結婚式口コミ みんなのウェディング  >   結婚準備  >   結婚  >   マリッジブルー・不安  >   結婚準備で彼と喧嘩になりがちな理由とその対処法まとめ
結婚準備で彼と喧嘩になりがちな理由とその対処法まとめ
ときめキカク365 恋愛・結婚のアイデアをチェック!

結婚・結婚式にまつわるイメージやアイディアが集まるページです。
告白やプロポーズから結婚式・2次会の演出や余興、記念日の過ごし方などその後の結婚生活まで様々な場面での素敵なアイデアを配信中です!

注目記事

結婚準備で彼と喧嘩になりがちな理由とその対処法まとめ

結婚準備の期間中、やる事も考えなきゃいけないこともいっぱいです。 そんな忙しい時期に、思いもよらぬ悩みを抱えることも…。 そう、多くのカップルがこの時期に喧嘩が絶えないのです。 そこで結婚準備で彼と喧嘩になりがちな理由とその防止対策をまとめてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

原因1. やる気0、すべて私任せで腹がたつ…。

対策

諦めも肝心!?「やりたい人が準備する」

恐らく結婚式をするカップルの誰もが通る道です。 みんなそうです。彼は「やりたい人が準備すればいい」と人事なんだと思います。さっさとあきらめて、自分で準備するしかありません。私の場合は、夫の家族の都合で行ったのに、夫は何も準備をしなかったので泣いて抗議しました。夫は逆ギレしながらも、なんとか自分の出来ることだけやってくれました。それでも、私は準備の90%くらい自分でやったかなぁ。。。(彼がやっても、やる気が無いので間違いだらけ。結局自分がチェックしたり、、、余計大変だったりしました。)

出典 detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

私が主役!「好き勝手決めちゃおう」

男性の中には結婚式の準備に無頓着だったり、照れがあるのか傍からは乗り気でないように見える人も少なくないですよ。ここは考え方を変えて、あなたの好きなように結婚式を演出できると、準備を苦痛に考えず、楽しんでみたらどうでしょう?婚約後10日ほどで長期海外出張に出かけ、式の2週間前に帰国した主人のことを思い出しました。いなくてもそれはそれでなんとかなりました。衣装合わせも一人で行きましたし、披露宴の何から何までこちらで準備しました。主人側の結婚式の招待状まで私が書きました。結婚式の主役は花嫁さんである貴女なのですから、一人で好きに決めちゃいましょう!

出典 detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

原因2. 両家の風習の違いが原因にも。親が口を挟んで揉めるケースも。

対策

両家で話し合う姿勢を見せる

実家が千葉と山梨で、それぞれの地域の風習とか親戚をどこまで呼ぶかとかで感覚の違いが少々ありました。お互いの両親の考えと私たち二人の意見といろいろ解決してくことはありました。例えば、私たちは「人前式」にしたい。でも、親たちは人前式の結婚式に出席したことないしどういう流れでやるのか全くわからない。というときは、「こういう流れで、二人らしくオリジナルの式にしたい」ときちんと両方に説明をして理解してもらったりしました。そういうやりとりを両家とも交えてしていたので、「理解しあえた」というよりも「団結した」感じで、今とてもいい関係ですよ。お互いに、「私はこうしたいです。あなたはどうしたいですか?では、うまく折り合いをつけて最善の方法を見つけましょう。」という、話し合いをする姿勢をお互いの家が持っていたのでうまくいったのでしょうね。初の共同作業って、ケーキ入刀じゃなくて、「両家の言い分を聞く」なのかもしれないですね。

出典 okwave.jp

原因3. 結婚準備に積極的な者同士、意見がぶつかり合う

対策

まずは冷静になることが大切。ヒートアップしてしまうと、お互いの関係もこじれますし、問題の解決にもつながりません。まずは冷静になって考え、歩み寄れるところがないかどうか考えてみましょう。また、対立点がいくつかあるのなら、ここは彼の好み、こちらは私の好みで、というように分けてもいいかもしれません。

出典 allabout.co.jp

原因4. 結婚式の費用分担がうまくできずに…

対策

項目ごとにどちらが費用を負担をするかを決めていく方法もあります。会場にこだわりたい新郎側が会場費用一式を払うなど、こだわりたいところは費用を出すという考え方ですね。合理的な考え方として、これらのミックス案もあります。お料理や引き出物は参加者人数比で割る、新婦の衣装代は新婦側、新郎の衣装代は新郎側が負担。会場費や演出などの全般にかかる費用は折半もしくは6対4など。新婦の衣装代が高額になる傾向なので、全般にかかる費用は折半よりも6対4や7対3くらいが妥当なところかもしれません。いずれにしても、基本はきちんと両家で話し合いをして、お互いが納得できるように決めておくことが大切です。予算内にうまくおさまる式になるように、親からの援助やその割合などを元に式場を選ぶようにしましょう。

出典 allabout.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!

フェア予約と口コミ投稿で、合計25,000円分のポイント(現金交換可)がもらえる!

未来の花嫁・花婿はあなたの本音を待っています。