結婚式口コミ みんなのウェディング  >   結婚準備  >   結婚式  >   結婚式の服装  >   結婚式の服装【女性】  >   「夏の結婚式」お呼ばれで気を付けたい7つの服装マナー
「夏の結婚式」お呼ばれで気を付けたい7つの服装マナー
ときめキカク365 恋愛・結婚のアイデアをチェック!

結婚・結婚式にまつわるイメージやアイディアが集まるページです。
告白やプロポーズから結婚式・2次会の演出や余興、記念日の過ごし方などその後の結婚生活まで様々な場面での素敵なアイデアを配信中です!

注目記事

「夏の結婚式」お呼ばれで気を付けたい7つの服装マナー

結婚式にお呼ばれした際、特に新郎新婦のご両親や親族、上司の方も集まるような披露宴ではTPOに合った服装を心がけたいもの。でも夏は、つい涼しい服装にしたくなってしまいますよね。今回は、夏の結婚式で気をつけたい正しい服装マナーについてまとめました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1. 暑くてもストッキング着用がベター

ゲストハウスやプライベート感覚のレストランなどでは、生脚でも問題はなさそうですが、やっぱり格式高いホテルなどではストッキング着用がベター。

出典 allabout.co.jp

2. オープントゥやミュール・サンダルはNG!

若い方でサンダルのような靴を履いて出席されている方がいらっしゃいますが、結婚式でのマナーという点では足の指を見せないという事からも、カジュアルなパーティ形式でない限り、あまりよろしくないかと思われます。当店では、つま先やかかとが隠れたパンプス、もしくは、つま先は出ないでバックストラップの靴などをおすすめしております。

出典 www.gogo-wedding.com

3. 昼間の披露宴は肌の露出を控えめに

胸の部分がガバーっと開いたものやミニスカートは避けましょう。スカート丈は膝あたり もしくは膝下で。特に教会での結婚式や、お昼間に行われる式では肌の露出をできるだけ少なくするのがベターです。

出典 nanapi.jp

4. 挙式時は肌を見せない羽織ものを用意しておく

ゲストハウスや友人が多い結婚式なら、キャミタイプやベアワンピもOKでしょう。ただし挙式は別。肩や腕をだすワンピースなら、挙式中に羽織れるストールやボレロなどを持参しましょう。またキャミやベアワンピも品のよいものを選ぶことを前提に。あくまで 結婚式 だということをお忘れなく。

出典 allabout.co.jp

5. 昼間は透け感のあるアイテムを避ける

肌を露出するドレスはおすすめできません。たとえばノースリーブのワンピースには、スカーフやショールで肌を隠します。また光る素材、透ける素材は避けるほうがよいでしょう。

出典 allabout.co.jp

6. 夏物の着物で季節感を意識して

また着物で出席するならば、訪問着が基本になりますが、その際にはやはり夏向けの絽や紗の着物がおすすめです。そして帯も華やかに締めて出席したいものです。

出典 weddingceremony-clothes.informationsite.biz

7. 暑くても披露宴に浴衣は絶対NG!

これまでに、いろいろな結婚式(披露宴)に出席しましたが、ゆかたで出席している人は見たことないですね。披露宴は、両家の親族等も集まる公式な場ですし、常識的に考えても新婦より注目を浴びるような服装は避けるべきだと思います。結婚式の2次会であれば仲間内の非公式な場ですので、許されると思いますが。

出典 detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!

フェア予約と口コミ投稿で、合計25,000円分のポイント(現金交換可)がもらえる!

未来の花嫁・花婿はあなたの本音を待っています。