結婚式口コミ みんなのウェディング   >  みんなのウェディング通信   >   みんなのウェディング×ヒューモニー 「結婚式と電報」に関するアンケート調査 【結婚式で電報をもらった 9割】〜もらって「嬉しかった」コメント多数〜 【もらったら嬉しい電報のタイミング:出産、結婚記念日、誕生日】

みんなのウェディング通信

検索

2014年09月17日

その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなのウェディング×ヒューモニー 「結婚式と電報」に関するアンケート調査 【結婚式で電報をもらった 9割】〜もらって「嬉しかった」コメント多数〜 【もらったら嬉しい電報のタイミング:出産、結婚記念日、誕生日】

結婚式場選びの口コミサイトを運営する株式会社みんなのウェディング(本社:東京都中央区、代表取締役社長兼CEO:飯尾慶介)と、電報サービスVERY CARDを展開する株式会社ヒューモニー(本社:東京都中央区、代表取締役:高野瀬明郎)は、共同で「結婚式と電報に関するアンケート」調査を実施し、591名の回答を得ました。本プレスリリースでは、同調査から見えてきた傾向をレポートいたします。

 

■総括

自身の結婚式での電報の受取り有無(対象:入籍者)について聞いたところ、挙式と披露宴の両方を実施した方では、約9割が「電報をもらった」経験があることがわかりました。さらに、電報をもらった相手(複数回答)については、「友人・知人」がトップ(60.5%)で、次に「夫の勤務先(社の代表)」となり、会社から社員へというものだけでなく、友人・知人同士で電報を贈るパーソナル傾向が見てとれます。結婚式で電報を受け取った時の印象や感想については、「嬉しかった」という本音のコメントも多く寄せられました。また、今後もらったら嬉しい電報のタイミング(複数回答)については、「出産/子供が産まれたとき」「結婚記念日」「誕生日」がトップ3となり、結婚式以外にも、相手に喜ばれる電報を贈る機会は様々あることがわかりました。

 

【挙式・披露宴実施者「電報をもらった(93.8%)」】

 

入籍済みの方に、結婚式の電報について聞いたところ、電報をもらった方は全体では75.6%、「挙式・披露宴の両方とも実施した」方に至っては、93.8%が電報をもらった経験があることがわかりました。

【電報をもらった相手「友人・知人」がトップ(60.5%)】

 

結婚式(挙式/披露宴)で電報をもらった方に、誰からもらったかについて聞いた質問(複数回答)では、「友人・知人(60.5%)」がトップ、次に「夫側の勤務先(56.5%)」が続きました。会社から社員へといったものだけでなく、結婚式に参加できなかった友人・知人も電報を贈る傾向にあることが見てとれます。

■本音のコメント1 〜結婚式で電報をもらい「嬉しかった」〜 (※原文のまま引用)

 

結婚式で電報を受け取った時の印象や感想をフリーアンサー形式で聞いたところ、「嬉しかった」というコメントも多く寄せられました。

 

・送ってくれた人の人柄が表れるような色々な種類の電報でどれも嬉しかった。友人は可愛いぬいぐるみ、目上の方はうるし箱など。プリザーブドフラワーのものやぬいぐるみは披露宴会場に飾って華にもなって良かった。(30代 女性 愛知)

 

・え!電報なんてくれるんだ!ってびっくりしました!でもすごくうれしかったです。夫も会社から電報をもらい、会社でも大切にされているんだなと感じました。(30代 女性 和歌山)

 

・会社からの形式的な電報よりも、友人・同僚からの心のこもった電報はとても嬉しかった。

(20代 女性 大阪)

 

・電報をいただけるのは、形式だけでも嬉しいです。当日来られなかった方が送って下さった電報はサプライズですごく嬉しかった!(20代 女性 愛知)

 

・海外に住んでいる友人達複数人が協力してサプライズで送ってくれた電報が嬉しかったです。挙式の日取りや場所などは知らせていなかったので、おそらく共通の友人からこっそり聞いて送ってきてくれたのだと思います。気遣いが嬉しかったです。(30代 女性 埼玉)

 

・本当は結婚式に出席して欲しかったが、出産と重なり出席できなかった友人からの電報だったので、「式に出席できなくて残念」という気持ちが伝わってきて、嬉しかった。(30代 女性 千葉)

 

【今後、もらったら嬉しい電報のタイミング トップ3「出産/子供が産まれたとき」「結婚記念日」「誕生日」】

 

