結婚式口コミ みんなのウェディング   >  みんなのウェディング通信   >   【結婚式費用】最終的な持ち出しは、50万円未満(37.3%) もともとの結婚式予算よりも50万円ほど高くなる傾向も

みんなのウェディング通信

検索

2012年06月20日

ウェディング白書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【結婚式費用】最終的な持ち出しは、50万円未満(37.3%) もともとの結婚式予算よりも50万円ほど高くなる傾向も

結婚式場選びNo.1口コミサイト「みんなのウェディング」※( http://www.mwed.jp/ )を運営する株式会社みんなのウェディング(本社:東京都中央区 代表取締役:飯尾慶介)は、結婚式の気になるトレンドを調査した「みんなのウェディング白書2012」を発表いたします。

【公開ページ】 『みんなのウェディング白書2012』 http://www.mwed.jp/hakusyo/2012/

【結婚式費用】予算よりも50万円ほど高くなる傾向。最終的な持ち出しは、50万円未満(37.3%)。

「結婚式・披露宴の総予算」の1位は250300円未満

「結婚式・披露宴で実際に支払った金額」の1位は300350円未満となり、予算よりも50万円ほど高い結果となりました。

また、「結婚式・披露宴で最終的に支払った金額」1位は、50万円未満で、「持ち出しは一切なかった」と合わせると37.3%となりました。2位は24.6%の「50〜100万円未満」。

予算より費用は若干上がってしまうものの、ご祝儀や親からの援助等で、最終的に約6割の方が「100万円未満」に賢く収めている結果となりました。

■総括

今回の白書から、「結婚式・披露宴費用」については、予算250〜300万円と想定し、予算内〜50万円プラスといった実費に収める傾向が見て取れます。

また、実際にふたりで支払う金額は50万円未満が最も多くなり、賢くやりくりをして結婚式を挙げる花嫁花婿像が浮かび上がってきます。一方、「結婚式場選び」については、まずロケーション(景色・交通の便)をもっとも重視し、ネットで賢く情報を集めて4件程、下見訪問し、和洋装両方着るために先に写真を前撮りするといった傾向が見て取れました。
「入籍はするが結婚式はしない」いわゆるナシ婚層が増加する中、こうした実態をお伝えすることで、多様な結婚式の形があることを一組でも多くのカップルに知っていただき、結婚式を楽しんでいただける機会が増えることをみんなのウェディングでは願っております。

 

■みんなのウェディング白書2012 概要

・調査方法 :インターネット調査 「みんなのウェディング」サイトにて実施

・調査期間 :2012 年 5 月 24 日〜5 月 31 日

・対象者 :過去1年以内に挙式・披露宴を実施した男女

・有効回答数 :238
・回答者属性 :平均年齢:30.0歳 女性:93.7% 男性6.3%

・年代別内訳 :21-24歳(6.7%)、25-29歳(45.1%)、30-34歳(33.6%)、35-39歳(12.6%)、40歳以上(2.0%)

・公開ページ :http://www.mwed.jp/hakusyo/2012/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前の記事: プロポーズの「ありなし」は満足度に3倍の開き! 結婚のきっかけからプロポーズまで、本音エピソード多数紹介 「ウェディング白書」一覧 次の記事: 最新の結婚式トレンド調査「みんなのウェディング白書2012」 〜2011年との対比で、2012年の傾向を探る〜

データの引用や転載について

出典元をリンク付で明記していただければ、ご利用いただけます。 (例:みんなのウェディング調べ)

取材やメディアでの掲載につきましては
株式会社みんなのウェディング
広報・IRグループ
メール:pr@mwed.co.jp
03-3549-0260
までお問合せください。