結婚式口コミ みんなのウェディング  >   結婚準備  >   恋愛  >   好きな人に出会う  >   理想の相手に出会う  >   大人の恋愛は大変!アラサー独身女子にありがちな恋愛の悩みまとめ
大人の恋愛は大変!アラサー独身女子にありがちな恋愛の悩みまとめ
ときめキカク365 恋愛・結婚のアイデアをチェック!

結婚・結婚式にまつわるイメージやアイディアが集まるページです。
告白やプロポーズから結婚式・2次会の演出や余興、記念日の過ごし方などその後の結婚生活まで様々な場面での素敵なアイデアを配信中です!

注目記事

大人の恋愛は大変!アラサー独身女子にありがちな恋愛の悩みまとめ

年齢を重ねてきた20代後半から30代前半のアラサー女子は、恋愛や仕事、結婚など悩みが多いお年頃。特に独身女性は仕事が忙しい中、婚活や恋活に励んでいる人が多いですよね。今回は、アラサー独身女性にありがちな恋愛の悩みをまとめました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

周りがうるさくなる

心配してくれているのはありがたいのですが、年齢を重ねるごとに周りがうるさくなってきます。親にはお見合いを勧められ、会社の先輩からは飲み会の時には常に結婚の話を振られ…と、とかくアラサー女子の周りは結婚のネタばかりになります。

出典 woman.excite.co.jp

スタイルがキープできない

  

出典 skinnyms.com

ついた脂肪がなかなか落ちない!そんなに食べてないのに太りやすくなった!など、若い頃と比べて代謝が落ちてくるアラサー女性はスタイルについてたくさん悩みを抱えています。私もお酒を覚えてしまったせいでダイエットは滞り中(笑)。

出典 www.rankingshare.jp

お肌の曲がり角が来る

20代も後半になってくると、10代?20代前半の頃と比べて肌に疲れが出やすくなったり、急に毛穴やたるみが気になってきちゃう年頃。早めのケアが大事。ほったらかしにしていると、後で泣きをみちゃうかも!?しっかり保湿を心がけたいですね。

出典 www.rankingshare.jp

いい男は既に売れている

本気でそろそろ恋愛・結婚をしたいと思った時、ふと周りを見渡してみたら「いいな」と思う男性は既に結婚している・または恋人がいる状態。年々理想は高くなるのに、いい男はどんどん売れて減って行く現実に焦るばかりです。

過去の恋愛を引きずっている

過去に片思いしていた○○君のことを忘れられず、出会う男性とつい比較をしてしまう、というストーリーも鉄板。味のなくなったガムをいつまでも噛み続けて吐きだそうとしません。さらにこれは相手のことが忘れられないというより、少女漫画のようなシチュエーションに恋をしていたといったケースがほとんど。青春時代の甘酸っぱい思い出にはふたをしましょう。

出典 googirl.jp

恋はしたいけど妥協できない

年齢を重ねるほど男性経験を積み、男性を選ぶ基準も自然と厳しくなります。アレコレ条件をつけていては恋愛できないのは分かっているけど、アラサーだからこそいい加減な相手とは恋愛している暇はない!恋愛に対する欲求と、決して妥協出来ない理想の間でアラサー女子は板挟みになっているのです。

お誘いが減る

「30超えてめっきり飲み会や合コンのお誘いが無くなった。20代の頃はしょっちゅうお声がかかってたし、スケジュールもめちゃめちゃ埋まってたのに……。結局男性って若い子が好きなのよね。会社の飲み会も男性陣は若い子にはチヤホヤ。新入社員が入ってくるたび、ますます結婚が遠のく感じがする」(38歳/サービス業)

出典 howcollect.jp

社内恋愛や職場結婚は女性が年齢を重ねると難しくなっていくことでしょう。また年齢とともに出会いのチャンスもどんどん減っていけば、この先自力で結婚できるとは思えなくなってくるものです。

出典 howcollect.jp

ガツガツしすぎてしまう

焦りまくりの婚活アラサー女性は、鬼気迫る勢いで男性を追い立てます。「逃してなるものか!」とばかりに自分の本心を押し殺して猫かぶりをし、すべての男性に感じよく振る舞うので合コンやお見合いをしても「感じのいい人」止まり。感じのいい人=無難な人になるパターンが多く、自身の魅力が伝わらないままフェードアウトしてしまうこともよくあります。

出典 googirl.jp

またいくら短期間で結婚したいからといって「婚活しているの!」といった女性の欲望をむきだしにした言葉は男性を引かせます。「結婚してくれるなら誰でもいい」といった人を選びたいと思う人はいません。

出典 googirl.jp

1人が楽しすぎる

1人でごはん・1人で映画・1人で旅行など、1人のラクさ、楽しさに慣れてしまうとなかなか抜け出せません。収入も安定してくるアラサー女性は、ふと「このまま1人でもいいかも?」なんて思ったりします。自分のしたいことだけが出来る満ち足りた1人生活を捨てて、傷ついたり喜んだり、感情を大きく揺さぶられてしまう恋愛を選ぶのが面倒になってしまうのです。

不倫やダメ男から抜け出せない

結婚したいならこんな男と付き合ってちゃダメ。頭では分かっているけど、ゴールのない不倫や、結婚相手にはしたくないダメ男と手が切れない!そんなだめんず好きの女性はいい恋愛・いい結婚に憧れながらも、寂しさをだめんずで紛らわせてしまいます。

「結婚」が恋の邪魔になる

恋愛したいと思っていても、「次に付き合う人とは結婚をしたい」という考えに縛られている人もいます。経済面や条件面ばかりを“頭”で考えて異性を見てしまい、“心”のほうが全く動かない……というのは、男女問わず多く聞かれる悩みです。「条件を満たせばOK」とお互い割り切れていれば、結婚も成立するのですが、「そうはいっても、ちゃんと好きだと思える人と結婚したい」と考えている方は、大変多いです。

出典 www.excite.co.jp

少し好意を感じても、その瞬間、結婚という“孫悟空の輪”がギュッと締まり、「自分では、または、この相手とでは、結婚は無理だな……」と恋心を自制してしまったり。

出典 www.excite.co.jp

出産に焦る

子どもを「産むか産まないか?」「産めるか産めないか?」。女性なら、未婚でも既婚でも一度は悩んだことがあるのではないでしょうか?30代後半からは妊娠する可能性が低くなる、妊娠や出産に伴うリスクが高くなる、といわれますから、30歳を超えたあたりから焦り出す人が増えてきます。

出典 angie-life.jp

出産の問題は、実はシングルやまだ子どもがいない女性だけでなく、既に子どもがいる女性でも悩んでいます。1人目の子どもが2-3歳になるころに、2人目、3人目をどうするか、もしくはできるか? という問題にぶち当たるんだそう。女性は、子どもを産むという課題に、結婚適齢期から40歳代まで、およそ20年もの間悩むことになるのです。

出典 angie-life.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!

フェア予約と口コミ投稿で、合計25,000円分のポイント(現金交換可)がもらえる!

未来の花嫁・花婿はあなたの本音を待っています。