【無料テンプレ付き*プロフィールブック】カンタンおしゃれに仕上がる作り方

みんなのウェディング編集部 五十嵐 舞
最終更新日 2019.05.20
【無料テンプレ付き*プロフィールブック】カンタンおしゃれに仕上がる作り方

結婚式費用を少しでも節約したい、自分たちのオリジナリティーを出したい…!
結婚式DIYをする理由は人それぞれ♪
そんななかでも最近人気なのが、プロフィールブックのDIYです。
この記事ではプロフィールブックの無料テンプレートを使った作り方と、おしゃれに仕上げるコツをお教えします!


プロフィールブックを手作りする人増えています

結婚式で使用するペーパーアイテムをDIYする花嫁さん、多いのではないでしょうか?
そのなかでも、当日ゲストみんなが手に取るプロフィールと席次、メニューなどを盛り込んだプロフィールブックは「ゲストにふたりのことをもっと知ってもらいたい!」と思う新郎新婦さんに大人気のアイテムなんです。

ふたりのオリジナリティーを出せるだけでなく、受け付けやゲストテーブルをおしゃれに彩り、なれそめなどゲストの話題にも一役買うこと間違いなし!
プロフィールブックは式場ではなかなかオーダーが難しいことも多く、専門の業者に依頼するとテンプレートが決まっていたり、金額が高かったりすることから、DIYする花嫁さんも多いのです。
自分で作るなんて難しそう…と思っても大丈夫。
この記事ではプロフィールブックをカンタンおしゃれに仕上げる作り方と、無料テンプレートをご紹介します!


目次に戻る

構成を決めよう!

オリジナリティーいっぱいのプロフィールブック。
絶対にこれを入れなければ!というものはないので、何をどこまで入れると良いか気になってしまいますよね。
たくさんの花嫁さんが取り入れている基本は、『挨拶文』『新郎新婦プロフィール』『席次』『メニュー』などです。
そのほかにも、目次や結婚式のタイムラインやふたりのラブストーリー(なれそめ)、DIY紹介、ギャラリーページ(前撮りなどふたりの写真紹介ページ)などを盛り込んでも◎

作成するサイズとページ数を決める

今回はこちらの内容で作ります。

  • A5縦サイズ(開くとA4)
  • 中綴じ(左開き)
  • 8ページ

構成はこんな感じに決定。

  • P1   表紙
  • P2   挨拶文
  • P3   ラブストーリー
  • P4~5 プロフィール
  • P6~7 席次
  • P8   メニュー(裏表紙)

目次に戻る

プロフィールブックの作り方

使う道具

  • パソコン
  • パワーポイント
  • 前撮りなどふたりの写真データ
  • プリンターとA4用紙(試し刷り用)

①パワーポイントで用紙設定をする

パワーポイントで用紙設定

パワーポイントで用紙設定

パワーポイントを開き、【ファイル>ページ設定】にて用紙サイズをA4サイズの幅29.7cm 高さ21cmに設定。
プロフィールブックを、見開きの状態でデザインしていくので必要なスライドは4枚。

ページの並び

ページの並びはこのようになります。
縦横の中心を表すガイドライン(点線)が表示されますが、この線はそのまま表示して置くとデザインしやすいですよ。

②ページ8と1(裏表紙のメニューと表紙)を作成する

ページ8と1(裏表紙のメニューと表紙)

裏表紙となるページ左半分にメニューを、右半分に表紙をデザイン。
メニューは裏表紙に記載するとゲストが確認しやすくて◎
右半分の表紙背景色は白のまま、メインの写真を挿入し、名前などを入力したテキストボックスを追加しただけのシンプルなデザインにしました。

③中ページ2~3(挨拶文とラブストーリー)を作成する

挨拶文とラブストーリーページ

P2には挨拶文を掲載。

挨拶文には
①お礼
②気持ち
③ゲストへ向けたメッセージ
④今後の抱負
⑤今後のご挨拶
を含めると◎

P3にはラブストーリーを。
あえて文字のみでシンプルに大人っぽく。
英語と日本語でそれぞれのできごとと日時を記載しました。

④中ページ4~5(プロフィール)を作成

中ページ

プロフィールといえば、片ページや三つ折りの席次に細長く記載されているものが一般的だけど、今回はお気に入りの写真をまるまる1枚どーん!と使用。
新郎新婦の写真の横に質問と返答を入力しました。

