結婚式口コミ みんなのウェディング  >   結婚準備  >   新生活  >   新婚旅行・ハネムーン  >   新婚旅行で行きたい豪華客船クルーズの旅まとめ
新婚旅行で行きたい豪華客船クルーズの旅まとめ
ときめキカク365 恋愛・結婚のアイデアをチェック!

結婚・結婚式にまつわるイメージやアイディアが集まるページです。
告白やプロポーズから結婚式・2次会の演出や余興、記念日の過ごし方などその後の結婚生活まで様々な場面での素敵なアイデアを配信中です!

注目記事

新婚旅行で行きたい豪華客船クルーズの旅まとめ

一生に一度の特別なハネムーン。そこで人気上昇中なのが、クルーズの旅。乗船中もおおいに楽しめ、目覚めれば寄港地で世界遺産巡り、なんて忘れられない贅沢な旅になりそう!ということで、新婚旅行で行きたい豪華客船の旅をまとめてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:「Voyager of the seas」

世界最大の客船に乗って旅をしました。船名は、Voyager of the seas 海の旅人という意味です。マイアミを出港して、ハイチ、ジャマイカ、メキシコ、マイアミ帰港というカリブ海コースで、7泊8日でした。

出典 www.geocities.co.jp

豪華客船の旅ということで、格式ばったイメージかと思いましたが、実際にクルージングすると、全てのクルーの対応が非常に軽快な態度でしたので、非常に気軽に楽しめました。港についたら、遺跡ツアー、買い物ツアー、イルカ見学ツアー、アクアラングツアー、スノーケリングツアー等が、企画されてして、日本国内の事を考えれば非常に安価に楽しめます。

出典 www.geocities.co.jp

とにかく、今まで海外旅行をしていても「観光地めぐりだけでは味気ないなあー」と思っている方にはお勧めします。 あと、新婚旅行には最適と思いました。ゆったりしてますから、あまり喧嘩しないですみます。

出典 www.geocities.co.jp

2:「飛鳥2」

  

出典 飛鳥?とは

私は飛鳥2の方をお奨めします。理由は部屋の大きさとベットの設置場所の違いですね。両方とも乗りましたが、今回は新婚旅行ですと、初めてであったら飛鳥2の方が豪華で思い出に残ると思います。

出典 detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

3:「パシフィックビーナス」

一番のテーマは「ふれんどしっぷ」豪華な設備とサービス、日本でもトップクラスのおもてなしだけど。でも気取らない、クルー一人ひとりがとっても親切。メインダイニングのクルーは東南アジアの人が多い。決して上手じゃない日本語で、だけどとっても一生懸命もてなしてくれる。それも魅力のひとつ。

出典 sevenseascruising.blog41.fc2.com

クルーからしてフレンドリーだから。少し英語を覚えて乗ってみると面白さが広がるかもしれないよ。東南アジア、イギリス、クロアチア、いろんな国の人が働いているから。いわゆる「豪華客船」そんな呼び方はやめてもっと気軽に乗ってみて。400人の乗客と200人のクルー、クルーズが終わる頃には不思議な一体感が生まれてるはず。バスや飛行機に乗っても、一流ホテルに泊まっても、そんな雰囲気は味わえないでしょ?

出典 sevenseascruising.blog41.fc2.com

4:「カリブ海クルーズ」

むしろ、バルコニーよりもデッキに出た方が広々していますし、ウィンジャマーカフェやプロムナードカフェで飲み物やつまみを持ってきてデッキで日光浴したりジャグジーに入ったりした方がリゾート感を味わえます。

出典 detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

終日クルーズの日が多いので部屋で過ごすこともあるかもしれませんが、初クルーズの場合部屋に居るのがもったいないくらい船内施設が多いので、バルコニー付きにこだわる必要は特にないかと思います。

出典 detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

5:「ポール・ゴーギャン」

チュウだらけのクルーズ。出発前に同僚から「今回はつらい取材になるから覚悟してね」と言われました。タヒチはこれまでも取材しているのに何があるんだろうと不思議に思いつつ乗船しました。

出典 www.xn--u9jt60gzhqigo0hp.net

こういうことか、と同僚の言葉を思い出し、自分の新婚旅行は絶対タヒチにしてやると心に誓いました(私以上に独身のつらさを知っている同僚は、こうなることを読んでいたんでしょうね)。

出典 www.xn--u9jt60gzhqigo0hp.net

世界的なハネムーン・リゾートだけあって、今回のクルーズには、新婚さんがたくさん乗船していました。船内は、どこもかしこもラブラブムード。極めつけは、船上で行われたハネムーン・セレモニー。仲の良い新婚カップルが次々に誓いのキスをしていくのを撮影するのは、独身の自分には、刺激が強すぎました。 

出典 www.xn--u9jt60gzhqigo0hp.net

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!

フェア予約と口コミ投稿で、合計25,000円分のポイント(現金交換可)がもらえる!

未来の花嫁・花婿はあなたの本音を待っています。