結婚式口コミ みんなのウェディング   >  みんなのウェディング通信   >   契約時の見積りより「最終金額が50万円以上アップ」(52.5%) わかってきた、結婚費用の実態!

みんなのウェディング通信

検索

2012年08月02日

結婚式の費用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

契約時の見積りより「最終金額が50万円以上アップ」(52.5%) わかってきた、結婚費用の実態!

結婚式場選びNo.1口コミサイト「みんなのウェディング」※( http://www.mwed.jp/ )を運営する株式会社みんなのウェディング(本社:東京都中央区 代表取締役:飯尾慶介)は、花嫁花婿が気になる「結婚式の見積りについて」、先輩花嫁花婿にアンケート調査を実施しました。その調査結果から見えてきた傾向をレポートいたします。

■ 「契約時見積り」より「最終金額」が50万円以上アップ(52.5%)

「契約時に結婚式場からもらった見積りの費用と、結婚式にかかった最終金額の差分」を調査したところ、「50〜100万円未満アップ(31.0%)」「100〜150万円未満アップ(13.0%)」「150〜200万円未満アップ(5.0%)」「200〜250万円未満アップ(3.4%)」となり、50万円以上アップが52.5を占める結果となりました。

これに対し、「契約時見積りと最終金額価格帯が同じ」は41.4%、「50万円未満ダウン」は6.1%という結果になり、半数近い方々が最終金額が契約時見積りよりもアップすると回答しました。

■値上がりポイントは「料理」「衣装」のランクアップ

「最終金額がアップしている理由(複数回答)」のトップ5は「料理のランク変更(28.0%)」が最も多く、次いで「衣装代ランク変更・追加(26.1%)」「装花のランク変更(15.3%)」「引き出物(11.9%)」「オプション演出の追加(11.5%)」という結果になりました。

■見積りのわかりやすさ 「どちらともいえない」「わかりにくい」(48.1%)

「契約前に結婚式場から出してもらった見積りについて、あてはまるものをお選びください」という設問に対し、

回答は「非常にわかりやすかった(8.8%)」「わかりやすかった(43.1%)」と、51.9%がわかりやすかったと答えている一方、「どちらともいえない(30.2%)」「わかりにくかった(14.9%)」「非常にわかりにくかった(3.1%)」が、48.1という結果になりました。

■「結婚式の見積りに関するアンケート」 調査結果レポート 総括

「思っていた金額と、実際にかかった金額が違う」。

みんなのウェディングに寄せられる先輩花嫁花婿の本音口コミには、費用見積りについての投稿が少なくありません。

こうした実態から、「結婚式費用見積り」に特化したアンケート調査を実施し、傾向を分析することで、これから結婚式を挙げる花嫁花婿に有益な情報を提供できるのではないかと考えました。

全体として、「結婚式費用見積り」には「二人に一人は思うところや不満がある」ことや、「契約時の見積りからも金額が上がる」傾向が明らかになった次第です。

みんなのウェディングでは、今後も「結婚式費用見積り」についての調査や傾向分析を行い、花嫁花婿が納得し、満足いく結婚式場選びができるよう、サービスを拡充してまいります。

 

■みんなのウェディング「見積りに関するアンケート」 調査概要

・調査方法 :インターネット調査 「みんなのウェディング」サイトにて実施
・調査期間 :2012年6月8日〜6月19日

・地域:全国
・対象者:結婚式・披露宴を実施済みの新郎・新婦

・有効回答数 :261

・回答者属性 :女性 95.0%、男性 5.0%
・年代別内訳 :20-24歳(3.4%)、25-29歳(46.4%)、30-34歳(39.5%)、35-39歳(8.4%)、40歳以上(2.3%)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前の記事: 7/7七夕に贈る「本音の結婚観」調査レポート! 「結婚式の費用」一覧 次の記事: 「わかりやすい」結婚式費用の見積り3つの条件 〜みんなのウェディング、結婚式費用の「見積りに関するアンケート」 調査結果レポート〜

データの引用や転載について

出典元をリンク付で明記していただければ、ご利用いただけます。 (例:みんなのウェディング調べ)

取材やメディアでの掲載につきましては
株式会社みんなのウェディング
広報・IRグループ
メール:pr@mwed.co.jp
03-3549-0260
までお問合せください。