⑤中ページ6~7(席次)を作成

席次

こちらは無料テンプレートを使用して簡単に作成(後ほど詳細解説)。
作成中、何度か試し刷りしてデザインを確認しました。

⑥印刷する

プリントパックトップ画像

印刷は花嫁さんたちに人気の『プリントパック』を利用しました。

トップページの左端の欄『ウェディング』よりプロフィールブックを選び、用途に合わせて進めていくだけ。
注文が完了したら、データ入稿します。
パワーポイントのままだと他の端末での閲覧時、文字化けが起こる可能性があるため、PDFに変換して入稿しました。
データチェックにも細かい配慮がなされ、写真の画質が荒い、文字が小さい、薄いことによるかすれの可能性なども事前にチェックしてくれます!
店舗にデータを持ち込むと、その場で試し刷りもしてくれるそうなので安心。
今回はオンデマンドでフルカラー、110Gのマットコート紙への1部印刷で1,850円でした!
100部などまとまった部数で納期にも余裕をもってオーダーすると、もっとお得に印刷できますよ♪

⑦完成

できあがった完成品

できあがった完成品見開き

できあがった完成品がこちら。

ツヤツヤしすぎておらず、自然な仕上がりに。
文字や写真の色味も綺麗に発色しています。
背景色はパソコンの画面で見ていたものとは若干違ったので、データ持ち込みで一度試し刷りをしてもらい確認すると安心です。


目次に戻る

プロフィールブックを作る時のポイント

①4の倍数のページで作る

完成見開き

中綴じのプロフィールブックは4の倍数でのみ作成が可能です。
あまりページ数が多すぎると、ゲストが読み疲れてしまうので、8~12ページがオススメですよ。

②迷ったらシンプルに!

デザインに迷ったらシンプルに作りましょう!
シンプルなデザインだとどんなテーマにも合いやすく、また洗練されたおしゃれな印象に。
作成時間も短縮できるかも。

小さな写真を細かくたくさん入れてしまうとごちゃごちゃしてしまうことも。
今回作成のプロフィールページのようにお気に入りの写真を思い切って見開きにしたり、ラブストーリーページのように、あえて文字のみで仕上げるとメリハリが出て大人っぽく仕上がりますよ。
また、使用するモチーフも四角や丸などシンプルなものを中心に使用すると◎
色味はウェディングのテーマカラーに合わせて1~3色に絞って使用しましょう。

③写真セレクトは?

とくに表紙の写真には、カメラ目線でないものや足元ショットなどパーツのみの写真などをセレクトすると洗練されたイメージになりますよ。
逆にプロフィールページの写真などは目線があっていたり、顔がしっかり写っている写真がオススメです。


目次に戻る

オススメの無料フォント

今回使用したオススメのフリーフォントはこちら。
カリグラフィーフォントです。

・Stylish Calligraphy
・Jellyka Saint-Andrew's Queen

フォントも、あまり種類を増やしすぎず数種類のお気に入りに絞ってデザインするとプロフィールブックに統一感が出ますよ。


目次に戻る

無料テンプレートを使って簡単に!

見開き席次ページ

一から作成してももちろん良いのですが、初めの設定や配置を考えるのが面倒!という花嫁さんは、無料テンプレートを下記よりダウンロードして使ってくださいね♪
背景色やフォントを変更するとまた違った雰囲気になりますよ。

無料テンプレートはコチラ

※個人使用にかぎる。
また、パワーポイント形式であるため、ソフトのバージョンによっては開けなかったり、レイアウトが崩れる可能性があります。


ふたりのことを、もっとよくゲストに知ってもらえるプロフィールブック。
簡単に手作りできちゃうのでぜひ試してみてくださいね♡

五十嵐 舞
OH MAIGOODNESS

《プロフィールブック 関連記事》

《DIY 関連記事》

【ウェディング診断テスト】
"好き♡"を選ぶだけで、結婚式のイメージがまとまります♪

※ 2019年5月 時点の情報を元に構成しています

関連する記事