商業施設「代々木VILLAGE」。
とてもオシャレな施設ですし、素敵な庭もありますが、やはり自然!というイメージではキャンプ場などと比べて劣るな・・・という印象でこちらも選びませんでした。

長所

  • 綺麗で冷暖房完備
  • 天候はあまり気にしなくても良い
  • ゲストが来やすい場所にある

短所

  • 一般の方もいる可能性がある
  • 貸し切るにあたり金額が高い
  • 自然の雰囲気はあまりない

候補3 千葉県金谷にあるシェアアトリエ「KANAYA BASE」

KANAYA BASE 出典:http://ototoy.jp

見学に行ったところ、私も彼も一目惚れ!
建物から一歩外に出れば、目の前には海があり周りを見渡せば山がある。
まさに希望通りの、自然の中でパーティーが出来る場所でした。

私たちの結婚式の予定は夏。見学に訪ねた季節も夏手前だったので、雰囲気もよく掴めました。

部屋の中には冷房がないと言われ驚いたのですが、「海風が入るので要らない」とのこと。
実際にその通りだな、と見学の際に自分たちも実感しました。

長所

  • 海と山に囲まれていて自然が沢山
  • アトリエ空間なので自由に会場作りが出来る
  • 外も室内もあるので天候によっての調整が可能

短所

  • 会場までの交通手段が少ない
  • 暑さ対策が必要
  • トイレが少ない

残念ながら、現在はこちらの会場は使えないようなのですが、自然を近くに感じられ、
自由にデコレーションができる空間はオリジナルの結婚式にピッタリの場所だと思います。


私たちのパーティー予定は7月と猛暑真っ只中。
梅雨は明けているので、雨の心配はさほど気にならないけれど、台風の心配がありました。

どの時期でも、アウトドアでウェディングを行う場合、天候の心配はつきものだと思います。
ただ会場をおさえるのは1年以上前だったので、ここはもう運に任せるしか無い!と思い決意しました。

いざという時のために、室内スペースがある会場を選んでおくというのも、いい選択だと思います。
実際、私たちも「晴れパターン」「雨パターン」と当日のシナリオを2種類用意して臨みました。
次回はそのあたりについて紹介したいと思います!


▼過去記事もチェック

こんなの初めて!ゲストに驚かれた、アウトドアウェディング実例
http://www.mwed.jp/articles/1006/

※ 2016年5月 時点の情報を元に構成しています