今後、もらったら嬉しい電報のタイミングについての質問では、「出産/子供が産まれたとき(61.6%)」「自分たちの結婚記念日(42.5%)」「自分の誕生日(36.0%)」と続きました。結婚式だけでなく、

自身や夫婦の記念となる日も、もらえたら嬉しい機会であるようです。

■本音のコメント2 〜結婚式以外の電報について〜 (※原文のまま引用)

 

「結婚式以外」で電報を受け取った経験のある方に、その時の印象や感想も聞きました。特別な思いがあるようです。

 

・小中高の卒業式の度に祖母からぬいぐるみ付きの電報が送られて来ていて毎回楽しみで、とても嬉しかった。(20代 女性 鹿児島)

 

・大学の卒業式に、内定先の社長からメッセージとブリザーブドフラワーが届いた。

(20代 女性 東京)

 

・中学受験合格のときに、友だちのお母さんから人生初の電報を頂いた。何だか自分が急にオトナになったように感じて、すごく嬉しかったのを覚えている。(30代 女性 神奈川)

 

・高校受験合格の際に、色々なひとから貰った。メールもない時代で、遠くから祝福されていることが本当にうれしかった。少し偉く、大人になった気がした。(30代 男性 東京)

 

・誕生日に遠距離の彼からサプライズ(20代 女性 奈良)

 

・初めての結婚記念日に、夫からサプライズで電報が届いた。とても嬉しかった。

(40代 女性 埼玉)

 

・出産時に病室に届けていただきました。ぬいぐるみのついた可愛い電報でした。

(30代 女性 福岡)

 

■調査概要

「結婚式と電報に関するアンケート」 (みんなのウェディング×ヒューモニー)

・調査方法 :インターネット調査 「みんなのウェディング」サイトにて実施

・調査期間 :2014年8月14日〜8月21日

・地域:全国

・対象者:みんなのウェディング会員

・有効回答数 :591

・回答者属性 :女性 93.9%、男性6.1%

・年代別内訳 : 〜24歳(5.4%)、25-29歳(45.2%)、30-34歳(34.0%)、35-39歳(13.0%)、

40歳以上(2.3%)

・入籍年数:1年未満(33.0%)、1年以上〜2年未満(15.6%)、2年以上〜3年未満(13.7%)、

3年以上〜4年未満(9.6%)、4年以上(8.1%)、まだ入籍していない(20.0%)

※小数点第二位は四捨五入

 

■株式会社ヒューモニー http://www.humony.co.jp/

民間の特定信書便事業者としての電報サービスVERY CARD(1280円(税抜)〜/文字課金なし)は取扱数業界 1位。

電報の他に葬儀、周忌用のお花やお祝い用の祝花の一括手配まで、慶弔にまつわるサービスを展開。

『人と人、人と社会を結ぶサービスと新たな価値を創造する』を企業理念に掲げ、お預かりした想いを独自の物流網で全国にお届けしております。法人企業様向けサイトでは、上場企業を中心に 約3万社、10万事業所以上にご利用いただいています。

【会社概要】

会社名:株式会社ヒューモニー

設立年月:2002年2月22日

本社所在地:東京都中央区銀座1-2-4サクセス銀座ファーストビル7F

代表者名:代表取締役 高野瀬明郎

資本金:100百万円

事業内容:1.インターネット等によるグリーティングカード、慶弔関連ギフト等通信販売事業

2.特定信書便事業

3.第一種貨物利用運送事業

○一般のお客様向けサイト「VERY CARD」:http://www.verycard.net/

○法人企業様向けサイト「VERY CARD for business」:http://www.keicho.net/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前の記事: 9月20日(土)、21日(日)パシフィコ横浜 「ウェディング ピクニック フェスティバル」  【8月28日 プレイベント開催レポート】 「その他」一覧 次の記事: みんなのウェディング×アクサダイレクト生命「結婚と保険」に関するアンケート調査 「入籍後」自身の保険の見直し実施 半数近く、パートナーの生命保険加入の理想のタイミング「入籍後」が約半数

データの引用や転載について

出典元をリンク付で明記していただければ、ご利用いただけます。 (例:みんなのウェディング調べ)

取材やメディアでの掲載につきましては
株式会社みんなのウェディング
広報・IRグループ
メール:pr@mwed.co.jp
03-3549-0260
までお問合せください。